【移動】タイ・チェンマイからミャンマー・キンプンへ

ナマステ~(ヒンディー後:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは第10ヶ国目インド・ジャイサルメール☆

砂漠の中で一晩過ごしてきました!

暑すぎてつらかったけど、ジャイプールで出逢ったたかしくんとの3人旅のおかげで楽しかったなぁ♪

●○●○●○●○●○●○●○●○●○

2017.7.4~5

さて、今回はタイ・チェンマイ→ミャンマー・ミャワディを陸路移動し、ゴールデンロックのある麓町キンプンへ移動した話。

私たちは、ラオス・ヴィエンチャンからチェンマイに戻り、ミャンマーのビザの期限が迫ってたこともあり、タイ・メーソートで1泊しそこからミャンマーへ陸路移動することにしました。

※ちなみに、ミャンマービザはタイ・バンコクで取得。

(その時のブログはこちらっ)

2017年8月現在、ミャンマービザはネット申請が一番楽らしいので、そちらの方がおすすめです!

タイ・チェンマイからタイ側の国境メーソートまではアーケードバスターミナル3からグリーンバスで行くことができます!

13時発のバスに乗車。290バーツ(約957円)

メーソートまでは、山道だし工事中でかなりガタガタ道でした(;゚Д゚)

車酔いしやすい方は酔い止めを飲んだ方がいいです!!

途中、渋滞してて何かと思ったら、トラックが完全に横転してたりΣ(゚Д゚)

そのくらい山道でした。。。

メーソートに着いたのは、20時。

自分の降りたいところで降ろしてもらえるようで、宿まで行きやすいところで降ろしてもらいました。

(宿情報は下記参照)

翌朝、9時半にミャンマー・ミャワディ→キンプン行きのバスがあるため、7時に宿を出発。

ちょうどこの時間に同じ宿に宿泊してたフランス人3人も国境越えするとのことで一緒に行くことに。

マーケットをすぎたあたりに、国境行きのソウテウ乗り場があって、国境へ。

20バーツ(約66円)

タイのイミグレーションで手続きを済ませ、徒歩で友好橋を渡る。

橋の上から、タイの警察に取り囲まれてる大勢のミャンマー人が見えた。

不法入国しようとボートでタイに渡り捕まり、このあとミャンマーへ強制送還されるらしい(@_@;)

タイとミャンマーを隔てている友好橋の中心。

今まさに、川を横断しタイに不正入国しようしてるボードも何艘か見かけました。

ミャンマー側のイミグレーションで手続きを済ませ、

無事に第9ヶ国目ミャンマー入国~\(^o^)/

ここで、宿から一緒だったフランス人イケメンのマックスとお別れ(>_<)

私たちのつたない英語を理解しようとしてくれて、たくさん話しかけてくれてありがとう!!

もう二人のフランス人は、タイをオーバーステイしたようでイミグレで時間を要しているようでした(^^;

ATMでお金を引き出してから、キンプン行きのバス停探し!

300,000チャット(約2万4900円)引き出したら、すべて5000チャットでくるもんだからすごい札束!!!

大金持ちになった気分~( *´艸`)ふぅ~♡

近くにいたミャンマー人にバス停がどこにあるか聞きまわってたら、「連れてってあげるよ!」と言われたのでついていくことに。

国境から10分くらい歩いたところにありました。

地図的にはこのあたり。パゴダが目印です!

バス停に連れてきてくれた兄ちゃんは、このバス会社からマージン(紹介料)らしきものをもらっていってバイバイ(+o+)

ミャワディ→チャイティーヨー(Kyaikto)行きバス 9時半発 8000チャット(約664円)

バス会社のスタッフが着てたTシャツは「前橋育英」

ミャンマーは多くの日本の中古品が再利用されていて、このTシャツもかな?!

バス内は、私たち以外ミャンマー人ばかり。

出発時間になると満席でした!

ミネラルウォーター付き。

11時お昼ご飯休憩。

油ギトギトカレーとテーブルの上に放置された食べ放題のお野菜。。。

ここでは、お米の食べ放題でした!

肝心の味は、、、まぁおいしいとは言えないっす(笑)

見た目からお腹壊しそうで心配(;´Д`)

ミャンマーの一食目から、ミャンマーの旅が不安になるわぁ。。。

道路は悪路で車酔いしそうだったから寝てたのに、大きな笑い声で起きた!!

バスの中で、ドラマを放送してて乗客みんなで観賞中☆

話してる言葉は全くわからないけど、コメディードラマのベタな内容だったから私たちが見てもおもしろかった♪

16時チャイティーヨー到着!

キンプン行きの乗り合いバスを探すけど、見つからない。。。

近くの人に聞いたら、乗り合いバスは朝から14時までしかやってないらしい。

今考えるとちょっと嘘っぽいなぁ(+o+)

しょうがないから、ソウテウチャーターしてキンプンへ。

運転手のおすすめの宿「Shwa hinn thar HOTEL」「Pann myo thu inn」に連れてってくれたけど、

「Shawa hinn thar hotel」はゴールデンロック行きのトラック乗り場が遠くてアウト。

有吉似がいる宿で有名な「Pann myo thu inn」はオーナー?のおやじがめちゃくちゃ感じ悪かったのと、部屋が激狭&汚くってアウト。

この2か所は連れて行くと運転手はマージンもらえるみたいで連れてこられたけど、

Sea sar guesthouse行くなら歩いて」と言われ有吉宿から徒歩で向かう。

消去法で、「sea sar guesthouse」に1泊することにしました(・∀・)

(宿情報は下記)

そして翌日、ゴールデンロックに行くのでした。

続きはまた次回☆

★宿情報★

sleep nest hotel(メーソート)

ダブルベッドのドミトリー。エアコン付き。値段400バーツ(約1320円)

カーテンの仕切りあり。

とにかく、めちゃくちゃきれい!!!

シャワートイレは男女別。シャワー室にボディーソープあり。ドライヤーあり。

Wi-Fiサクサク。

おすすめ度★★★★★満点!!

共有スペースがおしゃれ♪

Sea sar guesthouse(キンプン)

ツインルーム、エアコン、朝食付き、水シャワー、トイレ付き

そこそこきれいかな。

Wifi ロビーでしかつながらない。

値段US$22、29700チャット(2465円)

おすすめ度★★☆☆☆

ではっ♪

☆ From はな ☆

((2017.7.4現在1タイバーツ=3.3円計算))

((2017.7.5現在1000ミャンマーチャット=83円計算))

ブログ村に参加しています!

1日1回応援クリックお願いします<m(__)m>


にほんブログ村

ダンニャワード(ヒンディー語:ありがとう)

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    タイからミャンマーへの移動、お疲れ様でした。
    日本の1万円札で、あれぐらいの札束持って、見せびらかしたいっ!!
    貧乏なおやぢの欲望駄々漏れぇ~(笑)

    sleep nest hotel(メーソート)のお宿は本当に綺麗ですね♪
    何所に行ってもこれだけ良いと、スヤスヤと良く眠れるのに…

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます!
      私たちにあの札束分の1万円札があれば、、、
      もっと豪華な世界一周がしたいな~( *´艸`)♡
      私が潔癖なので、、、汚い宿は、ベッドに横になるのも嫌になるから困ります(;´Д`)
      from はな