ミャンマーの移動は夜行バスが快適すぎる(ヤンゴン〜バガン編)

オラ(スペイン語:こんにちは)、てつです!

リアルタイムは、第11ヶ国目スペイン・バレンシア☆

インドからのギャップが有りすぎて

ご飯の値段を見るのがこわい:(;゙゚’ω゚’):

でも、う○こを気にしないで歩けるのは最高です笑

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

2017.7.8〜9

さて、今回はヤンゴンからバガンまで移動した時のお話

チケットの買い方

私たちはキンプンからヤンゴンまでローカルバスで移動してきたので、

到着した場所が長距離バス乗り場と一緒!

バガンまで移動する日が決まっていたので、街中に移動する前にバスターミナルで予約することに。

バス会社は何十軒も並んで居て、どこに行けばいいか迷っちゃう(-.-;)

とりあえず外国人御用達の高級バス会社「JJ Express」に行ってみる

3列シートVIPバス「バガンまでいくらですか〜」って、受付のお姉さんに聞いてみたら

「27400チャット(2274円)」高っ

しかも

言い方とか、態度が、

ウチら夫婦総意で「気にくわない」

めちゃめちゃ見下した感じだったので

「違う会社行こっ!」と、なり

もう一つ目をつけていた会社「E-Lite」に行ってみた

受付のお姉さん…

うん、、、対応がやっさしぃ〜

値段も「14300チャット(1186円)」で安い

即答で予約

バスに乗る当日

バスの時間が21時半発だったので

ヤンゴン市内のホテルを20時に出発

近くにいたタクシー3台ぐらいに交渉し6000チャット(498円)でバスターミナルまで

40分くらいで到着

これから約10時間お世話になるバスがこちら

外観は普通の大型バス

でも、室内が最新

1席ずつにタブレットが付いてる!!

映画や音楽が見放題

ワンピースのサボ編まで見れましたよ

アメニティと軽食付き

リクライニングもいい感じ

途中で30分休憩

朝5時にバガンのバスターミナルに到着

乗り合いのトラックに乗ろうとしたら

『ローカルしかだめ〜』とのこと、

渋々タクシーと交渉し

一応タクシーの料金が決まってるみたい

でも、二ャウンウーまで3000チャット(249円)で交渉成立

タクシーの運転手に「バガン遺跡群のチケットが安く買えるところがあるよ」みたいなことを言われたが、

早朝すぎて頭が働いてないし、

英語もよく聞き取れなかったし、

怪しかったし、怖かったから(これが一番)

「正規のチケットを買いまーす」

って言って、ゲートでチケットを購入しホテルに着きました。

正規のチケット売り場

25000チャット(2075円)

ここでチケットの確認もしてるゲートになってた

安いチケット買ってたらどーなったんだろ!?

安さに釣られた人、情報求むwww

ホテル情報

「シュエナディ ゲストハウス」

朝6時前だったけどチェックインさせてくれて

しかも、朝食まで出してくれてとってもいい宿

洗濯物も外に干せました

プライベートルームのみホットシャワー

おすすめ度★★★★☆

おしまい。

☆From てつ☆

((2017.7.現在1000ミャンマーチャット=83円計算))

ブログ村に参加しています!

1日1回応援クリックお願いします<m(__)m>


にほんブログ村

グラシアス(スペイン語:ありがとう)

宿の予約はこちらからお願いします。
 



Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    久々の快適バス?良かったですね♪
    タブレットを見つめるてつさんの顔が・・・(笑)
    折角旅行で来ているのに、態度の悪いバス会社なんて、乗りたくないですよね!
    お宿も良さそうで、何よりです。
    あれ?私(笑)の天使、はなさんのお姿はどこに?
    キョロッ(。。 )(  。。)キョロッ

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます★
      ほんとに!!!!
      態度は悪いわ、料金が高いわ、いいとこないバス会社で残念でした(+o+)
      これからは、ブンタカさんの天使、HANAの写真をもう少し入れられるようTETSUカメラマンに頑張ってもらいます(笑)
      From はな

  2. ちょっとHな旅人 より:

    はじめまして。
    「バガン遺跡群のチケットが安く買えるところがあるよ~」というのは、運転手がチケット売り場・検問を迂回してあげるから、そのかわりにチップを多めによこせ!という意味だったのではと思います。遺跡内でチケットの確認を求められることはほぼ無いですから、不正をやろうと思えば簡単にできます。
    チケット代よりも運転手が要求してくるチップ代のほうが安いはずですから、結果的には得しますが、善良な観光客として、NO!と言うべきでしょう。
    ちなみに私はバガンではありませんが、以前スリランカの仏教遺跡で同じような経験をしています。もちろんNO!と言いました。
    話は変わりますが、昨年私がバガンに行った際は、鉄道の駅前からShwe Na Di Guest House前まで乗り合いのトラックを利用することができました。もちろん外国人料金(2000kyat)取られましたが….(地元民は500kyat)。外国人を乗せてくれるかどうかは運転手によっても違うんでしょうね。
    長々と失礼しました。

    • tetu-hana より:

      コメントいただきありがとうございます。
      そう言った意図があったのですね!
      運転手の英語が聞き取りづらく、よく理解できてませんでした。
      結果的に善良な観光客として入れてよかったです。
      トラックに乗せてくれた時もあったんですね!
      自分たちの時はタクシードライバーが何人も出待ちしていたので、トラックのドライバーが要らない気を利かせて、外国人は乗せなかったのかもしれませんね。
      情報提供ありがとうございました。