クラビの温泉で極楽じゃ~

タイ→インドネシア→タイ→マレーシア→シンガポール→マレーシア(ボルネオ島)→ブルネイ→カンボジア(現在ここだよ)


チョムリアップ・スオ(クメール語(カンボジア):こんにちは)、はなです。

リアルタイムは、カンボジア・シェムリアップからプノンペン移動してきました☆

初めてスリーピングバスに乗ったけどよく寝れた~(~△~)

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

さて、

タイ・ホイアンでクーハーカルカット宮殿を満喫し、次に向かったのは、タイ・クラビ。

最初、ホイアンからトゥンソン ジャンクソン駅(Thungsong Junction)まで寝台列車、そこからバスを探してクラビまで行こうと思って、前日に列車チケットを買いに行ったけど、寝台列車はすべて売り切れで買えず( ;∀;)

どうしようか途方に暮れてたら、カウンターに張り紙されてて見つけたJoint ticket

スラータニーまで列車、そこからバスでクラビまで行ける列車とバスがセット購入できるというもの。ただし、列車は2等車両。別々に購入するより安そうだったから即決で購入!620バーツ(約1860円)

翌日、列車とバスを乗り継いで無事クラビ到着!!

夜間移動で疲れきった体で向かった先は、エメラルドプールクロントム天然温泉~\(^o^)/

宿でバイクをレンタルし(250バーツ(約750円))、まずはエメラルドプールへ。クラビタウンから約1時間で到着。入場料200バーツ(約600円)、駐車場10バーツ(約30円)

タイ人はローカル価格でした。たしか、外国人料金の10分の1の20バーツほど。安い!!

入口から少し歩くとエメラルドグリーンのプール\(^o^)/そして、その先には、ブループールもあるんだけど、期間外で入口が閉鎖されていました(>_<)

こんな綺麗なブループールを見れるはずだったなのになぁ。残念。

そこで、事件発生!!!

Tetsuが、いきなりバイクの鍵がない!!と言い出す(;゚Д゚)

えええぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

と、とりあえず落ち着いて!!バイクにつけっぱなしになってないか見に行ってもらう。。。

、、、私は疲労困憊でお留守番。エメラルドプールでタイ人が楽しそ~に泳いでるのをぼーっと眺めてました(*゚ρ゚)

しばらくしてTetsuが戻ってきて、無事に鍵が見つかったと(^▽^;)

駐車場に着き、バイク見たけど鍵がなくって、焦ってたら、近くのタイ人がつけっぱなしの鍵を持って待っててくれたらしい。いい人に拾われてよかった!!

疲れてると判断能力が下がって、こういう時のミスが多い。二人で旅してるからこそ、大切なことは確認しようと思うけど、疲れているからこそ相手に任せっきりになってしまう。気を付けなければ!!

無事に鍵が見つかったことだし、気を取り直してプールに入ろう~\(^o^)/

って思ったけど、この日は今にも雨が降りそうな曇り空。。。そして、私はプールより温泉派♡♡エメラルドプールは、Tetsuだけ入って私はぼーんやり眺めて終了(笑)

次に向かったのは待ちに待ったクロントム天然温泉♡エメラルドプールからバイクで約15分ほど。入場料160バーツ(約480円)、駐車場10バーツ(約30円)

入口から温泉まで歩いて約10分くらいなので、歩きたくない人はカートで行けるみたい。

着いた温泉の第一印象は、、、小さっ!!!!(笑)

広大な敷地みたいだったから、大きな露天風呂を想像してたけど、実際はこじんまり~(´・ω・`)荷物を置くスペースがないから、近くの柵にひっかけて、入浴。

結構熱めの温泉だったから、いつも水着で温泉に入っても「まぁ水着だからね~」程度な満足感しか得られなかったけど、今回はそんなことなかった!!しばらくお風呂に浸かってリラックスできました(●´ω`●)

湯船に浸かりたいけど、なかなか入浴できないバックパッカーさんにおすすめ☆

下に降りるにつれて湯温が下がっていく(棚田のようになっている)から、ゆっくり浸かりたい人は下段へ。

体が火照ったら下の川で水遊びできるらしいけど、雨が降ったからか見ての通り見ての通り茶色くて入る気になれず(-_-;

クラビタウンに帰ってる途中に見つけたナイトマーケット☆

ここのビリヤニ(インドの炊き込みごはん)がおいしかった~(・´з`・)

子どももかわいいし、下にいた子ネコもかわいかった~(●´ω`●)ブレブレ写真でごめんなさい(笑)

ではっ♪

☆FROM はな☆

(2017.4.13現在 1タイバーツ=3円計算)

ブログ村に参加しています!

1日1回応援クリックお願いします(^^♪

(
にほんブログ村

現在、世界一周ランキング51位!!

オークン!(クメール語:ありがとう)

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク