【タンザニア】ダルエスサラームで格安のタンザニア柄の布を買おう♪

ボア タルジ(ポルトガル語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第26ヶ国目ブラジル☆

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.1.10-11

アフリカ最高峰キリマンジャロ登山の起点の町、タンザニア・モシで、かわいいラップトップ入れを作ってもらい、完全にタンザニア柄の虜になってしまった私たち。

(その時のブログはこちら)

世界凶悪都市の一つ、首都ダルエスサラームでタンザニア柄の布が売られた通りがある事を知り、行ってみることにしました。

モシ → ダルエスサラームへの移動は、『Dar Express』

事前にオフィスで予約しておきました。

モシのバスターミナルに行けば、ダルエスサラーム行きのバスは何便もあるけど、行きにダルエスサラーム→サファリの拠点の町・アルーシャに向かったときに、『Kilimanjoro Express』に乗ったら、エアコンがない!!

日中はかなり暑いタンザニアでは、エアコンなしは死活問題!!!

ものすごく辛かったので、少しお金を払っても確実にエアコン付きのバスを選びたかったのです(*_*;

『Kilimanjaro express』同様、『Dar express』もジュースやスナックが貰えました☆

3万シリング(1650円)

朝7時すぎ出発し、12時間でダルエスサラームのウブンゴバスターミナルの近くにある『Dar Express』のオフィス前に到着したバス。

そこから、トラムに乗って、宿『Econo Lodge』へ。

タクシー強盗が多く、タクシーに乗ってはいけないタンザニアでは、公共の乗り物かウーバーに乗って移動していました。

さて、その翌日タンザニア柄の布が多く売られている『ウフル(Uhuru)通り』へ行ってみることにしました。

場所はこのあたり!

青いピン:ウフル通り

緑ピン:エコノロッジ

『Econo Lodge』からは、歩いて10分程!

布屋さんが何軒も何軒も連なり、細い路地にも布屋さんがひしめきあっていました。

どの柄もかわいくて、目移りしちゃう程( ´艸`)

ワンピースやシャツなどの既製品を売っているお店もあってすごく欲しかったけど、移動時間が迫ってて選ぶ時間がなかった(;´Д`)

あk

タンザニア柄の布の種類には『カンガ』『キテンゲ』があります。

カンガには、メッセージが書いてあり、タンザニア人はその言葉の意味を見て購入したりするんだとか。

一方、キテンゲはアフリカらしいカラフルな色使いの布。

そして、私たちが選び抜いたのは、こちらの柄!

大好きなヒマワリ柄♡♡

自分で買いたい長さを決めるのではなく、あらかじめ決まっている。

重量感もあってたくさんの種類買えなかったのが残念だった(;´Д`)

日本に帰ったらどんな物作ろうかな~( *´艸`)♡

【宿情報】

『Econo Lodge』

値段:ツインルーム4万シリング(2200円)

Wi-Fi:あり。部屋でも使える。

ホットシャワー:あり。

その他:これはツインルームだけど、デラックスルームはリノベーションされていて綺麗でTV、エアコン付き。

朝食付き。部屋によってはベランダ付き。

ではっ!

FROM はな☆

((2017.12.27現在1タンザニア・シリング=0.055円計算))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】バナーを押し画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>


にほんブログ村

オブリガーダ(ポルトガル語:ありがとう)

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    タクシー強盗が普通の国って、考えられませんねぇ~・・・
    でも無事、とっても可愛いタンザニア柄の布をゲットできましたね♪
    日本に持って帰って、何を作るんだろうなぁ~?
    夫婦でおそろいのパンツ?(笑)

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます!
      今までタクシーが一番安全&安心な乗り物だと思っていたので、初めて聞いた時は驚きました(>_<) 何作ろうかな~♪ ブンタカさんと、3人でおそろいのブリーフとか?(笑) From はな