【ナミビアレンタカー旅6日目】強烈なオットセイコロニーとスケルトンコーストを通ってオプウォへ

アッサラームアレイコム(アラビア語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第22ヶ国目エジプト☆

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2017.12.13

食パッカーの2人とナミビアをレンタカーでぐるっと回る旅、6日目!

(二人のブログはこちら)

今日は、超快適宿『Skeleton Beach Backpackers』を3連泊したあと、次の町へ移動する日。

もっと長居したかったー(>_<)

スワコップムントからオプウォまでの道のりは、600km以上の未舗装路に加えて、観光地が点在しているので、出来るだけ早く出発する必要があります。

まず、向かったのは『Cape Cross』というオットセイのコロニー。

近くのオフィスでパーミットを払い、オットセイが近くにいる場所に車を停め、

(パーミット:80ナミビアドル/人、10ナミビアドル/車)

外に出たら、、、

「うっわ!!なにこの臭い!!!!」

鼻につく強烈な悪臭!!!

思わず、鼻から息を吸うのをやめました( ̄ー ̄)

どの位、臭いかは私たちの顔を見れば一目瞭然。

オットセイの死骸を処理する方々も、N95マスクで臭いをシャットアウト!!

、、、は出来きないと思います。

強烈な悪臭の次に驚いたのが、

オットセイの数とそのうめき声!!!

目渡す限りのオットセイ。

うるさくないわけがありません。。。

看板娘かのように座ってたり、

親子愛を間近で見れたり。

めっちゃかわいいーー( *´艸`)♡♡

でも、こんな風に親子が一緒に過ごしてるなんて一握り。

大半が親子離れ離れで、子供のオットセイは一部で固まり、生きてるか死んでるかわからない状態。

こんな赤ちゃんオットセイは、食べ物を確保するのすら難しいんじゃないかな。。。

でも、そんな目をウルウルさせながらヨチヨチ歩きのオットセイの赤ちゃんに、みんなメロメロ( *´艸`)

大人のオットセイは、近づくと逃げてしまうけど、子供ならここまで近くに行くことができました。

過酷な世界だけど、必死に生き抜いて!!

オットセイの臭い に限界を感じた を満喫した私たちは、次の目的地に向かうため、また車に乗り込みました。

ずーっと鼻の息を止めていたので、車に戻ってきて、やーっと鼻呼吸再開です\(^o^)/

(スゥゥゥウウウウ~)

「オ˝オ˝ォォェェェェエ˝エ˝エ˝エエエエエ!!!!」

みんなの服に染み込んだ臭いのせいで、車内がオットセイ臭で充満\(゜ロ\)(/ロ゜)/

また、口呼吸生活です。

オットセイの臭いが届かない場所まで走らせてから、一旦停車。

みんなバッサバサと服についた臭いを飛ばしていきます。

これでも、まだ臭いが残っていたオットセイ臭。

どうか洗いやすい服や捨ててもいい服でお出かけください<m(__)m>

間違ってもダウンジャケットなど臭いがつきやすく洗濯しにくい服で行かないように。。。

さて、続いて向かった先は、『Skelton Coast(スケルトン・コースト)』

和訳すると、骸骨海岸。

なんとも恐ろしい名前に不気味な入口。

ここは、ここ地域特有の気候のせいで、世界でもっとも危険な海岸と呼ばれているそうです。

ここでもパーミットを支払い、中へ入っていきます。

まーっすぐで何もない道をひたすら走り続けていく。

途中で、掘削機のようなものの前でジャケット写真風を撮ったり、

座礁船のような残骸を見つけたり。

ピンク色に染まる湖もありました。

白い部分は、塩の結晶のように見えたので、TETSUさんがまずひと舐め。

はい、当然この顔です。

続いて、ゆきも。

うん、塩だもん。

そりゃあ、そうだよね(・∀・)

そんな二人を通り過ぎて、青空トイレに向かった私は、

「あぁぁ~れぇぇぇぇぇ~~~!!!」

スケルトンコースト特有の不気味な風に襲われて、ペーパーが飛んでいきそうになりました。

スケルトンコーストを通り抜けると、キリン!!!!!

インパラ!!!!

そして、日が暮れ始めた頃見つけたのが、『ゾウがいますよ』の看板。

こんな『動物がいますよ』の看板は、ナミビアを走ってる間に何度も見かけたけど、ゾウは初めて。

TETSU「ゾウを見つけたら、何て言うの?」

しゅう&ゆき&はな「見つけたゾウ!!!!」

4人で必死にあたりを見渡したけど、残念ながら見つからなかったゾウ( ;∀;)

12時間以上のドライブの末、今日の目的地オプウォに到着!

明日は、民族を会いに行ってきます\(^o^)/

ではっ♪

【宿情報】

Aameny Rest Camp

値段:キャンプサイト100ナミビアドル/人

Wi-Fi:あり

ホットシャワー:水シャワーのみ

その他:シャワーの水はけが最悪。日中は停電していることが多い。

コンセントがトイレの洗面所1ヶ所のみ。しかも、滞在時、男性トイレのコンセントは故障中だった。

宿を替えたかったが、ほかに手頃の宿がなかった。

おすすめ度:★★☆☆☆

☆FROM はな☆

((2017.11.30現在1ナミビアドル=8.2円計算))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】バナーを押し画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>


にほんブログ村

シュクラン(アラビア語:ありがとう)

宿の予約はこちらからお願いします。
 



Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    オットセイ臭に皆さんメロメロですね?そんなに良かったのぉ~?(笑)
    骸骨海岸の塩の結晶舐めて、TETSUさんの「梅干し食べてスッパマン」顔
    ゆきさんの顔は・・・壊れてますねぇ~ HANAさんは舐めなかったの?
    あああ、HANAさんは、トイレットペーパーの妖精になってた(笑)
    誰か4人を止めてぇ~っ!!

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます(・∀・)
      え~っと、私はみんなの素敵なお顔カメラマンですので、手が汚れたらカメラも汚れるわけで、ゴニョゴニョゴニョ、、、
      簡単に言うと、舐めてません!!!
      だって、妖精はそんな汚いもの食べちゃいけないですから(;・∀・)
      From はな