アンコールワット遺跡群、てつはな勝手におすすめランキング~♪

サワディカー(タイ語:こんにちは)、はなです。

リアルタイムは、この旅3度目のタイ・バンコク☆

今日で世界一周に出発して、100日経過 (*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)

二人とも大きな怪我やトラブルなく元気に過ごしています\(^o^)/

にしても、、、

100日経ってもまた1ヶ国目のタイに戻ってきてるっていう(笑)

□■□■□■□■□■□■

2017.6.4-6.9

さて、

ブログはまだまだ第6ヶ国目のカンボジア・シェムリアップ!

私はシェムリアップは人生二度目だったけど、Tetsuは初めて。

アンコールワット遺跡群の遺跡は大小合わせると600を越えるそうで、ゆっくり過ごしつついろんなところを見たいなぁと思い、6日間過ごしました。

たくさん見た遺跡の中で、特に私たちが気に入ったもの・よかったものをランキング形式で発表します(≧▽≦)♪

ちなみに、私たちはシェムリアップの日本人宿「The City Premium Guesthouse」に滞在した全日宿泊しそこでトゥクトゥクを手配し、アンコールワット遺跡群の入場料は3日間券(US$62(約6820円))を購入しました。

それでは、ランキングをどうぞー♪

★第5位★

ネアックポアン

クバールスピアン

こちらは、夫婦の意見が分かれてしまって同率5位(^▽^;)

TETSUおすすめのネアックポアンは、アンコールワット大回りコースで訪れた場所。

お天気がよくって、鏡張りの水辺がすごくきれいでした。

ちょうど雨季だったら水量豊富だけど、乾季はまた違う景色なのかな?!

一方、私のおすすめのクバールスピアンも水に関係していて、こちらは川床に刻まれた遺跡。

駐車場から30分ほどトレッキングした先にこれらの遺跡があります!

一緒に行ったさぶちゃんとトレラン談義をしながらあっという間に到着☆

雨季の大雨のあとは増水によって、見られない彫刻もあるのだとか。。。

リンガ(男性器)やヨニ(女性器)が刻まれた遺跡っていうのもポイント( *´艸`)♡(笑)

クバールスピアンを見学した後空を見上げると、太陽の周りに虹が!!!

「暈(かさ)」というめずらしい現象だそう☆

これが見れるとそのあと雨が降ると言われているそうで、確かに土砂降りきた!!(笑)

でも、これは雨季のアジア特有のスコールって感じだったなぁ。

★第4位★

アンコールトム

アンコールトム内にあるバイヨンの四面像が迫力ある寺院。

顔、かお、カオーーーーーーーーーー!!!

遺跡が密集してて、写真映えします(・´з`・)

人面像とチューしてるように写真を撮る人が多いけど、

TETSUさんはHANAちゃんと以外はチューしたくないから、鼻チューのみ♡

↑ただの私のカメラ技術不足(笑)

ここは人が通る階段だから邪魔だよ~ねこちゃん。

★第3位★
ベンメリア

天空の城ラピュタのモデルとなった場所と言われていて、遺跡の修復がされてなく、倒壊された遺跡が迫力満点☆

TETSUと比べると、遺跡の大きさがわかります。

遺跡の間から成長する木。木の力を感じます!!

隠れミッキーもいました(≧▽≦)

★第2位★

プレアヴィヒア

これは、遺跡がよかったいうより、眺めが最高だったので、ランクイン!!

(詳しくはその時のブログをどうぞっ)

★第1位★

アンコールワット

やっぱり、世界三大仏教遺跡の一つ☆アンコールワットは壮大でとても素敵!

私たちはサンライズを見に行きましたが、水辺に映るアンコールワットのシルエットがすごく綺麗で見とれていて、気がつくと日が昇ってて太陽を見る前に雲の中に隠れてしまいました( ;∀;)

2年前の乾季に私が行ったときは空が真っ赤!!

《番外編》

激安フットマッサージ店「TEPLE MASSAGE」

シェムリアップには激安マッサージ屋さんがたくさんあります。

その中で、宿でおすすめされて行ったところがココ。

そのお値段は、な、なんと、、、

60分のフットマッサージがUSD1.5(約165円)

激安っっ!!!!

しかも、店内はエアコンガンガンでソファの寝心地も最高でマッサージ中はもったいないから寝まいと頑張ってたけど、、、あっという間に寝落ち( ;∀;)

スタッフに起こされたときには、すでに60分経過していました(笑)

他にもメニューがいろいろあるみたい。観光に疲れたら、ぜひどうぞ☆

ではっ!

☆FROM はな☆

ブログ村に参加しています!

1日1回応援クリックお願いします(^^♪


にほんブログ村

コップクンカー(タイ語:ありがとう)

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク