【エベレスト街道トレッキング4〜5日目】元気の源(ブプサ→スルケ→モンジョ)

ナマステ(ヒンディー語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、インド☆

夫婦旅2度目のインド旅ももう終盤に近付いてきて、北上しています。

北インドは、南インドに比べて人のウザさから気候まで何から何まで違います。

南から北へと通しで過ごしているからこその発見があって面白いです(●´ω`●)

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

皆さんのクリックで、ランキング上位に上がり、より皆さんの目に留まるブログになっていきます!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓

にほんブログ村

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.12.10

【エベレスト街道トレッキング4日目】

ブプサ(Bupsa)→スルケ(Surke)

朝7時半

トレッキング生活が始まって初めて早く起きれました\(^o^)/\(^o^)/

(注:カトマンズからの移動日は除く)

トレッキング中はインターネットや娯楽がないから、夜は本を読んだり日記を書いたりして、21~22時ごろ就寝。

夜明け前に起きちゃって、二度寝、三度寝を繰り返して寝坊することが多かったけど、少しずつこの生活に慣れてきたみたいです。

今日の朝食は、ベジタブルスープ250ルピー(250円)とパンケーキ250ルピー(250円)

節約のためなるべく安いメニューをチョイスしてるんだけど、スープがインスタントだったのがちょっと残念だったなぁ。。。(´・ω・`)

朝8時、宿を出発!

この時間に出発できたのも初めてです\(^o^)/\(^o^)/

それでも、昨晩3組宿泊していた中、私たちが一番ラストでしたが。。。

昨日は脚が思うように前に進まず心も身体も疲れきったけど、一晩しっかり休んだおかげでまた動くようになった。

「今日からまた心を入れ替えて頑張って歩こう!」って思えた。

お腹の調子は未だ良くなりませんが。。。(ToT)

お寺の横を歩いた時、5色の旗、タルチョがたくさんなびいていました。

このタルチョは、チベットの五色の祈祷旗で、経文が書かれている場合は風になびくたびに読経したことになるそう。

カラフルで見つけるたびに元気がもらえる気がします(*´ω`)

さて、エベレスト街道を歩くトレッカー(トレッキングする人)のほとんどはカトマンズから飛行機でルクラ(Lukla)に飛びます。

私たちは、節約と時間があるため、カトマンズからすべて陸路でタクシンドまでジープに乗り、そこからトレッキングを始めました。

ルクラより下は、トレッキングシーズンも終わりかけていることもあって、1日に2、3組のトレッカーにすれ違う程度でした。

そんな中、

「日本の方ですか?」

下向きながら歩いてたから、すれ違いざまに話しかけられびっくりした!

カトマンズでは日本人宿に泊まっていたこともあって、何人もの日本人に会ってきたけど、こんなトレッカーがほとんど歩いてない場所で日本人に出会えるなんて!!!

この出会った日本人は、大学を休学中の男性。

エベレスト街道をトレッキングするためにバイトしてお金を貯め、ここまで来たんだそう(゚д゚)!

私たちの目的地の一つ、エベレストを間近で見ることができる山頂カラパタール(Kala Patthar;標高5550m)は、残念ながら強風で登頂できなかったとのことだけど、すごく充実したトレッキングだったみたいで話しぶりから達成感に満ち溢れてて、、、

話を聞いている内に、体力不足で心まで折れてやる気が今ひとつだった私の心に火をつけてくれた気がした。

いろんな話を聞いた後、別れ際に、

「久しぶりに日本人と話せて楽しかったです!」

と言ってくれて、、、( ;∀;)

御礼を言うのはこっちの方ですから!!!!

ありがとう!!

偶然の出会いに感謝!!!

さて、トレッキングルートを歩いていると、川沿いや橋を渡って対岸に歩いたりすることが多くあります。

今日もいつものように、橋を渡って対岸に向かっていると、前方からロバの行列がΣ(゚Д゚)

細い橋をズンズン進んできて、なるべく邪魔しないように端っこに寄ったけど、人一人とロバ一匹が通れるほどの幅はなくて、

「い、い、痛い痛いイタイってばーー!!!」

橋とロバに挟まれ、身動き取れない状態になった。

そんなのお構いなしに歩くロバたち。。。

ロバやヤク(ネパールの高所に住む牛みたいな動物)は、必ずロバ使いやヤク使いの少年や青年が一緒に歩いている。

今回は、前方からロバが歩いてくるのが見えなかったため私たちはそのまま先に橋を渡り始めたから、ロバたちを対岸で待たせてて欲しかったなぁ(´・ω・`)

あと、ルート上でも細い道に加えて谷川は崖っぷちなんてよくあることで、、、

すれ違いざまにふっ飛ばされる危険があるから、

人は必ず谷側ではなく山側ですれ違うようにしてください!!

本当に危険です!!!!!!!

(経験済み)

朝から8時間13kmを、ゆっくり&まったり歩いて、16時に本日の目的地スルケ(Surke)の村に到着!

トレッキング2日目から毎日同じ宿のアメリカ人ツアーも今日はこのスルケに泊まると聞いてたから、またまた同じ宿をチョイス!

彼らはいつも私たちより早く出発して、早く宿に到着しているので、いつも参考にさせていただいてます(ノ´∀`*)

今日の夕ご飯は、ダルバートとフライドライス(チャーハン)!

ダルバートの【ダル】は豆のスープ、【バート】はお米という意味で、それに、カレー味の野菜のおかずがセットになったものが、ネパールの国民食のダルバートです。

このダルバート、どこの宿で食べても、おかわり1回無料なのが嬉しい!!( *´艸`)

食べる場所によって味が全然違うから飽きないのも良いところ☆彡

今回のトレッキングはダイエットも兼ねてるけど、毎日お腹がはち切れる位食べてて、本当に痩せられるんだろうか。。。(;´∀`)

そして、この宿で食べたフライドライスがものすごく絶品でした!!!!(*´Д`)

具は、青菜と人参とニンニクだけというとってもシンプルなのに、お米はパラパラで絶妙な味付けで、、、お箸ならぬ、スプーンが止まりませんでした!

ここの宿を切り盛りしているお姉さんがすごく感じが良かったから、ダメ元で明日の朝ごはんにもフライドライスを注文できないか聞いたら、二つ返事でオッケー!!

宿に併設してるレストランはどこも朝食メニューは別にあってチャパティやパンケーキ、トースト、シリアルなど。

私たちは無類のお米好きで、身体を動かす前は米料理が食べたいけど、山小屋には炊飯器なんてものはなく、圧力鍋で炊いてることが多い。

わざわざ朝食は別メニューにしてるから、お米料理を頼んだら嫌がられるかと思ったけど聞いてみるもんだね♪

その後も、泊まった宿で朝食にお米料理を頼んでも断られることはありませんでした!

※フライドライスは時間がかかるため、前日の内に頼んでおいた方がいいです!!

2018.12.11

【エベレスト街道トレッキング5日目】

スルケ(Surke)→モンジョ(Monjo)

朝7時半起床。

今日の朝ごはんは、フライドライス!!

しかも、昨晩食べてすごく美味しいフライドライスだったからとにかく嬉しかった\(^o^)/\(^o^)/

お腹いっぱい食べて、今日も歩くぞーーー!!

って意気込みたいところだけど、今日のお腹の調子は最高潮に悪い。。

昨晩からずっと痛かったのです。。。

(ただの食べ過ぎ、、、?)

「遊んで、遊んでー!」

と荷造りを邪魔しに来た宿のワンコ。

可愛いワンコに後ろ髪引かれつつ、朝8時出発!

今日は、カトマンズからのフライトが発着し、エベレスト街道を歩くトレッカーのほとんどのスタート地点であるルクラ(Lukla)を通過しました!

一昨日までは、あまりのトレッキングの辛さに心がポッキリ折れて、このルクラからカトマンズに引き返そうかと思ったけど、

(そんなことを思うのはもちろん私だけ)

今は、

まだ進める!

もっと歩きたい!!

と前向きな気持ちになっていた。

(途中の村に建っていたストゥーバ(仏塔))

ルクラを過ぎると、どっとトレッカーが増え、トレッキングルートが賑やかになった。

下山中の50代くらいの日本人グループともすれ違い、楽しそうなしゃべり声が聞こえて

皆様、体力あるなぁ。

私も2週間後の下山中、こんな風に元気にしゃべれるかなぁ。。

って、下山は2週間後なんだよね( ̄▽ ̄)

あまりに遠い未来に感じて、考えるのを辞めることにしましたm(__)m

↑チベット仏教で用いられる仏具で「マニ車」と呼ばれます。

大きいものから小さいものまであり、側面には経文が刻まれていて、手で回転させる分だけ経を唱えるのと同じ功徳があるとされているそうです。

3日間連続同じ宿に泊まっているアメリカ人御一行様は、今日、約10km先のパクディン(Phakding)を目指すと言っていたけど、私たちがパクディンに到着したのは歩き始めて5時間後の13時過ぎ。

カトマンズからのフライトでルクラに到着して歩き始めたトレッカーも初日パクディンに泊まる人が多く、宿は多いし、バーなどの娯楽施設まであって、小さな村ばかり見てきた私たちにとってすごく魅力的に見えたけど、まだ時間が十分にあることや明日の予定を考えてもう少し歩を進めることにしました。

15時モンジョ(Monjo)の村に到着!

次の村は小さそうだったので、今晩はここに泊まることにしました。

村に入る前に、チェックポイントがあり、トレッキングの入場料のお支払い。

一人2000ルピー(2000円)

※パスポートの提示必須。

いつもはトレッカー(アメリカ人グループ)がいる宿をチョイスしていたけど、今日はこのモンジョにトレッカーが誰も泊まっていないんじゃないかと思うほど静か。。。

宿で飼われているワンコが可愛かったのでこの宿をチョイス!

(宿情報は下記)

そしたら、偶然日本人が泊まっててびっくり!!

今日もおしゃべりに花が咲き、元気をもらえました\(^o^)/

やっぱり旅先で日本人に会えると安心します(*´ω`)

そして、明日は、あの世界一周ブロガーに会えるなんて!!!!

続く。

ではっ♪

((2018.12.2 現在 1ネパール・ルピー=1円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

ランキング上位を目指しています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>

にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

☆FROM はな☆

【宿情報】

スルケの宿『Namaste Lodge』

値段:ツインルーム一室200ルピー(200円)

トイレ:共同ネパール式トイレ

その他:フライドライスが絶品。暖房器具なし。

飼い犬、飼い猫が可愛い。外に洗い場あり。

オススメ度:★★★★☆ 星4つ

モンジョの宿『Mount Kailash Lodge & Restaurant』

値段:共同トイレ1室200ルピー(200円)

Wi-Fi:24時間利用500ルピー(利用してないため繋がるか不明)

その他:シャワートイレ付は一室500ルピーとのこと。

大型の宿泊施設。ダイニングルームに暖炉あり。

飼い犬が可愛い。

オススメ度:★★★★☆ 星4つ

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    HANAさん、下〇ダイエットですか?(T_T)
    ミートテックを脱いだら寒いよぉ~?(笑)
    途中日本人とも出会えて、力を貰えてよかったですね♪

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます☆
      ミートテック…素敵な響きですね♡
      トレッキング中はベジタリアン食なので、トレッキング中に読んだら大変なことになってたかもしれません(笑)
      From はな