【インド】何も持っていかないのが正解!!マドゥライのミーナークシー・アンマン寺院

サラマトスィズブィ(キルギス語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第74ヶ国目キルギス☆

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

皆さんのクリックで、ランキング上位に上がり、より皆さんの目に留まるブログになっていきます!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓

にほんブログ村

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2019.1.29-30

やっと退院許可を得る

前回の続き

(その時のブログはこちら)

毎朝行わなれる白い巨塔みたいな院長回診があるたびに、

Hana「いつ主人は退院できますか?ご覧の通り、ピンピンしていて早く退院したくてウズウズしているのですが…」

とお伺いをたててまだ検査結果がイマイチだけど、1週間後にどこかの病院で血液検査を受ける約束でなんとか退院許可を得たTetsuさん。

私もTetsuの病室で寝泊まりしていたから、久しぶりに荷物を置かせてもらったホテルに帰ることができました!

いやー長かった。。

私がレストランで倒れて、Tetsuも体調が悪くなって入院して、、、たった5日間だったけどものすごく長かったように感じます(´-ω-`)

最後に、先生や看護師さんから

「しっかり食べて、フレッシュジュースを飲んで栄養付けてね!!」

と言われた。

日本では風邪ひいたとき、水やスポーツドリンクを飲むように言われるけど、インドではフレッシュジュースが推奨されていました。

Tetsuさんが入院中もジュース飲むように言われて、ミニスーパーでパックのフルーツジュース買って来たら、フレッシュジュースじゃないからと看護師さんに怒られたっけ(◎_◎;)

元気の源、フレッシュジュース

早速、宿の近くのフルーツジュース屋さんへ。

注文したのは、スイカジュースとぶどうジュース。

フルーツを選んで目の前で搾ってくれて、それぞれ30ルピー(45円)と40ルピー(60円)でめちゃめちゃ安いし、美味しい!!

いつも元気なTetsuさんに戻りますように!!

マドゥライのおすすめレストラン!

フレッシュジュースを飲んだ後は、栄養付けに私が倒れたレストラン「Hotel Sree Sabarees」へ。

倒れた時に、レストランに多大なるご迷惑をおかけして、店員さんも一緒に病院に行ってくれて通訳してくれて御礼を言いたかったし、食事もすごく美味しいからです。

私なんて風邪はもうすっかり治って元気なのに、「レストランでまた倒れたら…」なんて悪夢がよぎり、少し緊張しながら向かった。

「あれ?君、この間ここで倒れて頭切ったよね?もう大丈夫なの?」

店員さん、外にある系列店のチャイ屋さんのおじさん、関係ない隣の商店のおっちゃんまで私の顔を見るや否や、聞いてくれた。

もう、嬉しいやら、恥ずかしいやら、、、f(;´∀`)

そのたびに、

「もう大丈夫だよ!心配してくれてありがとう!!」

笑顔で答えると、みんなホッとした顔をしてた。

インド人のそんな顔を見たら、最初は恥ずかしさもあったけど、なんだか嬉しくて涙出そうになった。

日本人(東洋人)かつレストランでぶっ倒れた人なんてそうそういないだろうけど、約1週間も前のことを覚えててくれて心配して声かけてくれたなんてさ。

ランチタイムに訪れたのは、南インドのランチ定食、ミールズを食べるため。

ただでさえ人気のレストランだけど、ランチタイムはさらにお客さんとスタッフがごった返していました。

食券を買って、席につくと、南インド特有のお皿代わりのバナナの皮を敷いてくれて、ご飯、カレー、おかず、ヨーグルト、と次々に盛ってくれます!

しかも、このミールズは食べ放題!

めちゃめちゃお腹いっぱいになれます♫

それで、たったの90ルピー(135円)!!!!\(^o^)/\(^o^)/

幸せです♡♡

ここはベジタリアン・レストランだからお肉類は一切ないけど、いろんなおかずがあってどれも辛すぎず美味しくて大満足でした!

あとにも先にも、南インドで食べたレストランの中で一番美味しいお店でした!!

私たちを病院まで案内してくれり、通訳してくれた店員さんは、休暇でしばらく出勤しないらしく、最後に会えなかったのが心残りだったな。。。

マドゥライで訪れた唯一の観光スポット

さて、お腹いっぱいになったところで、お散歩がてらマドゥライで唯一見に行きたかった場所、ミーナークシー・アンマン寺院に出掛けます!

↑レストランから歩いて10分ほどだけど、ずっと寝たきりだったTetsuさんには辛い道のりだったみたい(>_<)

東西南北に大きな塔門(ゴープラム)があり、あまりの大きさに圧倒されてしまいました!

よく見ると、びっしり彫刻されてて、一つ一つが違う彫刻で、しかも、とてもカラフル!

ここはマドゥライを代表するヒンドゥー寺院で、異教徒も入れるということで早速中に入ろうとすると、

・土足厳禁。

・カメラ持ち込み禁止。

・スマホ持ち込み禁止。

しかも、それぞれに預け場所があり、それぞれに荷物代がかかる。

えぇい!!

もう、めんどくさい!!!!

じゃあ、Tetsuさん入り口で荷物持って待ってて!

順番に観光しよう!

Tetsuさんに荷物を持っててもらい一人で観光しに行ったはいいけど、屋外を素足で歩いて足裏が痛いし、東西南北の塔門が凄すぎたのに中は思ったより殺風景(゚д゚)!

異教徒が入れない場所があったり、博物館まで歩く元気もなかったので、すぐに出てきてしまった。。

荷物を持たずに行って、二人で観光したらもっと楽しめたんだろうなぁ(>_<)

夜間ライトアップしている日もあるらしいけど、私たちが滞在していた時には見れず。。

最後に、寺院を観光中のインド人の若い子たちと。

二人とも体調を崩し、私たちにとって一生忘れられない場所になったマドゥライ。

体調に気を付けつつ、次の町に向かいます☆

ではっ♪

((2019.2.15 現在 1インド・ルピー=1.5円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

ランキング上位を目指しています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>

にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

☆FROM はな☆

【宿情報】

『Hotel Prem Nivas』

値段:ダブルルーム、ファン付き。750ルピー(1125円)

Wi-Fi:あるが、繋がらず。

ホットシャワー:あり。ない部屋もあるそうで、確認が必要。

その他:24時間制。インドの安宿。清潔とは言えない。

オススメ度:★★☆☆☆ 星2つ

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    インドの方々の優しさに包まれて、大変だったけど、有る意味幸せを体験できたのかなぁ~?
    でもお二人とも体調が回復してよかったぁ~♪
    ユーミンの「やさしさに包まれたなら」をBGMにしたいなぁ~(笑)

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます!
      本当にそうですね!
      ♫目にうつるすべてのことは、メッセージ〜♫
      ですね!!
      (今調べました(笑))
      また1つインドを好きになれた気がします(*´ω`*)
      From はな