【スペイン巡礼Day1】最初の難関☆ピレネー山越えと初日からまさかのワープ

ボンジュール(フランス語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第12ヶ国目☆フランス領レ・ユニオン島!

沖縄方面や東南アジアのような湿気をムンムンに感じる常夏感が懐かしい~♪

○●○●○●○●○●○●○●○●○●

2017.9.9

ついに始まったスペイン巡礼。

スペイン巡礼(フランス人の道)とは、

フランスのサンジャン・ピエ・ド・ポートから約800km先のキリスト教の聖地のひとつであるスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでを巡礼するというもの。

私たちは、完全に観光・絶景目的のお散歩☆

前日、巡礼を始めるための受付を済ませた私たちは「アルベルゲ」と呼ばれる巡礼者用の宿を探した。

一番安い公営のアルベルゲは、定員いっぱいで宿泊することができず、

泊まったのが「Sur le Chemin Au Chant du Coq」。

巡礼事務所ではおすすめされなかったけど、、、

ほかのアルベルゲより安かったから宿泊することに決めたけど犬や猫を何匹も室内飼いしてて、

とにかく動物臭がヒドイ!!!(;´Д`)

私たちは動物好きだけど、臭いがするのは宿としてはちょっとねぇ。。。

しかも、宿主が靴の置き場所やコンセントの使い方、翌日の起床時間まで指定され、こだわりが強い割には、自分は室内でも屋外でも裸足っていう(笑)

意味がワカリマセーーーーーーン!!!!!!(。-`ω-)

↑全身白い洋服を着た女性がホスピタリオ(アルベルゲの管理者)

そんながっかりな巡礼0日目のアルベルゲを経験し、迎えた初日☆

巡礼1日目

【サン・ジャン・ピエ・ド・ポール→ロンセスバージェス】 25km

朝7時半

まだ薄暗く、小雨がパラつく中レインウェアを着て巡礼開始!!!

4人「いってきまぁーーーーーーーーす!!!」

巡礼0日目のブログでも紹介しましたが(その時のブログはこちらっ)

今回一緒に巡礼する友達は、ゆーすけ&あやちゃん夫婦☆

ゆーすけとは、日本からの友達で私に山友達が増えたキッカケになった1人目の山友達(*´∀`*)

奥様のあやちゃん、今回初めましてだったけど共通の山友達がたくさんいてお名前とお顔を数年前から知っているから、出会った日から初めましてな感じが全くしなかった(๑>◡<๑)

そうそう、

この巡礼路は、世界遺産に登録されていて、9・10月がベストシーズンだから巡礼する人がとっても多いんです!

道には、看板や印がついていて注意しながら歩いていれば迷うことはありません(・∀・)

こんな大きな矢印はなかなかないけど、TETSUの傘の上に写ってる石碑のようなものが巡礼路の目印になっています。

初日は、最初の難関・ピレネー山越え!

標高1430mの山を越えていきます。

途中には角がくるんくるんでかわいい羊がいたり。

大自然の中を歩いていきます。

山を登っていくと次第に強くなっていく雨風。

自然と言葉数も減っていきました。

雲の下から絶景が見えてるぜぃ!!!

標高が上がるにつれて、気温も下がっていき次第にトイレに行きたくなります。

でも、トイレなんて山の中どこにもなく。。。

青空トイレが基本です(・∀・)♡

木の陰に隠れられる場所なら楽だけど、、、

山の中にはなくって、後ろからも巡礼者が続々と歩いてくるから、傘の目隠しを立ててタイミングを見計らって

♪~○○ーーーーーーーーーーーー!!!

(音はご想像にお任せします♡)

登山が趣味の私たちは、野ションなんてお手の物w

約10時間歩き続けて、到着した先は25km先の「ロンセスバージェス」

Tetsuは20kg強、私Hanaは13kgの重たいザックを背負って長距離&長時間歩き慣れてないため全身痛いし疲労困憊。。。

やっとアルベルゲに着いたー

と思ったらまさかの満室

アルベルゲは、予約可能な所もあるけど、私たちは歩いてる最中に何があるかわからないから予約せず調べておいた宿に直接行く感じでした。

ここロンセスバージェスのアルベルゲは、180床もあるマンモス宿。

そこがフルになるなんて( ;´Д`)

アルベルゲは基本1泊しかできないから、フルになるってことは単純計算でも同日に180人以上は巡礼開始したってこと。

町によってアルベルゲの収容人数は違うから、この先もアルベルゲ競争が思いやられる( ;∀;)

まずは、そんなことより今日の宿はどうしよう。。。

次の町まで約3km

あと約1時間も歩けないし歩きたくない、、、

私たちの前に満室で入れなかった20人以上の巡礼者が、入り口でタクシーを待っていて、私たちもそこに並ぶ。

どこに連れて行かれるのかわからないけど、みんなと一緒に大型タクシーに乗車してみることにした。

でも、ちょうどの区切りで、ゆーすけ&あやちゃんと同じタクシーになれなかった。

タクシーの運転手「後ろの2人(ゆーすけ&あやちゃん)も同じ宿に向かう」

の一言で先にタクシーに乗り込み、3km先のアルベルゲに到着した。

って、

さっそくワープしちゃってるじゃん!!!!!!!( ;∀;)

このアルベルゲも満室になったら困るから、タクシーに積んでるザックはTETSUに任せて誰よりも先に4人分のベッドを確保っ(*^^)vいぇい

お金を払って、2人を待つ。。。

待つ。。。

待つ。。。

10分、、、

15分、、、

ほかのタクシーは続々と到着するのに、どのタクシーにも2人は乗ってない。

不安だけ頭の中をぐるぐる駆け巡る。。。

キ、キターーーーーーーーーーー!!!!( ;∀;)

2人も次のタクシーで3km先の同じ町に向かったけど、最初に連れていかれたのは、別のアルベルゲ。

でも、別のアルベルゲは、運よく満室で同じ宿に送ってくれたそう(゚д゚)!

よかったぁ!!

初日からはぐれるなんてヤダ(ノД`)・゜・。

シャワーを浴びてる間に、ゆーすけがアルベルゲに併設されてるスーパーで食料買っておいてくれて無事に夕ご飯。

このスーパーは数分後に営業終了する予定だったらしい(+o+)

危うくアルベルゲ難民だけじゃなく、食料難民にもなるところでした(;´Д`)

恐ろしや巡礼。。。

TETSUも疲れてるはずなのに、、、

TETSUの満面の笑みと疲れを隠し切れない3人。

明日からも頑張ろう!!

ではっ♪

【Photo By Yu-suke】

☆From はな☆

((2017.8.27現在1ユーロ=131円計算))

ブログ村に参加しています!

皆さんの応援クリックが私たちの励みです!

1日1回下の【世界一周】バナーのクリックをお願いします<m(__)m>


にほんブログ村

メルシー(フランス語:ありがとう)

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    巡礼旅初日から雨は、ちょっと辛いですねぇ~・・・
    しかも到着した街のお宿が満室なんてぇ~!!
    無事お宿&夕食ゲットできて良かったぁ~♪
    てつさんの張り付いた様な笑顔と、皆の不満顔に、思わず吹出しました(笑)(^o^)

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます!
      初日から雨の中の野宿かと思ってたんですが、なんとかなったのでよかったです(^^;
      TETSUも疲れた顔してるかと思ったら、満面の笑みでびっくりしました(+o+)
      from はな