【Grand Raid Reunion2017】サポート〜準備編〜選手のために出来ること

オシベ オティヤ ニャボ(ルガンダ語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第15ヶ国目ウガンダ☆

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2017.10.18

この旅でやりたかったことの一つ、

【世界のトレイルランニング(以下、トレラン)の大会に出場すること】

トレイルランニング: Trail running)は、陸上競技の中長距離走の一種で、舗装路以外の山野を走るものをさす。トレラントレイルランと略される。山岳レースとも呼ばれる。

((ウィキペディアより))

今回、Tetsuがここレユニオン島で

「Grand Raid Leunion(グランド レイド レユニオン)」というトレランの大会に出場することになった!

まず、レユニオンという島をご存知ですか?

私たちはこの大会を知るまで全く知りませんでした。

地図でいえばここ!

アフリカ大陸の東側インド洋に浮かぶモーリシャスとマダガスカルの間にある小さな島です。

この大会「Grand Raid Leunion」の一番長い距離の「Diagonale des fous」というカテゴリーは、

山の中を約100マイル、165kmを駆け回る大会ε=ε=ε=ε=ε=o(≧▽≦)o

そして、このレユニオン島は地形が複雑で天気の変わりが激しいことでも有名で、
さらに、この大会は累積標高(登った高さの合計)が約10,000m!!!

とても厳しく、完走率は50%前後という世界屈指のハードな大会なのです(゚д゚)!

カテゴリー名の「Diagonale des fous」は和訳すると「愚か者の対角線」

その名前だけでも恐ろしい大会だということがわかります(゚д゚)!

Tetsuの選手側からの投稿と重複する部分が多いと思いますが、私のサポート目線からの投稿と思って見ていただければ嬉しいです!

また、これは2017年に出場した際の記録です!

年度によってコース等の変更があるかもしれないので、最新の情報は各自ご確認くださいm(__)m

【下準備】

私は、3年前に「UTMF」という富士山の周りを100マイル走る日本で一番有名なトレランの大会でTETSUのサポート経験がある。

この時は初めての選手のサポートで右も左もわからず、各エイドステーション(給水所)に自家用車で向かったものの空回ったり余計なお節介ばかりで何もできなかった(>_<)

その後も、いろんな大会を同行したり、私も走ったりしてきたけど、

結果、わかったのはTETSUには手厚いサポートは必要ないってこと(笑)

中学生から走り続けてるTETSUは、誰よりも自分のことをわかってる。

私は手の届かないかゆ〜い部分だけ手伝ってあげればいい。

そんなこんなでまずこのレユニオンの大会に向けて、私がしたことは、レンタカーを予約すること。

(航空券はTETSU が予約)

私は海外で運転できる国際免許証を持っています。

大会の約1ヶ月前に「Enterprise」というレンタカー会社で、予算の関係上大会2日前から大会2日目までを予約しました。

そして、宿の予約

大会3日前にレユニオン島入りして、まず空港からほど近く、大会のゴール地点でもあるサン・ドニにある「Hotel Du Centre」を予約。

※日本人出場者はサン・ドニにある「Central Hotel」を予約している人が多かったです。

私たちが宿泊した宿と名前が似ているけど全然違います(^▽^;)

大会2日前と前日に、受付やスタート地点のサン・ピエールにある「Hotel l’Endormi」を予約。

※本当は大会当日はチェックアウト後、車の中でスタートまで待つ予定だったけど、大会が22時スタートだったので当日ももう一泊することにしました。

【大会2日前】

レンタカーを借りに空港へ。

日本では運転するのが好きでしょっちゅう運転してたけど、ワーホリや旅に出てからは一切運転することから遠ざかっていた私(´・ω・`)

しかも、久しぶりの運転が、初めての右ハンドル&右車線(@_@)

空港の駐車場出るだけでも

「ワーワー」

「キャーキャー」

一苦労、、、(ノД`)・゜・。

昨日宿泊し荷物を取りに戻った「Hotel Du Centre」の入り口は直角90度で入り一台しか通れない細い道。

スムーズに入れたと思ったけど、TETSU から

「スレスレだったよ〜(+o+)」

と言われ、今はTETSU も一緒に乗ってるから安心だけど、大会スタートしたら一人っきりでの運転。。。:(;゙゚’ω゚’):

初心に戻り安全運転に徹底します!!!( ;∀;)

【大会前日】

受付をしに朝一に受付会場へ車で向かったけど、車を停められそうなところがどこも満車で駐車できず。。。

一旦車を置きに戻り、歩いて会場へ。

大会出場者以外も会場内には入れるけど、受付の列には入れないから、芝生の上での〜んびり☆

日中は蒸し暑いけど、朝晩は心地よい風が吹いてる。

受付時の楽しみといえば、協賛企業の試供品げっと♡だけど、これがすごく混雑してて1時間くらい待たされました(*_*)

【大会当日】

当初の予定だと宿をチェックアウトして、どこかで時間を潰して大会スタートするはずだったけど、節約より快適さを優先して宿をもう一泊することにしたから、直前までのんびり過ごす。

20時から装備品チェック開始だから、その時間に合わせてスタート会場に車で向かった。

スタート会場周辺は車両規制で通行止めになっていたり、渋滞していたり。

スタート地点の近くに運良く駐車できたらいいなと思って向かったら、スーパーマーケット「Jumbo Score Saint-Pierre」の駐車場に停めることができた。

駐車場は広く多くの大会出場者などや関係者もこの駐車場を利用しているようだった。

装備品チェックのブースに入ると、スタートまで選手が過ごす場所と私たちは隔てられます。

私たちはSIMを持っていないので、待ち合わせ場所を決めておいて、スタート前までしゃべってました。

会場ではライブをやっていたり、島をあげて大盛り(((o(*゚▽゚*)o)))

スタート後に沿道で会うためTETSUからも見えやすいように、木に国旗をくくりつけて待つ。

気づいてくれるかなぁ~♪♪

そしてそして、

22時スタート!!!!

えーっと、

えーっと、、、

TETSUさん、どこですかぁーーーーー?!?!?!?!?!?(;゚Д゚)

この大会は、スタートとゴール時に大会のオフィシャルTシャツを着なくちゃいけないっていう珍しいルールがあり、誰が誰だかさっぱりわからないままスタートしてしまいました( ;∀;)

ここからTETSUの自分との戦いが始まりました!!

はたして、TETSUは走りきることができるのか?!

私は滞りなくサポートができるのか?!

スタート前のTETSU。

次回へ続く☆

ではっ♪

☆FROM はな☆

ブログ村に参加しています!

下の【世界一周】バナーを押していただくと私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

1日1回応援クリックをお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村

ウェバレニョ ニャボ(ルガンダ語:ありがとう)

宿の予約はこちらからお願いします。
 



Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    馴れない海外での運転、大変でしたねぇ~
    鉄人TETSUさんのサポート、お疲れ様です。HANAさんが「ふんすっ」って鼻息荒くして気合を入れてる姿を想像してしまった(笑)
    サポート側からのお話が聞けるのって嬉しいですねぇ~!!
    続きを楽しみにしてますねぇ~♪

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます☆
      TETSUが頑張ってる分、私も頑張らなきゃと「ふんすっ」と気合い入れました(≧◇≦)
      私はサポートって書いたけど応援みたいなもんなので参考にならないと思いますが、私なりに楽しめた大会だったので、それを記録に残せてよかったです(*´ω`)
      From はな