ディエゴスアレス(1100km)までレッドツインギーを見に来たのに…

ダンセーズ(コエコエ語:こんにちは)、てつです!

リアルタイムは、第17ヶ国目・ナミビア☆

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2017.10.30-11.01

アンタナナリボからマダガスカルのほぼ最北端のディエゴスアレスまで1100kmを、タクシーブルースで大移動した時のお話

タクシーブルースというのは、マダガスカルの長距離移動では欠かせないミニバスで。リクライニングなんて器用なモノは無く、4人席な筈なのに5人座るのが当たり前なローカル感たーっぷりな乗り物!

もうツラ過ぎたので先に言っちゃうけど、

25時間かかりました!

今までの7ヶ月の旅の中でも「ピカイチ」の大変さ、ツラさでした

まず、アンタナナリボのAmbodivonaバスステーションに行き、ディエゴスアレスまで直接行くバスを探すことに

途中で乗り換えが必要なバスもあるので、ワンウェイか確認が必要!

てつ 「ディエゴまで直で行きたいんだけど?」

その辺で呼び込みをしているヤツ 「こっちだ!」

チケットカウンターまで案内され

てつ 「ディエゴまで行きたいんだけど?」

おじさん 「7万アリアリだぜ!」

てつ 「ディスカウントぷりーず。6万でよろしく!」

おじさん 「ケケケケケwww」威勢のいいアジア人だな〜って感じで値引き成功

今回ウチらを地獄の4丁目へと連れていってくれるミニバスはこいつ

(通称タクシーブルース)

*黄色のおっさんは関係ありません

緑色のベーンツ!!!

中は狭い4列シート

う〜ん狭いよ〜

足なんて伸ばせないんだから

出発予定時刻13:00を1時間遅れてやっと出発

マダガスカルではモラモラ(ゆっくり行こうぜ)って言って時間なんて気にしない人が多い

途中で新品のバイクを屋根から下ろしていた

「ええっ、積んであったことを知らなかったし」

なんでも積み込むのがマダガスカル流

20時間くらい乗り続け、最後の4、5時間がマジで道が悪すぎ!!!

もう2度と乗りたくないと思うくらいガタガタで、それを運転手が避けるから左右に揺られ、気持ち悪いし狭いし、マダガスカルミュージックが終始ガンガンに流れてるしで、イライラも相まって地獄すぎた。

やっとこさ着いたディエゴスアレス!

特にコレといって見所がない街だけど、

わざわざ来たのには理由があって、

ツインギーと呼ばれる岩を見るために来たのです

ツィンギィとは、マダガスカル語で「先端」「山頂」「先の尖った」という意味。剃刀のような尖った岩が多数並ぶ、特異な景観が広がっている。この岩山は、石灰岩カルスト台地が数万年かけて侵食され、形成したものと考えられている。

ウィキペディア参照

しかもここには、真っ赤に燃えるようなレッドツインギーがあるらしいのです!

ツアーを申し込んで行くには2人で$200USもするので、

流しのタクシーで行くことを選択し

街中で走っているタクシーに片っ端から声をかけるも、

(トゥクトゥクばっかでタクシーが数台しか走ってなーい)

英語が通じなく、行き先を分かってくれてるのか不安になったり…

粘り強く探し、手招きしてるおっさん発見。しかも英語が話せる!

タクシーの運転手かと思ってたけど、四駆で乗せて行ってくれることに!(一般人だったのかな?)2人で200000アリアリ

移動の途中で「ノシ・ロンジョ」を見学

おもしろ山ですな

バオバブの木もチラホラ見えました

マダガスカルの道路や水道整備は中国系の企業が担っているらしく、ビッグマネーを運んで来てくれているんだとか

また昨日と一緒でガタガタ道のオンパレード

車が傾いてる

広大な草原

ザ・アフリカな景色が続く

牛が歩いてたりも

路上でマンゴーを売っているのをよく見かけた

バナナの皮で出来た家もよく見かけた

3時間くらい走ってやっと着いた!

って、あれれっ???

レッドツインギーってお願いしたよね?

それなのに宿に着いちゃったんだけど???

話を聞いてみるとこの宿の先、ナショナルパーク内にツインギーがあるらしい!

でもね、でもね、

ウチらが見たかったレッドツインギーはここでは見れないのだそう(/ _ ; )

運転手にちゃんと伝わってなかったみたいで、

こっちのツインギーに連れて来てくれたみたい

しかも、ここは国立公園だからツインギーを見に行くのに

入場料とガイド料が必要

もう泣きそう(ToT)

お金も持って無くて入れないし

近くにATMなんて無いし

もう泣きそう(ToT)

たまたまユーロを持っていて、レートは悪いけど替えてくれることに

なんとか入場できました

ガイドは目が良くて、ウチらでは到底見つけることが出来ない動物を簡単に見つけてくれた

野生のフクロウ

こちらは、頭に王冠(クラウン)をつけてるような見た目のサル(リモ)だから、クラウンリモ。

オスとメスで顔や頭の色とか違った違った気がするけど、忘れた(>_<)

これでもかってくらい黄緑色が鮮やかなトカゲ

エントランスから4kmくらい歩いて到着

これが見たかった景色じゃ〜

広大な広がり

近くで見ると漢字の「山」が岩の上に乗ってるみたい

巨大な穴

てつがちっさい

雨季だとたっぷり水が満ちてるらしい

今日の宿はバンガロー

虫がいーっぱいで、蚊帳してたのに刺されまくった

しかも、しかも、

水が出なくてシャワーも浴びれない、顔も洗えなかったし

「ツイテナイ時はとことんツイテナイ(ToT)」

明日は良いことあるかな〜

おしまい。

FROM TETU

ブログ村に参加しています!

面白かったり、参考になったり、応援していただけるなら、

下のバナーのクリックを1日1回お願いします(^_^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

pochiっとありがとうございます。

宿の予約はこちらからお願いします。
 



Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    長時間の過酷な移動、お疲れ様です。
    その上、詐欺的確信犯に全然別の場所に連れて行かれて、ご愁傷様です。
    なんだかそのうち仏のTETSUさんの怒り顔がまた見れそうな・・・(笑)
    お体(と下ネタ影響)に気をつけて、旅を楽しんで下さいねぇ~♪

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます☆
      さすがブンタカさん♡♡
      仏じゃなくなったTETSUを未だ覚えてるなんて( *´艸`)
      またいつか怒ったTETSUを見れる日をお楽しみに~♪
      From はな