【エベレスト街道トレッキング11〜12日目】標高5000mにあるオアシス(ディンボチェ→ピラミッド→ゴラクシェプ)

ナマステ(ヒンディー語:こんにちは)、てつです!

リアルタイムは、インド☆

あっという間の滞在期間1ヶ月が過ぎ、

とうとうインドを旅立つ日がきてしまいました。

お次はハナが1番行きたがっていた国イラン!

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

皆さんのクリックで、ランキング上位に上がり、より皆さんの目に留まるブログになっていきます!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓

にほんブログ村

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.12.17

【エベレスト街道トレッキング11日目】

ディンボチェ(Dingdoche)4349m→ピラミッド(Piramide)5050m

6時40分に起床。

夜中は寒くて寝つきが悪く、何回も起きてしまった。

でも、高山病の症状は出なかったのでひと安心です!

ご飯を食べて8時に出発!

あいにくの曇り空で、太陽が出ないと本当に極寒。

遠くまで見渡せるだだっ広い平原みたいな場所を歩いて行きます。

登りってほどの山登りは無く、ハイキング感覚の道のり

山に囲まれているけど稜線を歩くので景色は抜群!

1時間半くらい歩いたら氷った川が見えてきました。

とくに危ない箇所もなく川の上を渡りきると

トゥクラに到着。

とうとう標高4620m

ここまで2時間の道のり

かわいいワンちゃんがお出迎え!

ここから登りが続きますが、

晴れ間が望めてきたのでテンションは上がってきました!

見えている山々は標高6000m超え!!

景色が良過ぎてさらにテンションが上がっちゃいます!!!

30分くらいあとに出発したダイスケくんもここで合流

途中で道に迷い、コースロストしたにも関わらず追いつかれてしまいました(笑)

荷揚げ隊のヤクさん達

ナムチェで見たヤクとは全然違います!

毛が長くてフッサフサ

ヤクの毛で作ったニットとかあったかそうです

身体つきもどっしりしていて貫禄がスゴイ。

登りきると、お墓らしき墓標が何個かたっていました。

エベレストで亡くなられた方達だと思います。

標高8000m以上には現在も収容されていない(収容できない)遺体が200体以上あるらしいです。

エベレスト、、、

怖過ぎますね。。。

私たちは拝むだけで十分です。

大体の登山者が泊まるであろう街ロブチェを通り越し、

少し進むと看板が見えてきました

看板の案内に沿って進んで行くと、

見えてきました!

三角屋根のピラミッド!!

標高5050m。

やっと、やっと着きました!

この1週間は、ここを目指してトレッキングしていたと言っても過言ではないくらい心の支えとなっていた場所。

と、言うのも

遡ること1週間前、登山中に出会った大学生から(その時のブログはこちら

「ロブチェから15分歩いたピラミッドという場所に、Wi-Fiがサクサク、ホットシャワーが浴びれる、充電し放題、ドリンク飲み放題、ご飯もお腹いっぱい食べれて、断熱材がしっかりしてるから寒くない宿が3000ルピー(3000円で泊まれる」

そんな夢のような場所があるとの情報を聞いてから、

もう頭の中はもうピラミッドでいっぱいになり、いつしか「エベレストを拝む」から「ピラミッドで快適に過ごす」にシフトしていたくらい楽しみにしていた場所。

さっそく中に入って見ます。

今までの山小屋と違って室内は寒くない!(あったかい訳ではありません。)

登山者のグループが何組か泊まっているようですね〜

ここに辿り着くまで知らなかったけど、

ちゃんとした宿として運営しているようです。

その名も「8000 INN」

そして、驚愕の事実が私達を襲うのでした!

なんと、

聞いていた値段の3000ルピー(3000円)ではなく、

4500ルピー(4500円)だったのです!

値上げしたのか!?

はたまた聞き間違えたのか?

日本にいたら、それくらいいいじゃん!となって、屁のカッパな値段ですが(今考えても大したことない値段ですが)

これまでの山小屋が高くても500ルピーで、ご飯も最高でも700ルピーあれば食べれていたから感覚的にもの凄く高く感じてしまったわけで、、、

どうしようか迷ったけど、近くに宿は無いし

ここを目指して歩いてきたから、気持ちも切れてしまっている事もあって

少々値段は高かったけど泊まることにしました。

料金表はこんな感じ。

45ドル表記だけど割り引いてくれたみたい。

部屋にコンセントが付いていて、マットレスもフカフカで快適

ドリンクは何を頼んでも飲み放題

標高が上がると、1リットルのお湯が400ルピーもする世界で

飲み放題はとってもありがたく、ホットチョコレートを何回も、、、

いや、何十回もお代わりしました。

そして、待ちに待ったシャワー

11日ぶりに頭を洗います!

こんなに洗わなかったのは初めてで、なんか知らんけどペタペタだし、頭はかゆいし、髪の毛は抜けるし、、、

本当に、切実に求めていたアッツアツのシャワー!!

全部服を脱いで、お湯を出すと、、、

水しか出ません。。。

え、!?

さっきまではながアッツアツのシャワーを浴びていたのに、

なぜ?

なんの仕打ちですか?

悔しすぎて、

止めたり出したりを5分くらい粘ってたらアッツアツのお湯が出てきました。

フゥゥゥ。

良かった〜。

大量の抜け毛で排水溝が詰まるんじゃないかと焦ったのはここだけの話です。

芯から温まったら、お腹も満たします!

トレッキング中に、お肉なんて高くて食べれてなかったけど、

メニューに書いてあるものなら何を頼んでもいいとの事だったんで、チキンピザを注文。

フライドポテトとラーメン

チキンダルバート

三人でシェアしてプチパーティー!

お肉も食べれて、

標高5000mでのクオリティーにしてはかなりいいのでは!!!

苦しくなるくらいお腹を満たし、フッカフカのベッドで快適に眠りにつくのでした。

余談ですがWi-Fiがサクサクとの情報だったけど、残念ながら少し調べものするくらいしか使えずでした。

残念(´;Д;`)

2018.12.18

【エベレスト街道トレッキング12日目】

ピラミッド(Piramide)5050m→ゴラクシェプ(Gorak Shep)5165m

昨日の夜から降り続いた雪が、朝になっても降り続いていて止む気配がありません。

外を眺めていると雪で真っ白なヤク達が集まってきていました。

すぐには出発できそうもないので、ゆっくり朝ごはんをいただきます。

私たちの朝ごはんの定番になりつつあるフライドライス!

今日は豪勢にチキン入りを注文

スパゲッティーボロネーゼ

う〜ん。

これは注文してちょっと失敗した感じの味。

味がしなかったって言ったほうが正しいかも。

朝ごはんを食べ終えても雪が止まず、

ほかのグループも出発を躊躇している感じ、

さてさて、どうしたものか

ラッセルしてまで行くのか、もう一泊するか!?

安ければ泊まるのも有りだけど、ここは驚愕のお値段だから悩む、、、

とりあえずチェックアウトを済ませ、リビングに滞在していても良いか聞いてみると、

「もちろんOKだし、ティーを飲んでもいいよ〜」との事だったので、ホットチョコレートを迷わずオーダー!

11時近くまでダラダラと過ごしていたけどまだ降り続いてる。

どうしたものかと悩んでいたら、

オーナーから

「今、ゴラクシェプの宿【ヒマラヤロッジ】のスタッフが遊びにきていて、これから宿に帰るけど泊まるなら荷物を持って行ってあげるよ。と言っているよ」と話しかけてきたので、

二つ返事でお願いし、

バックを持ってもらい、雪の中を歩く決断をしたのでした。

ダイスケくんと私たちのバックを持って先に行ってしまったスタッフ

雪の中を歩くのは大変かと思ったけど、踏み跡がしっかりしていて普通にサクサク歩けた。

でも、靴はメッシュ素材だから指先は冷えてきた

1時間くらい歩くと岩がゴロゴロした上りになってきた

雪で滑るし、歩きづらいし、標高5000m越えて息苦しいし足が前に出なくなってきた

休憩スポットではほぼ毎回休憩

荷物を持って行ってもらって普段より楽チン登山なはずなのに、まったくもって先に進めない

雪は止んで少しは歩きやすくなったけど、上りはカメさん並みにゆっくり

途中で綺麗な氷河が顔を出していた

青いトンネルの様になっていたけど、普段は砂が剥き出しでここまで綺麗ではないみたい

雪の功名ってやつですかね

やっとやっとゴーラクシェプに到着!

めちゃめちゃ綺麗な景色

標高も5165mまで登ってきました

荷物を持ってもらったし、泊まるのはもちろん「ヒマラヤロッジ」

部屋にカーテンが無くてすでに極寒なんですけど、、、

映画「神々の山頂」の撮影で使われた宿なのかな?

外はさっきまでの天候が嘘の様に晴れだしてきた

さて、明日はどちらに行こうかな?

夕方から急激に天候が変わり外は霧に覆われ真っ白。

サンセットはまったく拝めない天候でした。

ゴラクシェプまで来たのはいいけど、

はなの体調が思わしく無くて、腹痛や寒さ、高山病のせいで既に下山したいと気持ちも弱気。

体調次第では明日下山も有りうるか?

天気が回復して、体調も順応するといいなぁ。

おしまい。

((2018.12.2 現在 1ネパール・ルピー=1円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

ランキング上位を目指しています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>

にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

☆FROM てつ☆

宿情報

『8000 INN』

値段:一人4500ルピー(4500円)

Wi-Fi:あり。

充電:あり。

ホットシャワー:あり。太陽光の為、前日に晴れていないと使えないかも。

その他:夕食、朝食付き。ドリンク飲み放題。

断熱材がしっかりしているのでそこまで寒くない。

今までの山小屋に比べてとても値段が高いけど、標高5000mで全てが付いていると思うと快適だし泊まって良かった。

オススメ度:★★★★☆ 星4つ

『ヒマラヤロッジ』

値段:ダブルルーム700ルピー(700円)

Wi-Fi:なし。

充電:ダイニングにあり。(有料)

ホットシャワー:なし。

その他:すべての値段が高い。部屋にカーテンが無く寒すぎる。

オススメ度:★★★☆☆ 星3つ

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    ピラミッド宿、値上げはやめてぇ~!
    TETSUさん、あやうく極寒で水シャワー浴びるところでしたねぇ?
    でも食事は美味しく沢山食べられて、ドリンク飲み放題は嬉しいですね♪
    次の日も荷物を持って行って貰ったけど、やっぱり酸素が薄いと、なかなか体が動きませんねぇ・・・ でも野宿なんて出来ないし(T_T)
    無事?たどり着けて良かった。

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます!

      Tetsuからシャワーが冷たかったって聞いたときは、私が温かい湯をすべて使い切っちゃったかと思いました(@_@;)
      …久しぶりのホットシャワーにゆっくり心ゆくまで浴びたのはここだけの秘密です(笑)

      水が凍るほどの極寒の地で限りある資源の中、ホットドリンクが飲み放題なのはすごくすごく幸せでした(*^^*)
      しかも、高山病予防の一つに水分を十分に摂ることが推奨されてるので、ここぞとばかりにいただきました♫
      From はな