グランド・レイド・レユニオン2017完走記〜前編〜

テナ イストゥリン(アムハラ語:こんにちは)、てつです!

リアルタイムは、第14ヶ国目エチオピア。

ダナキルツアーに行ってます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2017.10.19~20

グランド・レイド・レユニオン2017

 

大会当日

夕方6時から受付開始の、

夜10時スタートだったから

昼過ぎまでゆっくり過ごし、仮眠したりシャワーを浴びて

夕方6時少し前に宿を出てスタート地点へ

今回ははながサポートしてくれて、レンタカーで応援してくれるので、スタートの近くまで車移動。

すでに車両規制がかかっていて渋滞、近くのスーパーの駐車場を借りて歩いて行けた。

走れる準備完了

大会側による装備品のチェックして、

選手だけ隔離された感じでスタートを待つ

隣ではライブが開催されていてミュージックがガンガンにかかってる、、、

こんなに緊張感が無い大会ははじめて笑

まだ2時間くらいスタートまであったから芝生でゴロゴロして過ごした

スタート10分前くらいに、スタート地点まで移動
いよいよスタート!

スタートして7kmくらいロードを走るんだけど、ここの応援がずっとお祭りみたいに人がごった返していてスゴイ!

後方からのスタート&練習不足なのでゆっくり周りを見ながら雰囲気を楽しんだ。

その後7kmくらい林道の坂道が続き、

スタートから15kmして、やっと山の中へと入っていった

登山道は基本1人しか通れないような狭い道で、大渋滞が起こっていて全然前に進めない。

まだまだ序盤だし焦っても仕方ないのでストレッチしたりストレッチしたり、他にやることがない笑

1列で進むアリの行列のように数キロこの状態が続いた。

この大会は数十キロおきに、短い時は数キロおきにエイドステーション(水分やフルーツ、お菓子、パンなどを補給出来るところ)が設置されていて、

食料を持ってないからここで頻繁にチョコを食べたり、パンを食べたり、フルーツを食べたりした。

エイドには、水かコーラしかなくて普段は飲まないコーラをボトルに入れて、糖分の補給とカフェインで集中力を補いながら進んだ。

(コーラの炭酸がボトルをパンパンにして圧抜きが大変だった)

1日目の朝、雲海と共に朝焼けが見れた

35kmくらいのエイドでご飯と鶏肉が食べれた。ここのエイドでは水分とチョコとかフルーツとか簡単な食事だけなはずだったけど、、、(65kmの大きなエイドまでは食事は無いはず)


ここで食べた炭火焼き鳥が大会中で一番美味しかった!

ちょっと回復して走れるけど、無理せず早歩きで進む

そろそろ大きなエイドかなと思ってたどり着いたエイド。でもなんか違う!?

携帯のGPSで確認してみたら、あと16kmも先

あれっ、思ったより進んでない

山道で自分が考えていたほど進めてなくて、ちょっとガッカリ

しかも大陽が出てきて暑くなってきた

下り基調なコースになってみんな走り出した。流れに乗って自分も走ってみる!山を降りればでっかいエイドがあるはずと思って、、、

あの街が大きなエイドがあるところか!?

頑張って山を降りて、エイドが見えたー

けど、

小さいよね!?

ここも違った

気持ちが続かず

平地だけど早歩きで進むことに

やっと大きなエイド65km地点に到着!

ここで出来ることの1つマッサージをまず受けることに

自分一人に対して暇なのか二人でマッサージをしてくれた!

でも、足をマッサージしてもらったけど左右で全く違う動きをされるから

なんだかな〜って感じで終わった。

あと、ホットミール(あったかい食事)の提供があったから胃に押し込んだ。

はなとこのエイドで待ち合わせなはずだったけど見当たらない

連絡手段が無いから、たどり着けなかったのかと思い先に進むことに。

300mくらい進んだら、

 

「ワァ〜」って、

はなが現われた!

はなも探していたみたいで、会えて良かった〜

お腹はいっぱいだったし、この時くらいから甘いものを胃が受け付けなくなってたから、

はなちゃんエイドではオレンジジュースだけもらって先に進むことに

ここからの山越え、谷越えが本当にキツかった

2時間くらい永遠と登って、1時間くらい永遠と下るみたいな繰り返し

もう足が棒ですよ。

顔を上げれば、周りの景色は世界遺産なだけあって最高なんだけど、、、

こんな谷を越えてきた

こんな断崖絶壁を進んだり

陽が暮れてきて今どこを走ってるのか全く分からなくなってきた

山を何個も超えてるけど、最大の難関Maido(標高2000m)と呼ばれる山は越えてない

夜10時を過ぎて、24時間が経過した。

徐々に眠気に襲われてきて、足が前に出なくなってきた。

コース脇の芝の上でちょっとゴロンとして寝ることに…

「さむっ」

寒さで手が痺れて起きた。

15分くらい寝たのか?

またひたすら山道を登って行く、

山の中のエイドに到着。

壁に106kmと書いてある

これから最大の登りが待っているようだ

眠気もまだあったからここでダンボールのベッド、とサバイバルブランケットで眠りについた。

「さむっ」

30分くらいして寒さで起きた。

筋肉がこわばってカラダを動かすのもツライけど、先はまだ長いし進まなきゃ終わらないので、ゆっくり歩を進めることに

(明るい時の参考写真)

自分の時は夜でもっと寒かったから、もっとカオスな光景でした笑

1日目おしまい。

☆from てつ☆

ブログ村に参加しています!

面白かったり、参考になったり、応援していただけるなら、

下のバナーのクリックをお願いします(^_^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

アムセグナッロフ(アムハラ語:どうもありがとう)

宿の予約はこちらからお願いします。
 



Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    スタートから渋滞したり、思ったより進めてなかったり・・・
    仮眠をしても寒さで目覚める・・・ 此処までで既にお腹一杯です(笑)
    鉄人てつさん、頑張れぇ~!!

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます☆
      レユニオンの地形が故に、しっかり服を着ていた私でも夜の山中はとっても寒かったです。。。
      選手は汗をかいてるし薄着なので余計だと思います(>_<) 寒がりの私は考えるだけでつらい、こわい、寒い。。。 from はな