【激安】クーリー村でキャメルサファリ

オラ〜(スペイン語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第11ヶ国目スペイン☆

巡礼を誘ってくれて、初日から一緒に歩いていた友達夫婦とついにお別れしました(;ω;)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

2017.8.20-21

ジョードプルから夜行列車でジャイサルメールに到着した私たち。

駅で待っててくれたのは、今回宿泊する「TOKYO PALACE」

予約すると送迎サービス付きなんです!

インドでは新しい場所に着いてまずすることは、

「宿までをいかに、安く安全に行くか」

だから、無料でお迎えに来てくれるのはすごくすごく助かるんです☆

そして、この宿で待ち合わせしてたのは、ジャイプールで出会い、ジョードプルで再会した世界一周中のたかし\(^o^)/

何を隠そうこのインドで、いや現時点(2017.8.20時点)で世界一周を始めてから私たちと一緒に過ごしてくれた時間が一番長いのは間違いなく彼です♡

現在は、TETSUとメル友なんだとか(笑)

たかしとここジャイサルメールで唯一観光☆キャメルサファリに一緒に行こうと話していて、先にジャイサルメール入りしてたたかしに待っててもらっていたんです(*´∀`*)

キャメルサファリとは、

キャメル→ラクダ

サファリ→探検旅行

ラクダに乗って、砂漠の探検旅行へGO!!!!

ってことです(^^)

宿泊してた「TOKYO PALACE」でもキャメルサファリツアーを申し込むことができるけど、一泊一人1600ルピー(2720円)程。

砂漠までの車での送迎がついてたり、夕食でお肉が食べれたりと最高なツアーだけど、私たちは貧乏バックパッカー(;ω;)

安くキャメルサファリに参加できることで有名なクーリー村のアルジュンさんのツアーに参加することにしたんです。

クーリー村は、ジャイサルメールから南へ50km進んだところにある村。

13時にジャイサルメールのバス停からクーリー村に向かうバスがあるということで、TOKYO PALACEに一泊してチェックアウト後、不要な荷物は預かってもらい準備。

キャメルサファリで必要な物を買いに行くことに!

それが、こちらっ♪


「クルタ」と呼ばれるインドの服。

※ターバンは写真用に店員が巻いてくれたんだとか(笑)

キャメルサファリ中は、日差しが強い中で長時間過ごすから長袖長ズボンがマスト!!

これは生地が薄くて風通しがいいから、着てても暑苦しくないらしい(*´∀`*)

私は、事もあろうにを買ったから暑いったらありゃしない(@_@)

クーリー村行きのバスは混むから30分前までにバスに乗り込んだ方がいいらしくその時間に向かったけど、すでにほぼ満席

なんとか座れたけど、待ってる間、風がなくてすごく蒸し暑いし人口密度は高いし、出発前からテンションガタ落ち。。。

しかも、目の前には「マネーマネー」「チョコレート」と言って手を出してくる女の子もいるし(-_-)

うぅ〜もう帰りたひ。。。T_T

13時半にバスが出発→1時間足らずでクーリー村到着☆

バス停に「ARJUN FAMILY GUEST HOUSE」の名刺持ったアルジュンさん発見!!

アルジュンさんと一緒に宿に向かい、キャメルサファリの説明を受ける。

ここのツアーには、

①16時発→翌朝帰宅ツアー

②ここの宿に1泊し、翌朝8時発の砂漠で1泊ツアー(2泊3日)

があった。

暑さにやられて、すでに帰りたい私たちは迷わず①を選択

綺麗すぎる「TOKYO PALACE 」に泊まってた私たちからしたら、アルジュンゲストハウス自体、泊まりたくないレベルだったので(笑)

①の値段は、最初600ルピーと言われたけど、交渉したらすぐに、550ルピー(935円)に下がった。

(夕食&翌日の朝食代込み)

別料金のキャメルサファリ中に飲むであろう水とビールの本数を決めて、あらかじめ注文。

私たちは、キャメルサファリに行くに水1リットル1本ずつ、キャメルサファリ行ってから水3本ずつ、ビールを注文。

いざ、キャメルに乗ってサファリへgo!!!

と意気込み、ラクダにまたがったら、、、

膝が折れ曲がっててしゃがんでるラクダが立ち上がる時、

前足と後ろ足が交互に、立ち上がるもんだから、

体が前後に振られ、、、

「ぎ、ぎゃゃゃゃゃゃややややややや!!!!!!」

めちゃくちゃ怖いのなんのって((((;゚Д゚)))))))

体を支えるものが、両手で10cmほどの棒1本しかなく、もう振り落とされる寸前!!!!

足は引っ掛けるところがないから、自分の体重はすべて腰とお尻にかかってる状態。。。

1本の棒を両手でしっっっかり捕まえてたから落ちずに済んだからよかった(ノ◇≦。)

一人1匹ずつのラクダに乗って、砂漠へ向かう。

小さなオアシス、てか、ラクダの水飲み場でラクダの休憩。

正直、町から30分ほどで着いたこのオアシスで、ラクダ乗りにはもう満足(笑)

そこから1時間以上ラクダに乗り続けてようやく砂漠のポイントに到着!

な、長かったぁ。。。

自分の全体重を支えてた腰とお尻は、激痛!!!

ラクダから降りる時も、前足、後ろ足と交互に膝を折り曲げて地面に着地するもんだから、

「ぎ、ぎゃゃゃゃゃゃややややややや!!!!!!」

(2回目)

ラクダたちもやっと身軽になれたからか?砂漠の上でゴロゴロ〜

とっても嬉しそう♪

私たちもあなた達から降りれてとっても嬉しいです(笑)

ヤギの大群が目の前を通過〜

そんな景色をのんびり見てたら、ヤギに駆け寄るガイドのお兄ちゃん。

一頭のヤギのミルクを搾り戻ってきた。

で、出来たのが、フレッシュヤギミルクのチャイ♡

こんなにおいしいチャイを飲んだのは初めてで全員お代わりw

搾りたてのせいか全く臭みがなくて、まろやかでコクのあるチャイ。

今日のガイドのお父ちゃんとお兄ちゃん。

毎日このクーリー村の砂漠ツアーのガイドをやっているんだとか。

(注)アルジュンさんは、後で注文したドリンクを持って来るときにしかツアーに来ませんでした。

足だけ写ってる人は、遊びに来た友達。

砂漠をのんびり眺めてたらあっという間に夕焼け。

この日は、雲が多くて夕日は見れないかと思ってたら、一瞬の隙間からまん丸な夕日を見ることができた。

「カメ、カメェ、ハァー!!!!!」

日が沈んだら、すぐに辺りは真っ暗。。。

冷たいビールを飲みながら夕ご飯と思ってたけど、何食べてるかすらわからなかった(笑)

完全ベジタリアンカレー。

砂漠の上に布団が敷かれ、3人川の字での初夜♡♡

「日中は暑いけど、夜は寒くてダウンを着るほど」

って聞いてて心配でいろんな防寒具持って来たけど、この日は蒸し暑くて寝れない{[(-_-)]}

風が全く吹かなかったから、砂まみれにはならずに済んだけど、、、

空を見上げると満天の星空☆

流れ星もたくさん見れたヽ(=´▽`=)ノ

夜中、暑くて何度も起きつつ迎えた翌朝。

今日の予定は、朝ごはん食べて帰るだけだったから、

「途中にいいトイレがないから、必ずここ(砂漠)でう○こをして帰ろう!!!」

と謎の?約束を交わし、3人散れて思い思いの青空トイレに向かう。。。

そして、お腹がすっきりした3人は肩を並べ朝日鑑賞w

お気に入りの一枚♡♡

朝ごはんは、パンケーキという名のカラメル焼き?!

ヤギミルクなしのチャイが出て来たけど、昨日のチャイとおいしさが全然違った(T_T)

「ぎ、ぎゃゃゃゃゃゃややややややや!!!!!!」

(3回目)

↑もういいって(ー。ー)w

を経て、ラクダに乗り村に帰る。

帰りはガイドの兄ちゃんと2ケツ。

腰とお尻に限界がきた男性軍は降りて徒歩。

私はラクダの股関節に足を乗せる技を見つけたから耐えられたヽ( ̄∇ ̄)ノ

アルジュンゲストハウスに戻って来たのが朝9時。

10時にジャイサルメールに戻るバスが来るらしいけど、疲れ切ってるし行きみたいな暑いバスにはもう乗りたくなくて一刻でも早く帰りたかった私たち。

ヒッチハイクする気満々でアルジュンゲストハウスを出発して1分。

一台の車を発見!!!

話しかけたら、日本語が話せるドライバーさんでちょうどジャイサルメールに行くということで乗せてもらえることに☆

ラッキー!!!

ついこの間まで日本で働いてて日本語ペラペラのソラさん。

今この近くに新居を建てるために一時帰国中なんだとか☆

建設中の新居でチャイまでご馳走になりました♡

快適な車内でTOKYO PALACEまで送ってもらい、行く前までは嫌々だったけど、この3人だからこそ楽しい2日間を過ごせた☆

「また行きたいか?」

と聞かれたら、お断りするけどねw

ではっ♪

*photo by TAKASHI*

☆FROM はな☆

((2017.7.23現在1インドルピー=1.7円計算))

ブログ村に参加しています!

皆さんの応援が私たちの励みです!

1日1回下のバナーをクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

グラシアス(スペイン語:ありがとう)

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    馬でも慣れないと大変なのに、ラクダなんて・・・ お疲れ様です(笑)
    帰りは良い人にも出会えて、良かったですね♪
    最後のラクダには思わず吹いてしまった(笑)

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます!
      キャメルサファリは、まぁ楽しかったし、いい経験でした(笑)
      最後のラクダは友達が撮ってくれた写真なんですが、お気に入りの一枚だったのでぜひブログに使いたかったんです\(^o^)/
      その写真に気づいてくれるなんて、ブンタカさんさすがです!!!!!
      From はな