【タンザニア・サファリツアー2日目】トラブル勃発!!セレンゲティ国立公園に行けないの?!

ボア タルジ(ポルトガル語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第26ヶ国目ブラジル☆

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.1.3

【タンザニア・サファリツアー2日目】

今日は、ンゴロンゴロ国立公園を通過して、セレンゲティ国立公園への移動がメイン。

このセレンゲティ国立公園は、世界遺産に登録された公園で、

セレンゲティとはマサイ語で【果てしなく広がる平原】という意味らしい。

今日から、2泊3日のサファリツアー参加の人の親子とコックが加わって9人で行動!

今日からテント泊になるため、途中で積みにしていざ国立公園へ!!!

途中、マサイ族の村があった。

ンゴロンゴロ国立公園にはマサイ族が住んでいるが、これから行くセレンゲティ国立公園にはいないそう。

マサイ族の子供達は、顔にペイントをしていた。

これは、「まだ【割礼】をしていない」という意味らしい。

Q. みなさん、割礼って知っていますか?

私は、恥ずかしながら、、、

宗教や風習的な意味での割礼というものを旅に出てから知りました(;・∀・)

日本みたいに医療行為としてならわかるけど、、、

おちんちんの皮を切り取る儀式なんて、考えただけでもゾッとしてしまいます(;´Д`)

さて、セレンゲティの入り口でエントランス費を払いに行ったガイド。

帰ってくるなり、

「全員分の入場料が不足しているから84US$貸してくれないか?」

と言い出した。

ガイドは、ツアー会社からデビットカードしか渡されていなく、そこにお金が十分に入っていなかったため、全員分払えなかったそう。

私たち客は、それを断固として拒否!!!

すでに高額のツアー代金を払っていて、これ以上払う必要がないからね。

ガイドが、ツアー終了後オフィスに戻ったら「必ず返却する」って言うけど、

それでも拒否!!

かといって、ガイドもポケットマネーを持っていなく、平行線のまま時間だけが過ぎていきます。。。

ガイドがオフィスと連絡を取っても、

「後で必ず返却するから大丈夫だ」

の一点張りでお話にならないから、オーストラリア人が交渉してくれることになった。

こういう時、ネイティブスピーカーや英語が堪能な方がいてくれるととっても心強いです( ´∀`)

結局、オフィスと話し合っても

「銀行が閉まっていて、今から入金は出来ないから立て替えて欲しい」

と言われ、平行線のままで終わった。

ガイドはこのツアー会社に雇われてるだけで、ガイド自身もオフィスの対応に呆れていた。

最終的には、ガイドが再度、国立公園の受付と話し合ってくれて、相手にカード情報を控えてもらい、明日この国立公園を出る時にお金を支払うということで落ち着いた。

これが、私たちが利用したツアー会社『3 wonders』の唯一の残念なところだった。

このやり取りだけで、2時間を費やしてしまった私たち。

その分、ゲームドライブ時間が減ってしまったのだ(;´Д`)

※セレンゲティ、ンゴロンゴロの入り口周辺はフリーWi-Fiあり※

気を取り直して、ゲームドライブ開始!

1番に見つけたのは、動物ではなく、車!!

完全に横に転がっていました((((;゚Д゚)))))))

ガイドによると、1週間前に横転したらしい。。。

私たちもこうならないように、

安全運転第一でお願いします(T ^ T)

トラブルの一件で、ゲームドライブの時間がほとんどなく、動物も数種類見ただけで本日のゲームドライブは終了。。。

そのまま、本日のキャンプサイトに向かいます(・∀・)

今日からテント生活!!

みんなで力を合わせて組み立てていきます!

私は登山で使う軽量&コンパクトなテントには泊まったことがあるけど、こんなキャンプ用の大きなテントは初体験!!

二人分のマットを入れてもまだスペースがあるなんて最高ー(((o(*゚▽゚*)o)))

夕ご飯に美味しい大盛りパスタを食べて、広くて居心地のテントであっという間に寝てしまった。。。

「ぎゅゅゅぅぅううおおおおおぉぉぉんんんん」

動物の声で起きた私たち。

しかも、すぐ隣にいるんじゃないかっていう位、近くで聞こえた鳴き声。

見たいけど、見たいけど、、、

恐くてテントを開けられなかった((((;゚Д゚)))))))

しばらくして鳴き声が止んだから外を覗いてみた。

ゴリゴリゴリッ、ボリボリバリバリィ、、、

骨を砕く音。

そして、その音の方へライトを当てると、

光る2つ並んだ目が4匹見えた((((;゚Д゚)))))))

キャンプサイトの敷地内でハンティングが行われていたのか?((((;゚Д゚)))))))

どんな肉食動物がどの動物を食べていたんだろう。。。

恐くてそれ以上近づけず、また眠りについた。

翌朝、光る目がいた辺りを見にいってみたけど、跡形もなかった。

謎は深まるばかり。。。

次は、日中に生のハンティングが見れますように☆

ではっ♪

【キャンプサイト情報】

セレンゲティのキャンプサイト

Wi-Fi:なし

シャワー:水のみ

その他:シャワートイレは綺麗ではない。トイレにはペーパーなし。虫が多い。

FROM はな☆

((2017.12.27現在1タンザニア・シリング=0.055円計算))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】バナーを押し画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>


にほんブログ村

オブリガード(ポルトガル語:ありがとう)

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    HANAさん、いきなり下ネタをありがとうございます。
    割礼って、男の子だけじゃなく、女の子のクリちゃんを切り取るのも有るそうです(T_T)
    それはさておき、高額ツアー料金を取っておきながら、ツアーの目玉のセレンゲティ国立公園の入場料が払えないっておかしいよねぇ~・・・
    夜中の動物は何だったのでしょうねぇ~・・・ もしかして食パッカー?(笑)
    朝には何も無いのが恐いですねぇ~ HANAさんの可憐なお尻をカジられない様にねぇ~♪

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます☆
      下ネタ大好き♡ブンタカさんのために、入れておきました(*´∀`*)
      栗ちゃんを取るのもトゲトゲがついてるから痛いけど、そっちのクリちゃんも想像しただけでちんこが縮み上がってしまいます((((;゚Д゚)))))))
      夜のアレは食パッカーだったかぁ!!!
      どうりで骨の髄まで食べ尽くしてるわけだ(゚∀゚)
      From はな