【スペイン巡礼のススメ】これを見たらスペイン巡礼丸わかり?!一問一答

オシベ オティヤ (ルガンダ語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第15ヶ国目ウガンダ☆

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

今回は、これからスペイン巡礼を考えている方に

「巡礼はこんな感じだったよ!」

と伝える準備編!!

その名も【スペイン巡礼のススメ】

私たちが2017年9月9日〜10月13日33日間かけて歩いた経験を元に、今回は巡礼中の一日の流れについて紹介します。

皆さんが巡礼に興味を持ってくれたり、巡礼とはどんなものかとイメージついてくれたら嬉しいです(*^^*)

それでは、始まりはじまり~♪

Q.スペイン巡礼ってそもそも何?

A.キリスト教の三大巡礼地であるスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路のこと。主に、フランス各地からピレネー山脈を経由してスペイン北部を通る道を指すそうです。

Q.キリスト教徒じゃないけど、巡礼していいの?

A.私たちはクリスチャンではありませんが、全く問題なく巡礼することができました!!

巡礼者は信仰上での目的が一番多いですが、私たちのように観光や目標達成のために巡礼している人もいました。

Q.どこを巡礼するの?すべて歩かなくちゃいけないの?

A.私たちは、フランスのサン・ジャン・ピエ・ド・ポーからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでを巡礼する「フランスの道」を歩きました。この道は、世界遺産にも登録されています。

また、他にも様々な道があり、自分で選択することができます。

私たちは、フランスの道のほぼすべてを歩きましたが、自転車で巡礼する人や時に文明の利器(バスなど)を利用している巡礼者もいました。

Q.どのくらいの期間が必要?ベストシーズンは?

A.フランスの道を徒歩で巡礼する場合は、私たちは一日20~30kmほど歩いていました。フランスの道は、約800kmなので平均40日くらいは必要だと思います。

体力に自信がなかったり、パンプローナやブルゴスなど大きな町で2泊したりする場合は、もう少し長めに期間を設けておくといいと思います☆

また、私たちは今回一気に歩きましたが、巡礼証明書はラスト100km以降歩いた人がもらえるし、巡礼路を自分の休みの都合に合わせて分割して巡礼することも可能だそうです。

ベストシーズンは、5~6月と9月といわれているそうです。

私たちは、9~10月にかけて歩きましたが、朝晩は涼しいため羽織物が必要なくらいですが、日中は日差しが暑く、半袖&短パンでも汗をかくくらいでした。

Q.お金はいくらくらい必要?

A.私たちは、世界一周中の貧乏バックパッカー。

食事は、基本的に自炊したり、1ユーロほどのバケットにこれまた1ユーロの生ハムやチーズを挟んで食べて、アルベルゲ(巡礼者用宿泊)は1番安いところを探して宿泊していたので、だいたい1日1人10~15ユーロ(約1500~2000円)ほどで生活していました。

物価の高いヨーロッパの割には、安く過ごせたと思います( *´艸`)

Q.荷物や装備は何が必要?すべて自分で運ばなくちゃいけないの?

A.近日中に私たちが巡礼中に背負った装備のブログをアップする予定です!乞うご期待♡

巡礼中に必要のない荷物をゴールのサンティアゴ・デ・コンポステーラに送るサービスや毎日次に向かう町まで配送するサービスもあるので、荷物を背負うのが大変な方も大丈夫です(*´ω`)

※それぞれ有料

Q.どこに泊まるの?

A.基本的には、【アルベルゲ】とよばれる巡礼者用の宿泊施設に泊まります。ドミトリールームが基本ですが、アルベルゲによっては個室もあるし、たまにのご褒美に豪華なホテルに宿泊している巡礼者もいました(●´ω`●)

私たちが宿泊したアルベルゲ情報はこちら↓

前編

中編

後編

Q.食事はどうするの?おすすめの食べ物は?

A.私たちは節約を心がけていたので、

朝食→前日に買っておいたバケットに生ハムやチーズ、トルティーヤ(スパニッシュオムレツ)を挟んだサンドイッチ。

昼食→巡礼中に経由する町の商店でバケットを購入。

夕食→キッチンのあるアルベルゲに泊まり、お米料理やパスタを作って食べる。

日々節約していたので、たま~に名物品を食べにバルに行ったり♡♡

私たちのおすすめは、、、

①【MENU(メヌー)】

これは巡礼者用のお得なセットメニューで巡礼路上のレストランやバルでどこでも食べることができます!

お得と言っても私たちにはお高めだったので、たまにしか食べませんでしたがレストランで食べるにしてはとても安いのでおすすめです☆

(その時のブログはこちら)

((メヌー一例))

②Reliegos(レリエゴス)にある「Bar La Torre」

またの名を「Bar Elvis(バル エルビス)」

こんな店構えでとても目立ちます(゚д゚)!

店主もとっても個性的なので、ぜひ行ってみてください\(^o^)/

③Leon(レオン)にあるバル

ここのバルは、最初のドリンクを注文すると、「タパス」という小さなおつまみが無料でついてくるお店が数件あるんです☆

お店によって、タパスの種類が違い、バルをハシゴして楽しみました(*´ω`)♡

(おすすめ②&③のブログはこちら)

最後におすすめしたいのが、

④Melide(メリデ)にあるガルシア名物のプルポのお店☆

プルポは、タコを軟らかく煮て、オリーブオイル、塩、パプリカパウダーで味付けしたもの。

プルポもとてもおいしいし、ついてくるパンをこのオイルに浸して食べるのもおいしくてビールが進んじゃいました( *´艸`)

(その時のブログはこちら)

Q.巡礼するのに受付は必要?

A.必要です!!

私たちは、フランスのサン・ジャン・ピエ・ド・ポーの巡礼事務所で受付をし、クレデンシャル」という巡礼手帳と貝殻を手に入れました。

このクレデンシャルを携帯することにより、アルベルゲに宿泊できたり、大聖堂などの入場料が割引になったりします。

そして、アルベルゲや教会などでクレデンシャルにスタンプを押してもらえるので、スタンプラリーのような楽しさもありました♪

Q.巡礼が終わったら何が貰えるの?

A.サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼事務所でコンポステーラ(巡礼証明書)をもらうことができます。

徒歩での巡礼の場合は、ラスト100km以上巡礼した人がもらうことができます☆

いかがでしたか?

少しでもスペイン巡礼のことがわかったでしょうか??

ほかにも聞きたいことがあれば、ぜひコメント欄からどうぞ☆

わかる範囲でお答えします(*´ω`)

ではっ♪

☆FROM はな☆

【photo by Yu-suke】

ブログ村に参加しています!

下の【世界一周】バナーを押していただくと私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

1日1回応援クリックをお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村

ウェバレニョ (ルガンダ語:ありがとう)

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    色々詳しくご説明頂き、ありがとうございます。
    大変な巡礼旅を達成され、おめでとう&お疲れ様でした♪
    私は一神教を信仰していないので、聖地や巡礼地に対する気持ちが良く解らない部分も有るのですが、殆どの宗教の根本は、人を幸せにし、自分も幸せになる事を説いている様に思います。
    お互いが相手を思いやる心を持てば、世界は平和になるのになぁ~・・・

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます☆
      私たちも信仰していないので、恥ずかしながら聖地などはよくわかりません。。。
      でも、巡礼路を歩くというのは、自分と向き合い、人と向き合い、いろんな発見を感じて楽しい毎日でした。
      これからも思いやりの心を忘れずに日々過ごしたいと思います(^o^)
      from はな