【スペイン巡礼Day7-9】おし○こ臭いお祭りと寄付制の宿

ボンジュール(フランス語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第12ヶ国目フランス領のレ・ユニオン☆

○●○●○●○●○●○●○●○●○●

2017.9.15-17

巡礼7日目

【Los Arcos(ロス・アルコス)】

↓18.6km↓

【Viana(ビアナ)】

今日も両サイドにブドウ畑を見ながら歩く。

お腹がすいたらつまみ食い。

なんてことはしてはいけません。。。

重たいザック(TETSU20kg、HANA14kg)のせいで、肩は毎日痛いけど、ザックの重心を移動しながら歩くことはできる。

だけど、足が痛くなるのは一番困る!!!

足が痛いと1歩も進めななくなるから(>_<)

休憩の旅に、靴脱いだり足をマッサージしたり。

◎今日の1枚◎

今日の夕ご飯は、ゆーすけ&あやちゃん作から揚げ!!

アルベルゲに置いてあったオリーブオイルで揚げてくれました☆めちゃうま!!!

巡礼8日目

【Viana(ビアナ)】

↓9.4km↓

【Logrono(ログローニョ)】

今日は、大きな街:ログローニョに泊まるため工程は短め♪

大きな大きな貝殻の絵が書いてあるログローニョ市内。

(ホタテの貝殻は巡礼者のシンボル)

この写真を撮ってくれたのは、なんと日本人旅行者!!!

偶然ここで出逢って写真を撮ってくれたのだ。

その方たち曰く、今日はログローニョのお祭りらしい\(^o^)/ヤッター

巡礼をしているとタイミングよくお祭りに出くわすことが多かった☆

お昼頃、街に到着し、まずアルベルゲ(巡礼者用宿)を探す。

どこのアルベルゲもだいたい正午前後にチェックインが開始になる。

予め調べておいた宿は「満室」

次に向かった宿も、「満室」

なんでいつもより早く着いたのに、どこも満室なの?

もしかして、お祭りの影響??(;´Д`)

仕方なくチェックイン時間が他より遅めだから泊まる気がなかったアルベルゲに向かう。

人ではなく、ザックが一列に並んでました(笑)

ザックに並んでもらって、人はお祭りに出かけることに。

今日は、ここログローニョができた日でそのお祭りみたい☆

みーんな、皮水筒に入ったお酒を飲んで大盛り上がり!!!

見てたら「やってみなよ」と皮水筒を貸してくれた。

ちゅーーーーーーーーーーー!!!!

水筒の中身は、ワインのようなお酒。

初めて使う皮水筒は、どんな風に飛んでくるかわかんなくて、最初鼻の穴に入るっていう(;´Д`)

その横では、、、

並んで立ション!!!!(笑)

みなさん、お酒飲みすぎです!!(@_@;)

どこでも大人気ドラえもん!

屋台街に向かうと、ここでもお酒。

パフォーマンスなのか?

それとも、

そういう入れ方のお酒なのか?

みんなお酒を高い位置から注いでいる。

私たちも、みんなが飲んでるお酒とホットドッグを購入☆

このお酒、普通に注ぐとめちゃめちゃ酸っぱい!!(≧◇≦)

試しに、高い位置から注いでみたら、、、

あら不思議♡酸味が抜けて飲みやすくなった\(^o^)/

だから、みんな高い位置から注いでたのね~。

数日前に宿のコンセントに挿した途端にショートして、部屋が停電。

その衝撃で壊れてしまったMacbookのアダプタを購入!

ほかの人が、電子レンジや電気コンロを使ってた時でタイミングが悪かった(ノД`)・゜・。

巡礼中は、予想だにしないことがたくさん起こります。。。

これで、ブログが更新できるぞー(・∀・)♪

◎今日の1枚◎

今日の晩御飯は、てつはな作☆親子丼。

巡礼9日目

【Logrono(ログローニョ)】

↓29km↓

【Najera(ナヘラ)】

朝6時半出発。

昨日、夜中までお祭り騒ぎだった街は、この通り、ゴミだらけの汚い街になってました。

そして、どこからともなく臭ってくるおしっこ臭。。。

昨日、男性も女性も野ションしてたもんね(+o+)

地面は、お酒なのか?ベッタベタでどこを歩いていいのかわからない状態。。。

「巡礼者の像」の周りもゴミだらけ。

右側のポスターは「STOP!!!ポイ捨て!!!」に違いない(@_@;)

臭~い街をきれいにしておくれー!!!

今日の巡礼路に、大きな公園があった。

ちょうど朝日が登り切ったところ。

日中は日差しが痛いくらい暑いから、この時間の日差しが一番気持ちいい☆

人懐っこいリス。

尻尾が体くらいの大きさでかわいい♡

今日は雲がとってもきれいな日。

昔の巡礼者は、水筒の代わりにひょうたんを持っていたそう。

9時間歩き続けて、着いたアルベルゲは初めての寄付制。

ホスピタリオ(アルベルゲの管理者)に開口一番「Welcome!!」と笑顔で声をかけてもらった(^^)

そして、ウェルカムドリンク&フード。

こんなにおもてなしされたのはアルベルゲで初めての経験☆

寄付制のアルベルゲは、巡礼路にいくつかある。

ガイドブックによれば、寄付だから気持ちだけでいいけど、普通は5ユーロ(655円)程入れるらしい。

だけど、特に説明なく、受付の隣にドネーションボックスがあるのみ。

貧乏バックパッカーの私たちが入れたお金は、、、

0ユーロ!!!

、、、ごめんなさい(ノД`)・゜・。

お金を払ってでも泊まりたいくらいとても気に入ったアルベルゲだったけど、特にお金を要求されたわけでもなかったので、まぁいいかなと思ってしまいました。

またいつか必ずスペイン巡礼をする予定なので、その時に今回寄付しなかった分と合わせて寄付させていただきます<m(__)m>

 

◎今日の1枚◎

ではっ♪

【Photo By Yu-suke】

☆From はな☆

((2017.8.27現在1ユーロ=131円計算))

ブログ村に参加しています!

皆さんの応援クリックが私たちの励みです!

1日1回下の【世界一周】バナーのクリックをお願いします<m(__)m>


にほんブログ村

メルシー(フランス語:ありがとう)

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    おしっこ祭り?じゃ無かった(笑) 皆さんとっても楽しそう♪
    Macbookのアダプタも手に入って良かったですね♪
    野生のリスは、色んな病気を持ってるから、気をつけて下さいねぇ~!
    てつ&はなさんの、親子丼が食べたいなぁ~♪

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
      このお祭りは街全体でとても盛り上がっていたので、見て回るだけでもおもしろかったです(*^▽^*)
      バー周辺は酒飲みばかりですごいことになっていましたが、、、
      From はな

  2. チンチン電車 より:

    人様の農園のブドウを許可もなく採って食べているのですか?
    あなたは自分が丹精込めて作っている人の気持ちを考えたことがありますか?
    事の善悪はわかっているはずですね。

    • tetu-hana より:

      チンチン電車様
      初めまして。コメント誠にありがとうございます。
      日本に住んでいた頃は採って食べようなどと考えたことはありませんでしたが、他の巡礼者も採って食べていたので、、、というのは理由になりませんね。
      ご指摘頂き、気づくことができました。
      生産者の方々の気持ちを考えるととても申し訳ない気持ちでいっぱいです。
      また、不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。
      これからは、気持ちを改め、読んでくださる皆様に楽しんでもらえるブログにしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
      From はな

  3. みんみん より:

    他人の畑から無断で、一粒貰う程度ならまだしも房ごと取るとか信じられません。
    それから寄付制の宿で貴方がたみたいな事を皆がしたらどうなるかとか
    一切考えないのでしょうか…自分たちは払わないけど他人には払えと?
    同じ日本人としてとても恥ずかしいです。

    • tetu-hana より:

      みんみん様
      初めまして。コメント誠にありがとうございます。
      みんみん様のおっしゃることがごもっともすぎて言葉がでてきません。。。
      旅慣れてきて、少し調子に乗ってしまっていた部分があったのかも知れません。
      みんみん様や他の方にご指摘頂き、自分たちの行動を改めなければならないことに気づくことができました。
      誠にありがとうございますm(__)m
      同じ日本人として常識を持ち恥じない行動を取りながら旅を続けていこうと主人と話し合いました。
      今回は不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ありませんでした。
      これからは読んでくださる皆様に楽しんでいただけるブログを作っていこうと思いますので、これからもどうぞ宜しくお願いします。
      From はな

  4. ドレッド より:

    道沿いのぶどうの盗み食いはよくスペインでも話題になってるけど、1,000年もこの道沿いのブドウは盗み食いされ続けているので、農家の方も食べられることを前提にしていて気にしてないってテレビで見たよ。
    みんなが喜んでくれれば良いって農家の人も言ってた。
    もちろん全員がそういうわけじゃないかもしれないけどね。2人も雰囲気的に食べても良さそうだと思ったでしょ。
    そんな目くじら立てて鬼の首取ったように指摘する方が恥ずかしいよ。
    でも自分でわざわざこんなことを書くのもアレだけどね。

    寄付性の宿は前に◯◯人の団体が毎回無料で泊まり続けて◯◯人立ち入り禁止になったところがあったね。人種差別だって騒がれてカミーノの趣旨に合わないって叩かれて話題になってたが賛否両論でてたな。

    旅が長くなると日本的モラルは低下していくし、それに対して読者層は元旅人の日本で社会復帰できなかったタイプが多いから、叩くのが仕事みたいになってるね。

    • tetu-hana より:

      ドレッドさん、初めまして!
      コメントありがとうございます。
      そうなんですね。私たちも葡萄畑を見ながら歩いてたら、ちょうど収穫中の農家の方に葡萄房ごと頂いたことがありました。巡礼者に対してとても親切な方ばかりでした。
      ○○人立ち入り禁止なんてことがあったんですね。巡礼中そんな話聞いたことがなかったのでびっくりです!

      私たちは旅に出て半年が経過して、日本では経験できないことを見て感じて、、、日本人としての何かを忘れてきているのは事実です。それは今回コメントを下さった方から気づかされました。いずれ日本に帰国し、私たちも社会復帰を目指さなければならないので、今回のことは自分たちを見つめ直すよい機会となりました。
      そして、ドレッドさんからコメントいただいて気持ちがすごく楽になりました。本当にありがとうございますm(_ _)m
      これからも自分たちらしく旅を続け、皆様から叱咤激励を頂き、旅を通して成長していけたらと思っていますので、よろしくお願いします。
      From はな