ベトナムの鳥取砂漠?ムイネー唯一の観光・砂漠ツアー

ナマステ~(ヒンディー語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第10ヶ国目インド・バラナシ☆

インドは只今絶賛雨季。

雨が降ればすぐに冠水してしまう道路。

私たちがバラナシに到着する前日に、道路が陥没したそうで道路が封鎖(;゚Д゚)

さすがインド!!!!

昨日見に行ったら、陥没した大きな穴は塞がれて道路も開通してました。

次はいつ陥没するのやら。。。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

2017.6.14

さて、ブログはベトナム・ムイネーのお話。

極上の天国宿(ブログはこちらっ)でのんびりする3日間も捨てがたかったけど、ムイネー唯一の観光?砂漠ツアーに行くことに!

私たちが宿泊した「ムイ ネー ヒルズ」でサンライズツアーサンセットツアーがあり、サンライズツアーを予約。90000ドン(約450円)

前日早々に寝て、朝4時にロビーに向かうと、

まさかの土砂降り!!!!!!!!!!!!!!

さすが雨季ー( ;∀;)

この時期の東南アジアは日本の梅雨と違って、スコールが来たり雨がやんだりの繰り返し。

これじゃあサンライズどころかツアー開催も怪しい(;゚Д゚)

案の定、一緒のツアー客は諦めて早々にサンセットツアーに予約変更してて、ビショビショな砂漠なんて見たくないし(笑)、私たちもサンセットツアーに変更することに。

サンセットツアー開始の13時に宿を出発する時には、晴天!!幸先良好ー♪

宿のマイクロバスに乗り込み、まず最初に着いたのは、妖精の渓流と呼ばれる「フェアリーストリーム(Fairy Stream)」

満開のブーゲンビリア。ピンク色が鮮やかできれい!!!

青空に映えていい感じ♪

まず、靴を脱いで、入場料5000ドン(約25円)の支払い。

裸足で浅瀬を歩きます。

石灰石でつくられた渓流なんだって。

もし今朝の大雨の中ツアーに参加してたら、増水して危険だったかも。

場所によっては、足首くらいまで水に浸かる程度の水量。

長ズボンだったら裾が濡れるから、半パンとか短めのもののほうが楽ちん。

途中の丘を登ったり。

浅瀬を進み続けると滝もあるらしいけど、集合時間を聞きそびれて引き返しちゃった(>_<)

まだまだ集合時間があったようでバス乗り場で20分以上待ちぼうけ~( ;∀;)

ツアー参加してるときは、ドライバーやガイドが言ったことはちゃんと聞いておきましょう(´・ω・`)

次に向かったのが、「白砂漠(ホワイトサジューン)」

どこまでもどこまでも続く砂漠。

白砂漠っていうから、どこまで白いか楽しみだったけど、写真で見るのと同じような砂漠色(^^;

アメリカのホワイトサンズに行ったことある人にはあまり白いと思えないかも。。。

砂丘の上は人の足跡とバギーやジープの足跡。

丘の上に上がると、風が吹き抜けて、、、

痛ってぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

半袖半パンの体に砂が刺さるーーーーーーーーーー( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

小休憩で海へ。

ゴミだらけの汚い海辺で遊ぶこどもたち。

そこで海産物が売られていて、同じツアーの欧米人は伊勢海老を購入してバスの出発時間がもうすぐだったから

「5分で調理して!!」

とお願いして、調理してもらった伊勢海老を持ってそのままバスに乗り込んだら、、、

バス内がとーーーーーーーーーってもいい匂いに♡(笑)

食べたかったーーーー(ノД`)・゜・。

海にいる動物といえば、ペンギン!!(・∀・)

エロ目のペンギンとサングラスをかけたペンギン?も焼きたてのおいしい伊勢海老を待ってるペ~ン♪

最後に、サンセットポイントの「赤砂漠(レッドサジューン)」

白砂漠と違って、人だらけ。

砂漠のよさが、、、( ;∀;)

凧揚げを楽しんでいる人がいたり、

サンドボード(ただの板)を楽しんでいたり。

おばちゃんがしりきに「サンドボードやらないか?」と声かけてくるけど、あとでチップ要求されます(^^;

右端に写ってるおばちゃんはお客さんを待ってるところ(笑)

ベトナムの売り子さん。

地元の子供たち。「写真撮ってー」と寄ってきた(*´ω`*)

弟くん?は一番後ろにいる3番目の子に目隠しされちゃった(笑)

(注)手がやたらあるけど、心霊写真じゃないよ(笑)3番目の子は隠れちゃっただけ(^▽^;)

サンセットツアーだったので、肝心なサンセットは、、、

ドライバーが早く帰りたいからか?サンセットツアーなのにサンセット前に出発して、残念すぎた( ;∀;)

翌日、オープンバスに乗って次なる場所へ~☆

ではっ♪

☆FROMはな☆

((2017.6.11現在 1000ドン=4.9円≒5円計算))

ブログ村に参加しています!

1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村

ダンニャバード(ヒンディー語:ありがとう)

宿の予約はこちらからお願いします。
 



Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク