【ウェディングフォト】ボロブドゥールで追い出された話。

スマラマッ マラム(マレー語:こんばんわ)、はなです!

リアルタイムは、ボルネオ島のマレーシア・コタキナバル☆

明日から今回のコタキナバルでの一番の目的・東南アジア最高峰のキナバル山登山に行ってきます!!初の4000m級の山にビビってます(;゚Д゚)

天気と体力が持つことを祈るのみ(≧▽≦)

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

さて、ボロブドゥール遺跡、涙涙の最終章(ノД`)・゜・。

前回の続き、絶景なサンライズを観たあと、一旦朝食を食べにマノハラホテルに戻り、ドレスを持参し再出発!

人目につかないところで着替えを済ませ、ベストポジションを確保!三脚をセットし、いざ写真撮影開始ーーーーーーー!!!

と、思ったら、

なにやら警備員が数名、目の前に来た。。。

え?!なんだろう??

警備員「ウェディングか?」

「オフィシャルか?それともプライベートか?」

など聞かれ、素直に答えたら、「写真をチェックさせろ」と。

なんだか、やば~い雰囲気を感じてたら、その場ですべてのウェディングフォトは消去され、遺跡内から出ていくよう促されました(ノД`)・゜・。

唯一残ってたのは、後ろから撮ってたGoProさんの写真のみ。

そう!ここは仏教遺跡

肌の露出は控えなきゃいけないし、ウェディングドレスは異宗教のものだもんね。。。

考えたら、すぐわかること。

勉強になりました(´・ω・`)

ただ警備員さんたちの優しさなのか、遺跡の外からなら撮影してもいいよと言われ、お言葉に甘えて撮影してたら、また警備員。

ジャンプ失敗の一コマ。

今度は、なに??

今回は、肌の露出を抑えるためにドレスの上からシャツ着てたからいいかと思ってたけど、

「写真は1枚だけだ!」

と若干意味不明なことを言われ、そのまま帰宅(´・ω・`)今回はカメラチェックまでされなかったからいいけどね!

不完全燃焼すぎて、ホテルの中で撮影。

赤いスカーフは、サンライズツアーに参加したらもらえたお土産。小道具に使わせていただきました。

スカーフ内には、遺跡のイラストが入っています。

みなさんも私たちのようなミスを起こさないようにしてくださいね(^▽^;)

ではっ♪

☆ FROM はな ☆

ブログ村に参加しています!

1日1回応援クリックお願いします☆


にほんブログ村

トゥリマカシー!!

宿の予約はこちらからお願いします。
 



Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク