2018年12月【エベレスト街道トレッキングまとめ】私たちが歩いた23日間。(ルート、準備、費用など)

サラーム(ペルシア語:こんにちは)、てつです!

リアルタイムは、71カ国目イラン

現在地はシーラーズ!

もっとも行きたかったピンクモスクに早起きして行ってきました。

ステンドグラスから射し込む朝日により部屋中が染まり、

それはそれは幻想的な世界でした。

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

皆さんのクリックで、ランキング上位に上がり、より皆さんの目に留まるブログになっていきます!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓

にほんブログ村

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018年12月7日から12月29日までの23日間かけて、

夫婦でトレッキングしてきました。

私達がトレッキングをしたシーズンやルート、準備した装備、かかったお金、ちょっとしたアドバイスなど

これから登山される方の参考になれば幸いです。

エベレストとは

エベレスト、エヴェレスト(英語:Everest)、またはチョモランマ(チベット語)、サガルマータ(ネパール語)は、ヒマラヤ山脈にある世界最高峰である。山頂は、ネパールと中国との国境上にある。

エベレストの標高については諸説あり、1954年にインド測量局が周辺12ヶ所で測定しその結果を平均して得られた8,848mという数値が長年一般に認められてきた。エベレストの南麓に位置するネパールのサガルマータ国立公園はユネスコの世界遺産に登録されている。

wikipedia参照

世界一高い場所(山)であるエベレスト!

小さい頃から高い場所が好きだっただけに、

この頂きに立ってやるっ!!!って、

今も昔もまったく思ったことはありません。

なんたってリスクしかありませんからね!

トータルで1ヶ月以上かかるし、お金も数百万しますからね!

山は拝むものです(個人的な意見です。)

そんなわけで、私たちはエベレストを拝める(標高5550m)まで行く、通称エベレスト街道トレッキングをしてきましたので、

体験した諸々をシェアしたいと思います。

1、トレッキングルート

カトマンズからファプルという街までジープで向かい、帰りも同じくジープに乗りました。(※旅の中でもトップクラスの酷い道、ギュウギュウ詰めの車内だったのでオススメはしません。

フライトでルクラまで飛んで行くのが一般的です。(片道180ドル前後なはずです。)

私達が歩いたルートは以下の通りです。

1日目 ファプル「Phaplu」 2650m(Byジープ)

2日目 ヌンタラ「Nunthara」 2350m

3日目 ブプサ「Bupsa」 2300m

4日目 スルケ「Surke」 2290m

5日目 モンジョ「Monjo」2835m

6日目 ナムチェバザール「Namche Bazaar」 3440m

7日目 ナムチェバザール(高度順応)

8日目 タンボチェ「Tengboche」 3867m

9日目 ディンボチェ「Dingboche」 4349m

10日目 ディンボチェ(高度順応)

11日目 ピラミッド「Piramide」 5050m

12日目 ゴラクシェプ「Gorak Shep」 5140m

13日目 ゴラクシェプカラパタール「Kala Pathar」登頂5550m)

14日目 ゾンラ「Zonglha」 4830m

チョラパス「Cho La Pass」越え 5450m

15日目 タラナク「Dragnag」 4690m

16日目 ゴーキョ「Gokyo」4750m(ゴーキョリ「Gokyo Ri」登頂5360m)

17日目 ドーレ「Dole」 4050m

18日目 ナムチェバザール「Namche Bazaar」3440m

19日目 チェプルン 「Chapleng」 2660m

20日目 プイヤ「Puiya」 2780m

21日目 ヌンタラ「Nungthara」 2350m

22日目 ファプル「phaplu」 2650m

23日目 カトマンズ「Katmandu」(byジープ)

2、準備(装備)

準備編(トレッキング準備)でも書きましたが、

私たちが実際に持って行った装備は次の通りです。

今回カトマンズで購入したものは赤字

【衣類】

・靴下

厚手の靴下(150ルピー)

Tシャツ(400ルピー)

・長袖のTシャツ(モンベル)

フリースジャケット(750ルピー)

・軽量ダウンジャケット(ユニクロ)

ダウンパンツ(2500ルピー)

・タイツ(ユニクロ)

・長ズボン(山と道)

・レインウェア上下(モンベル)

・薄手の手袋

厚手の手袋(350ルピー)

・ニットキャップ

・バフ

【装備品】

・バックパック(55ℓと35ℓ)

・寝袋(0度までの対応。モンベル)

水筒(350ルピー)

(750ルピー)

地図(250ルピー)

・バーナー

・鍋

ガス(500ルピー)

・ヘッドライト

・ニベア

・リップクリーム

・サングラス

・洗面用具

・充電器&バッテリー

・水浄化タブレット

【カトマンズで買って、持っていって良かったもの】

ラーメン

お菓子(行動食)

体拭きシート

トイレットペーパー

山の中でも買う事が出来るけど、値段が高いのでこれらの物を持って行きました。

【山の中ナムチェ・バザールで購入したもの】

・ラーメン

・お菓子(行動食)

・トイレットペーパー

・ガス

・水浄化タブレット

夏用の寝袋しか持っていなかったので、ダウンパンツを買って山小屋にいる時は常時履いていました。山小屋は室内でもすごく寒かったので買っておいて正解でした!

トレッキング中に馬やヤクによる荷揚げ隊とすれ違うことが多く、砂ぼこりが酷いのでバフと呼ばれる筒状の薄手のネックウォーマーかマスクがあると良いです。

重量は55ℓザックが約14kg。35ℓザックが約7kg。

3、1日の流れ

トレッキング中のおおまかな1日の流れはこんな感じです。

7:00  起床(着替え、荷物を整理)

7:30  ごはん

8:00〜 トレッキング出発

8:30

10:00  休憩

12:00  お昼休憩

15:30  目的地到着(宿探し)

16:00  身体の手入れ、寝床の準備

17:00  夕食の注文(薪ストーブが焚かれる)

身体を温める&水分補給でティータイム

18:00  夕食(暖かいダイニングで過ごす)

20:00  翌日の朝食を時間指定して注文

部屋に帰り日記を書くか読書

21:00  就寝

かなり規則正しい生活をしていますwww

食事もほとんどベジタブル料理なので健康になるはず!

4、費用

私たちは交通費を削ってフライトを使わず陸路移動したのと、

昼食はラーメンを作って自炊していたので、通常よりも節約しているため参考までに。

【入場料】

サガルマータ国立公園 2000×2=4000ルピー

トレッキング許可証 3000×2=6000ルピー

【交通費】

カトマンズ〜ファプル ジープ 片道1600×4=6400ルピー

ファプル〜タクシンドー ジープ 片道500×4=2000ルピー

【宿泊費】

1、ファプル 「Kirat hotel」 ツイン200ルピー

2、ヌンタラ 「Shangrila lodge」 ツイン200ルピー

3、ブプサ 「Everest guest house」 ツイン200ルピー

4、スルケ 「Namaste lodge」 ツイン200ルピー

5、モンジョ 「Mount kailsh lodge」 ツイン200ルピー

6、ナムチェバザール 「Friendship guesthouse」 ツイン200ルピー

7、ナムチェバザール 「Friendship guesthouse」 ツイン200ルピー

8、タンボチェ 「Hotel himalayan」 ツイン200ルピー

9、ディンボチェ 「Green tara guesthouse」 ツイン500ルピー

10、ディンボチェ 「Green tara guesthouse」 ツイン500ルピー

11、ピラミッド 「8000inn」 1人4500×2=9000ルピー

12、ゴラクシェプ 「Himalaya lodge」 700ルピー

13、ゴラクシェプ 「Himalaya lodge」 700ルピー

14、ゾンラ 「Hotel green valley」 ツイン200ルピー

15、タラナク 「Tashu delek lodge」 ツイン200ルピー

16、ゴーキョ 「Cho-You view lodge」 無料

17、ドーレ 「Namaste lodge」 ツイン200ルピー

18、ナムチェバザール 「Everest burger and steak」 200ルピー

19、チェプルン 「クンビラguesthouse」 ツイン100ルピー

20、プイヤ 「Himalayan sherpa lodge」 ツイン200ルピー

21、ヌンタラ 「Shangrila guesthouse」 ツイン200ルピー

22、ファプル 「Number guesthouse」 ツイン450ルピー

【食費、雑費】

48,500ルピー

カトマンズからの往復交通費、入場料など全て込み

2人で81,650ルピー(81,650円)でした。

山小屋は朝夕食を宿で食べるなら、無料〜700ルピーで泊まることが出来、

ご飯もダルバートが400〜700ルピーほど。

1日だいたい1500〜2500ルピーしか使いませんでした。

山の中にいた方が安上がりなんじゃないかなぁ!?

※山の中は電気が貴重なのでホットシャワー、充電、Wi-Fiなどを利用すると宿によっては追加料金がかかります。

私たちが歩いた12月は寒すぎました。雪が降ったり、ベッド脇に置いておいた水が凍っていたり、布団2枚と寝袋でも足先が冷えて眠れなかったり、、、

シーズンは大事です。

おしまい。

((2018.12.2 現在 1ネパール・ルピー=1円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

ランキング上位を目指しています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>

にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

☆FROM てつ☆

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    う~ん、やっぱり変た・・・ゲフンゲフン 鉄人目指してますねぇ~(笑)
    大変お疲れ様でした。 ご無事で帰還されて何よりです♪
    エベレストに登頂するなんて、下手すれば他の登山者への道標(墓標)となりかねませんから、行きたくないなぁ~(笑) どこでもドアが有れば良いけど!
    でも頑張ったから、下界での有り難さが実感できたのかなぁ~?

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます☆
      これでまた【鉄人】に一歩近づけました\(^o^)/\(^o^)/(笑)
      「山は見るもの」だと思ってるので、エベレストを拝める場所が一番♪
      お金持ちブンタカさんは、飛行機でエベレストを観に行くマウンテンフライトがいいんじゃないでしょうか?!( *´艸`)
      下界のありがたみは半端ないです!!
      すべてのものに感謝しなきゃ!
      FROM はな