【エベレスト街道トレッキング17〜18日目】登りはツラいが、下りもツラい。(ゴーキョ→ドーレ→ナムチェ)

サラーム(ペルシア語:こんにちは)、てつです!

リアルタイムは、71カ国目イラン

なんと私たち、料理に挑戦してみました。

イランでは普通に食べられてるようですが、

スープは独特の臭みでNG。

を食べてみたけど、、、うぅ〜〜〜ん、、、×

うんメェ〜ものは他にもいっぱいあるはずや!

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

皆さんのクリックで、ランキング上位に上がり、より皆さんの目に留まるブログになっていきます!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓

にほんブログ村

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.12.23

【エベレスト街道トレッキング17日目】

ゴーキョ(Gokyo)4790m→ドーレ(Dhole)4050m(5h45m)

昨日のゴーキョ・ピーク(登山したブログはこちら)から帰って来てから、どうも喉の調子が悪く、咳とイガイガで寝つきが悪かった(´・ε・̥ˋ๑)

最近ぐっすり眠った記憶が無い、、、

うおぉぉぉぉぉお!

「早く下山して美味しいものを食べて、あったかいシャワー浴びて、ふっかふかの布団でぬくぬく寝た〜い。」

↑↑普通の下界での生活が今はとっても恋しいです↑↑

いつも通り7時に起床。

綺麗な窓霜が降りてました。寒いっ

窓を開けるとすぐそこには絶景!

湖が氷っていなければ、、、(´・ε・̥ˋ๑)

朝食のために7時半くらいに食堂に行ってみると、

「あれっ?誰もいない。」

ウチら二人しか泊まってないから、そこは問題じゃ無いんだけど。

7時半に朝食をお願いしていたんだけど、キッチンに人影は無く、、、

おっちゃんの部屋分からないし、叫ぶしかないか!

「おっちゃ〜ん。どこにいるんや〜い?」

すると、

「ガタガタ、、、ガタ。。。ゴトゴト。。。」

まさかのカウンター裏の椅子の上に横になって寝ていました。布団もかけずに、、、

室内でも氷点下になるこんな所で、、、

空いてる部屋は腐るほど、布団だって山ほどあろうに、、、

謎は深まるばかりですが、

ウチら二人の為に朝からヤクの糞ストーブをつけてくれました!

↑↑コレかなり重要↑↑

木なんて生えてないこの世界では、ヤクの糞を2週間くらい乾燥させたモノを火種に使っているんだけど、

夕方から夜にかけてストーブを焚いてくれる事は多々あり、当たり前のように感じ始めていた不届き者の私達ですが、

やっぱりね資源には限りがあり、朝からストーブが炊かれていたのはこれまでに1、2回。

私たちの為だけにって考えるとすご〜くありがたすぎる!!!

ご飯もすぐに作ってくれた。

フライドライス

シェルパシチュー

とっても快適だったから連泊しても良さそうだったけど、

湖が氷っていて絶景拝めないし、何よりも気持ちは限りなく下山に傾いていたこともあり、標高5000mの世界からさよならすることに。

9時に出発。

氷った湖。

エメラルドグリーンの湖が見たかったよう。

寒中水泳はいけません。

夏でも泳いじゃダメみたいです。

ほぼ無風で天気が良すぎ!

と〜くに見える雪山チョ・オユー8200m

こんな世界ともお別れです。

あ〜、早く下界に戻りたい!!!

道のりは登りがほとんど無くて歩きやすく、

写真を撮りながらゆっくり進む。

渓谷(谷間)を進む道で、今までとは違った景色を拝めて楽しい

12時にマッチェルモという街に到着。思っていたより時間がかかったなぁ。

お昼休憩をしていたら馬が寄ってきました。

放し飼いにされているみたいだけどおとなしくて可愛い!

なでなでしてたら、ゆっくり歩きだして家へと帰って行きました。

と思ったら、今度は犬が猛スピードでこっちに走ってきた!

噛みつかれるんじゃ無いかってくらいの形相だったけど、

なぜか私たちを先導し始めて、わんわんガイドをしてくれるみたい

ここからかなり歩きやすい道のりになってサクサク進んで行けた。

犬もず〜っと前を歩いてくれて、先に行きすぎると座って待っている賢さ。

何もあげるもの無いけど大丈夫かな?

最後に高額のガイド料を請求されないかヒヤヒヤものです。

最後の街へと降りる激下りをへて、

14時45分にドーレに到着。

宿探しで2、3件まわってみて

ご飯が安く、綺麗そうな宿をチョイス!

宿の前まで、、、

中までわんわんガイドが入ってきたけど、閉めだしたらどこかに行ってしまった。

数時間のガイド(勝手に付いてきただけ)だったけどありがとう!

あとから、顔見知りの中国人グループもここの宿にやって来たのでちょっと嬉しい。

ピラミッドから同じ行程で進んできて、たまに同じ宿になったりして気分は苦楽を共にした戦友!!!

サンセットの時間になってモヤが出てきた

冷えてきたけど、薪ストーブをガンガン焚いてくれてホッカホカ!

夜ご飯は定番のベジフライドライス

ベジダルバート

お姉さんが1人で切り盛りしてるんだけど、ご飯が美味しい!!!

山小屋にしてはクオリティが高かった。

2018.12.24

【エベレスト街道トレッキング18日目】

ドーレ(Dhole)4050m→ナムチェ・バザール(Namche Bazaar)3440m(5h15m)

夜になると咳が止まらなくなり、全然寝付けなかった。

いつも通りの7時に起床。

ご飯を食べて8時半に出発。

やっぱり女性が作るご飯は美味しい!!!

今日も天気良好で暑いくらい。

少し歩くと氷った滝が

下りだからスイスイ行けるなぁって思ってたら

まさかの登り返しがあってキツすぎ!

ぜ〜んぜん前に進まない(´;Д;`)

登りが嫌で、巻き道を行ってみたけど

途中で道がなくなって、結局戻る羽目に、、、

さらに登りが永遠と続く、

300mくらい登って、やっと頂上に到着。

そこで待っていたのは

とっても癒されるかわいい猫たちがお出迎え。

ここから下り基調な道を歩いて行きます。

途中ではなさんが足底の痛みを訴えだした。

下りが多くなって足のダメージも増大したみたい

目的地のナムチェまで行くのは厳しいかもと、、、

距離にしてあと5km

1時間半くらいの道のりか、、、

荷物を持ってあげて出来る限りのサポートをしてもう少し進むことに。

結構下りがキツイ場所もあったけど歩き通して、

往路で歩いたことがある道まで下ってきました

ここからは気持ちもラクになったのか、

歩きやすい道だったことも手伝って、問題なく歩くことが出来た。

空気が澄んでいるので遠くまで見渡せて気持ちがいい。

これから登って行く人達と何人もすれ違った。

初日の出をカラパタールで見ようとする団体なのかな?

結構バテバテになりながら、

なんとかナムチェに帰ってくることが出来た!

宿は前回と同じA.Dフレンドシップ!

のはずが、

「えっ!?し、し、し、閉まってるんですけど!?!?!?」

奥にある宿の人が手招きしてるので行って話をしてみると、

ここはフレンドシップオーナーのアン・ドルジさんの実家で、アン・ドルジさん家族はカトマンズにある家に帰ってしまったとのこと。借りていたチェーンスパイクはここに返却でOKらしい。

他の宿のあてなどなく、探してさまようのも疲れていて大変なので、

とりあえず腹ごしらえに前回ランチをしたレストランに行ってみる。

2Fのお店

なんかちょっとリニューアルしたっぽい。

あれ、メニューが新しくなってる、、、

あれれ、値段も高くなってるんですけど!?!?!?

「ドユコト?」

ちょっと手が出しづらい値段になってしまったので交渉してみることに!

「あの10日前くらいにこの店で食べたんですけど、値段が変わってしまったみたいで、前回と同じ値段でオーダーすることはできますか??」

って聞いてみたら、

あっさりOKでした!

「周りの人には言わないでね!スペシャルプライスよ!!」

とのこと。

値段が急に変わるなんて末恐ろしい。

とりあえず、レモンティーで乾杯!

肉を欲していたのと、

今日は「クリスマス」なので豪勢に!!!

チキンシズラー750ルピー(750円)

そして、ここの上に宿があって移動も面倒になってしまったのでついでに泊まっちゃいます。

ここの宿には猫が2匹いて、

膝の上で寝ようとするホスピタリティ!

こちらの宿には暖房設備がなくて寒く、

ニャンコの温もりがとってもありがたいっす!

でもね、ちょっとあなた達、、、臭うんですよ(苦笑)

ねこくささがすごいんですよっ。。。

夜もね部屋に入ってきて添い寝しようとしてきたけど、追い出してやりましたよ。

にも関わらず、強引に布団に入ろうとする不届きもの

摘み出してやりました。

下山になって気持ちはラクになったけど、身体のダメージは結構あって、、、

果たしてあと何日で下界に行けるのか!?

おしまい。

((2018.12.2 現在 1ネパール・ルピー=1円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

ランキング上位を目指しています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>

にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

☆FROM てつ☆

【宿情報】

ドーレの宿:「Namaste Lodge」

値段:ツインルーム。300ルピー

その他:女性1人で切り盛りする宿。お姉さんが作るご飯がどれも美味しい。

オススメ度:★★★★☆ 星4つ

ナムチェの宿:「Everest Burger and Steak House」

値段:ツインルーム。300ルピー

その他:部屋が狭いがWi-Fi、充電が無料。猫が遊びに来る。

オススメ度:★★★☆☆ 星3つ

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    やっぱ山道は下りと思っても、途中で登りになったりしますよねぇ~?
    優しいTETSUさん、お疲れ様です。HANAさん、頑張ったねぇ~♪ ( ^_^)\(^-^ ) ヨシヨシ
    ご飯もお宿も確保できて、良かったです。
    文明世界まで、後どれくらいかなぁ~?

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます♫
      登り続きの中、途中で下り坂だとすごく嬉しいんですが、その逆だとガッカリしますよね(´・ω・`)
      でも、今回に限っては下り続きで足が悲鳴を上げてたので、登りの方がよかった、、、かも?!
      From はな