休息日にアンマン→エルサレム陸路移動。すべてストップする前にエルサレムにたどり着けるのか?!

シャローム(ヘブライ語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第67ヶ国目イスラエル☆

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

皆さんのクリックで、ランキング上位に上がり、より皆さんの目に留まるブログになっていきます!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓

にほんブログ村

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.11.9

今日は、ヨルダン・アンマンからイスラエル・エルサレムに陸路移動する日!

ヨルダン、イスラエルの国境であるキングフセイン橋までは、JETT BUSを利用。

数日前にTetsuが、バスチケットを購入しておいてくれました。

JETT BUSのチケット売り場と乗り場は、同じ場所。

アンマンの中心地からは、約3kmあって、歩けば約1時間の距離。。。

それを、自ら進んで徒歩で向かうTetsuさん、さすがです!!(*´▽`*)

(私は、宿でお留守番♪)

さて、この日に移動するに当たって、少し不安だった私たち。

それは、移動日が金曜日、安息日だったからです。

安息日(あんそくじつ、あんそくにち、あんそくび(日本語での読み方を参照)、英語: Sabbath)は、アブラハムの宗教(ユダヤ教・キリスト教・イスラム教)において、何もしてはならない日と定められた日である。

((Wikipediaより引用))

安息日だと、お店だけでなく、公共交通機関、ATMまでストップしてしまうらしく、新しい国に入国するのにヒヤヒヤです(◎_◎;)

国境は、昼まで開いているらしいから、それまでに何としても移動しなくては!!

とは言っても、JETT BUSは1日1本、6時半出発のみ。

イスラエル側のイミグレーションが厳しく、別室送りになったり数時間かかったりというのもザラらしいから、とにかくトラブルないことを祈るしかない!!(>_<)

ちなみに、私が4年前にも通過した時は、イスラエル側のイミグレーションで1時間近く、謎の待機時間があり(別室送りではない。)、スムーズに入国できなかったっけ(;^_^A

その頃は、まだヨルダン側でもイスラエル側でも

「ノースタンプ、プリーズ!」

と出入国スタンプを押されないように言わなきゃいけませんでした。

と言うのも、イスラエルの出入国スタンプがパスポートに残っていると、イスラエルと対立しているアラブ諸国の入国が厳しくなるんです。

私たちは、今後、イランに行く予定。

小声)

イランもそのアラブ諸国の一つなので、絶対にスタンプをもらうわけにはいかない!!(;´Д`)

ただ、今は、スタンプをもらうことはまずなく、その代わりカードをもらうみたい。

その辺は安心して、国境に向かうことにしました!

朝6時、アンマンの中心地の宿を出発して、タクシーでJETT BUS乗り場に向かいました。

朝早くても、安宿が集まる中心地ならすぐにタクシーが捕まりました。

交渉して、1台2ディナール(320円)

チケットには朝6時半発だと書いてあったけど、バスが来なくって、結局7時発。

11ディナール(1760円)

バス停近くに、商店があったので、ここで出国税やバス代を残してヨルダンのお金を使い切り♪

イスラエルは物価がめちゃくちゃ高いので、インスタントラーメンを大量買いしておきました(*´▽`*)

あと、イスラエルでは死海に行くので、そこで使う小道具も購入♪

新聞0.25ディナール(40円)

死海で使いたい方は、あらかじめここで買っておくといいですよ♪

バスが出発して、1時間後の8時にヨルダン側のイミグレーション到着。

入口で荷物検査を受け、中へ。

荷物の検査官は、タバコを吸いながらチェックしてて、なんだかやる気なさそ~う( ̄▽ ̄)

出国審査用紙を書きながら順番を待ちます。

ここからは流れ作業のように、

手前カウンターでパスポートと出国審査用紙を渡して

向かいのカウンターで出国税10ディナール(1600円)支払い

戻ってきて出国税を支払ったことの証明書を渡して手続き終了!

※パスポートは預けたままでOK!

イスラエル側の国境行きのシャトルバス(JETT BUS社)に乗ってから、パスポートなどが返却され、「ノースタンプ」と言わなくても、出国審査の用紙と出国税の証明書にスタンプが押されていましたε-(´∀`*)ホッ

アンマンからJETT BUS社に乗ってくると、この国境行きシャトルバスの運賃(乗車7JD+荷物代)も含まれているので、料金徴収時にバスチケットを見せればOK☆

キングフセイン橋手前のチェックポイントで、出国カードと出国税の領収書の半券を回収。

イスラエル側のイミグレーションに着いてから、まずパスポートチェックされ、この時にパスポートの外側にシールを貼られるのでパスポートカバーがあるといいと思います。

私はTetsuさんとお揃いで作ったパスポートカバーを紛失してしまったので、パスポートより大きめのジップロックの片側の真ん中を切って、パスポート(ブック)カバー風にセット、その上にシールを貼ってもらいました。

パスポート以外のすべての荷物をX線にかけ、前回、謎の待機時間を命じられた魔の入国審査へ!!

ドキドキしながら、挑んだら、、、

「おはようございます!」

と日本語で話しかけられびっくり!!(゚д゚)!

とても友好的な管理官(*´ω`)

「イスラエルではどこに行くの?」

「何日間滞在するの?」

「イスラエルは初めて来たの?」

私は2度目だったので、正直に答えたら、写真入りの入国カードをもらってあっという間に入国完了!

イスラエル側でも「ノースタンプ!」と言わなくても、パスポートにスタンプは押されていませんでした!ε-(´∀`*)ホッ

一方、一緒にカウンターに向かったTetsuさんもすぐに終わるかと思いきや、いつまでたっても来ない。。。(´・ω・`)

ついこの間訪れた未承認国家ナゴルノ・カラバフに着いて聞かれたようです。

(私もナゴルノカラバフに行ってるけど、スルーでした( ̄▽ ̄))

イスラエル側のイミグレーションに到着して、たったの30分で入国完了☆

昔は、【世界一厳しい】と言われていたイスラエルの入国審査。

あっという間過ぎて、拍子抜けです(;´∀`)

入国してしまえばあとは、安宿が集まる旧市街に移動するだけ♪

エルサレム行きのシェアタクシーに乗って、向かいます!

10ディナール(1600円)※ヨルダン・ディナール払いできます!

11時にエルサレムの旧市街の宿に到着\(^o^)/\(^o^)/

最初は、安息日で午後にはすべてストップしてしまうためヒヤヒヤしたけど、朝6時過ぎに宿を出発して、約5時間で到着したエルサレム。

安息日で昼に国境を閉めるため、それまでに全員の出入国を終わらせなきゃいけないから、早かったのかな~なんて(*´Д`)

何はともあれ、無事に第67ヶ国目イスラエル入国です!!

ではっ♪

((2018.11.5 現在 1ヨルダン・ディナール=160円計算しています))

((2018.11.9 現在 1イスラエル。シュケル=31円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

ランキング上位を目指しています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>

にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

☆FROM はな☆

【宿情報】

Hebron Youth Hostel』

値段:16人ドミトリー。

直接チェックインだと、40シュケル(1240円)、ホステルワールド経由45シュケル(1395円)

Wi-Fi:あり。共有スペースのみ利用可能。

ホットシャワー:あり。だけど、人が多く使う時間だと冷たい。

その他:18~19時の間に無料の夕食が食べられる。

オーナーが一癖ある。

オススメ度:★★★☆☆ 星3つ

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    ヨルダンからイスラエルへ移動したのねぇ~
    入国審査で日本語で話しかけられるなんて、凄いっ!
    あっという間に審査終了のHANAさん、TETSUさんは、色々聞かれてたのね?
    でもお二人とも無事にエルサレムに到着できて、良かったですね♪
    エルサレムでは何が待ってるのかなぁ~?

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます!
      いかに日本人旅行者(ほぼバックパッカーだと思いますが)が多いのかが分かりました(^^)
      異国情緒たっぷりのエルサレムはとっても楽しかったです♪
      From はな