【エベレスト街道トレッキング2~3日目】早速のワープとポッキリ折れた心(ファプル→ヌンタラ→ブプサ)

ワナッカム(タミル語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、インド☆

今回のインド旅で一番楽しみにしていたハンピに来ています!

噂通りの沈没(長期旅行者が一つの町で何もせず長期間滞在すること)の地で、ただただまったり過ごしています(*´Д`)

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

皆さんのクリックで、ランキング上位に上がり、より皆さんの目に留まるブログになっていきます!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓

にほんブログ村

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.12.8

【エベレスト街道トレッキング2日目】

ファプル(Phaple)→ヌンタラ(Nunthala)

昨晩から突如襲ってきた下●で、ほとんど眠れないまま朝を迎えた2日目。

(初日のブログはこちら)

ぐっすり寝て元気いっぱいなTetsuさんと対象的にグッタリな私Hana。

食欲はなかったけど、

「これからトレッキングするんだもん!何か食べなくちゃ!!」

と意気込み、チャパティを注文。

出てきたのは、私たちが思い描いていたようなインドのチャパティではなく、硬めで乾燥した丸い食べ物。

ハチミツを一緒に持ってきてくれたけど、ただでさえ下●続きで脱水気味だったから、パサパサなチャパティが口の中をさらにカラッカラにしてくれました(>_<)

そんなチャパティと格闘していると、昨日、この宿を紹介してくれたガイドさんが

「今日はどこまで行く予定なの?俺は、これからタクシンド(Taksindu)までジープに乗ってそこから歩く予定だよ。」

「わ、私も乗りたい!!」

お腹の調子が回復しきってなくて、とてもじゃないけどトレッキングできる体調じゃなかったから、楽できるならとタクシンド行きのジープに乗ることに決めた。

早速、ワープ決定!!\(^o^)/

ジープの値段を聞くと「一人1000ルピー(1000ルピー)」と言われ、ちょっと高いなぁと思いつつ、体調には変えられないから渋々乗車し出発を待ってると、ネパール人が次々に乗るわ乗るわ!!

あっという間に昨日のカトマンズからのジープ同様に満席!!!!

(というか、明らかに人数オーバー!)

今日もお隣さんと肩・腕・お尻・太ももが密着した状態で出発です!

でも、満員で出発のおかげで希望通りの500ルピー(500円)で乗ることができました☆

舗装されていない道を走るため、右へ左へ、前へ後ろへ、上へ上へ、、、揺れる揺れる、跳ねる跳ねる。

↑写真は楽しそうだけど、昨日眠れてなかったし車酔いを恐れてこの写真の後すぐに寝ました。

約2時間で15km先のタクシンドに到着!

ジープの中で寝れたので、体調はだいぶ回復していて、次の町まで歩き始めることにしました。

タクシンドからは、緩やかな下り坂を歩いていきます。

下りだから歩きやすいけど、ところどころ岩場が湿っていて滑りそうだから、ゆっくりなペースになってしまった。

タクシンドから歩くこと約2時間、ヌンタラ(Nunthala)到着☆

綺麗な外観に惹かれて、Shangrila Guest Houseに泊まることにしました。

(宿情報は下記)

昨日の停電宿とは打って変わって、夜には電気や暖炉を付けてくれてとても居心地がよかった。

そして、ここでエベレスト街道トレッキングを始めてから、初めて外国人のトレッカー(トレッキングする人)に会えました\(^o^)/

このエベレスト街道トレッキングのシーズンは10~11月と3~4月と言われていて、今は12月。

シーズンが終わりかけて、トレッキング中トレッカーに会わないんじゃないかと心配していたけど、ここで会えて安心しました。

2018.12.9

【エベレスト街道トレッキング3日目】

ヌンタラ(Nunthala)→ブプサ(Bupsa)

ぐっすり寝れて、朝8時半に起きると、昨日いたはずの10人近くのトレッカー達はすでに出発済み!!(゚д゚)!!

完全に出遅れたぁぁぁああああ( ;∀;)

まだこの生活に慣れてません。。。

下●はまだ続いてるけど、食欲はあるしぐっすり眠れて疲れも取れてたから今日は歩けそう!!

朝食を食べて、10時前に出発!

今日の目的地は、11km先のブプサ(Bupsa)という村。

最初は昨日同様、ひたすら下り道。

のどかな風景が広がっていて、歩いていてすごく気持ちがいい!!

ここから先は、道路が作られていなくて車が入れないから、荷物は人力か馬・ロバやヤク(ネパールの高地に住む牛のような動物)、ヘリコプターが運んでいるそう。

(写真:ヤク)

途中の村で出逢った子供たち。

「ナマステ~!」(ネパール語:こんにちは)

と声をかけると笑顔で「ナマステ~」と返してくれた。

笑顔がめちゃめちゃ可愛くて癒されます( *´艸`)

約5kmの下りを過ぎて、ここからは登りで標高差700mを登っていきます!

久しぶりの登りにすぐに息が切れ、脚が思うように動かない(;´Д`)

前を歩くTetsuさんは、そんなのお構いなしでどんどん進んでいく。。。

私の倍以上の重さのザックを背負っているのに、さすがだよ、本当に。

にしても、

どうして私はこんなに脚が動かないんだろう。。。

キツイ。

辛い。。

もう、嫌だ。。。

心がポッキリ折れて、全く楽しめていなかった。。。

(写真:ガス管を運ぶロバたち。)

私はトレッキングが好きなんだよね?

本当にこのトレッキングしたいんだよね??

脚が重くて思うように進めなくて、何度も何度も自問自答繰り返しながら歩き続けた。

ルクラ(Lukla)から飛行機に乗って帰ろうかな。

(この先で飛行機が発着する唯一の村)

いやいや、せっかくエベレストを見に来たから、せめてナムチェバザール(Namche Bazar)までは頑張ろうかな。

(エベレスト街道の拠点の一つで世界最高峰エベレストを拝める村)

そんな自分に甘い考えが頭の中をグルグルかけ巡りながら、17時にやっと本日の目的地ブプサ到着!

目的地に着いてからまずすることは、宿探し!

トレッキング中は、毎日毎日滞在地が変わるため予約などはせず、村に着いてから自分の目で見てその日の宿を決めます。

トレッキングシーズン終わりの12月だと、閉まっている宿もチラホラありました。

今日は、この村で唯一トレッカーがくつろいでいる姿が窓から見えた宿Everest Guest Houseに決めました。

(宿情報は下記)

よくよく宿泊者を見ると、昨日も同じ宿だったツアーグループでした。

彼らはアメリカ人3人にガイドとポーター(荷物持ち)がそれぞれ2人いるグループ。

ポーターのおじさんは、「昔日本語を勉強していたけど、今はもう忘れちゃった」と言いながらたくさん話しかけてくれた。

◎今日の夕飯:ボイルドポテト250ルピー(250円)とダルバート400ルピー(400円)

歩き疲れてトレッキングに対しての気持ちが落ちてたけど、顔見知りができて仲良くなって美味しいご飯を食べて、ちょっと気持ちが回復してきました。

続く。。。

ではっ♪

((2018.12.2 現在 1ネパール・ルピー=1円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

ランキング上位を目指しています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>

にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

☆FROM はな☆

宿情報

ヌンタラの宿:『Shangrila Guest House』

値段:一室200ルピー(200円)シーズン中は400ルピーらしい。

Wi-Fi:あり。無料だったが、繋がらず。

ホットシャワー:なし。

その他:部屋にトイレ、洗面所、コンセントあり。ダイニングに暖炉あり。

オススメ度:★★★★☆ 星4つ

ブプサの宿:『Everest Guest House』

値段:ツインルーム一室200ルピー(200円)

Wi-Fi:なし。

ホットシャワー:なし。

その他:コンセント有料。

ダイニングにヒーターがあったが、あまり温かくなかった。

オススメ度:★★★☆☆ 星3つ

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    今はハンピに居るのねぇ~?岩だらけの遺跡めぐりしてるのかなぁ~?
    ってさておき、お腹の調子が悪いと、標高も高いから、体が思う様に動かないよねぇ~?
    でもトレ友が出来て、食欲も戻って、良かったですね♪
    頑張れHANAさん、変た・・・ゲフンゲフン、鉄人になる日まで!(笑)

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます!
      ハンピは小さな町ながら、周りが遺跡だらけ&絶景続きでとっても過ごしやすいところでした(≧▽≦)
      その内、ブログにします!
      (いつになるのやら、、、)

      お腹の調子が悪いってだけで、気持ちが滅入ってしまいました(´Д⊂ヽ
      トレッキング中はすぐにトイレに行ける状態じゃないですしね。
      変た…ゲフンゲフン、山ガールになる日まで頑張ります!(笑)
      From はな