【アルメニア】ゲガルド修道院に行くならぜひここも一緒に行って!!奇石が連なるストーンシンフォニー!

カリメラ(ギリシャ語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第65ヶ国目キプロス☆

フライトの都合で、トルコの南にある地中海に浮かぶ島、キプロスに来ています!

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

皆さんのクリックで、ランキング上位に上がり、より皆さんの目に留まるブログになっていきます!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓

にほんブログ村

現在、12位!

10位以内に入りたい!!

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.10.29

アルメニア・エレバンにある居心地のいい宿、リダの家に滞在2日目。

(リダの家についてのブログはこちら)

午前中はのんびり過ごして、お昼過ぎから、郊外にあるゲガルド修道院へ観光に出かけます!

リダの家からは、駅前のバス停で73番のバスに乗り、メルセデスベンツ販売店の裏にあるガイ(Gai)バスターミナルへ。

値段:100ドラム(23円)

ガイバスターミナルでゲガルド修道院行きのバスを探していると、すぐに266番のミニバスを見つけ、そのまま乗ることに。

※帰りは265番に乗ったので、265番も可。

値段:250ドラム(58円)

人数が集まり次第出発したバスは、途中で大量のヤギを前に立ち往生。。。

のどかな雰囲気に癒されます(*´ω`)

このバス、ゲガルド修道院行きだと勧誘されたし、ゲガルド修道院の写真付きのバスでわかりやすかったけど、実際にはゲガルド修道院の5kmほど手前が終点。。。(。-∀-)

そこから先は、①タクシー②ヒッチハイクという二択でしか行けません(゚д゚)!

前日に行ったというTくんの話では、

「簡単にヒッチハイク出来ますよ!」

とのことだったから、バス乗り場で待ち構えていたタクシーのおっちゃんが見えなくなるまで歩いた後、ヒッチハイク開始!

ヒッチハイクし始め、すぐに1台の車が止まってくれた。

Tetsu「ゲガルド修道院に行きたいんですが、、、」

男性「あぁ、俺たちここで曲がっちゃうんだ。ごめんな。」

ここからゲガルド修道院まで一本道だと思っていたけど、違うところに行く人もいるんだね!

、、、ヒッチハイクし始めて約10分経過

数台の車が通りすぎて行ったあと、また一台の車が止まってくれた。

Tetsu「ゲガルド修道院に行きたいんですが、、、」

運転席の窓だけでなく、後部座席の窓も開き、アジア人顔の男性二人が座っていた。

後部座席「良かったら、乗っていって!ドライバーさん、いいでしょ?」

、、、あれ?これは、タクシーなのか、、、?!

Tetsu「自分たち、お金がなくって。。。タクシー代を払えないからヒッチハイクしているんです。」

(この時、本当にバス代しか持ち合わせておらず(泣))

後部座席「心配いらないよ!俺たちがもう支払ってあるから!さぁ、乗って!!」

なんだか、違和感でしかなかったけど、お言葉に甘えて乗せていただいた。

よくよく聞くと、彼らは中国人旅行者でこの車をチャーターして観光しているんだとか。

彼らも運転手さんも乗っていいって言ってくれたけど、、、ねぇ、、、(;^_^A

かと言って、私たちも払えるお金を持っていないから、何度も御礼を言って車を降りた。

そうして到着したのが、ゲガルド修道院

坂を上り切った場所に、くり抜かれた穴が並んでいて、そこに石を投げ入れることができると、いいことがあるそう!

Tetsuと隣のお兄さんは必死に石を投げ続け、Tetsuさん無事成功!!\(^o^)/

アルメニアは、世界で初めてキリスト教を国教と定めた国と言われています。

その中でもこのゲガルド修道院は古い歴史があり、世界遺産に登録されています。

洞窟修道院とも呼ばれ、岩盤を掘って造られた修道院なんだそうです。

内部は、ロウソクの灯りと窓から差し込む光だけで照らされてとても神秘的。

部屋がいくつも続いていて、結構暗いけど、よく見ると可愛いレリーフがありました。

水が湧き出ているところがあって、地元の方々が水筒やペットボトルに汲んでいたので、私たちも有難く頂きました。

内部を見終えて、外に出ると、結婚式をしているカップルに遭遇!

綺麗なウェディングドレスを着た新婦さんとゲガルド修道院にうっとり( *´艸`)♡

さらに奥に進んでいくと、白いものがたくさん木にくっついていた。

よくよく見てみると、、、

ティッシュペーパーやウェットティッシュのような素材のもの、ハンカチなど(゚д゚)!

日本の神社のようにおみくじを木にひっかけているように見えたけど、どれもボロボロだし茶色く汚れてて、とても綺麗とは言えません(。-∀-)

でも、きっとこの一つ一つに願いがこめられいるんだろうなぁ。(遠い目)

さて、ゲガルド修道院を満喫した私たちはまた戻らなくてなりません。

そこは、もちろんヒッチハイク!

5km近くも歩いてバス乗り場まで戻ったら、日が暮れちゃいますからね( ;∀;)

牛さん、お散歩中!

帰りもヒッチハイクを始めて、10分くらいで1台の車が停まってくれました。

今度は、地元民の男性二人。

私たちの目的地であるガルニ神殿のすぐ手前にある保育園前で降ろしてくれました。

子供のお迎えだったみたいです!

運良かった♪

今回私たちは、ガルニ神殿に入るためには入場料がかかるので入らず。

ガルニ神殿を目の前にして、左側の横道をそれて、坂道を下っていきます。。。

今の時期、紅葉が綺麗だし気候もちょうどいいからトレッキングが楽しいっ( *´艸`)

(最初、私の体調が万全じゃなく挫折しかけましたが。。。)

気を付けないと靴が浸水&ドロドロになるぬかるみを越え、、、

ゲートを越え、、、

15分くらい歩いてたどり着いたのが、ストーンシンフォニー!!

これ、全部、なんです!!

名前にもなっている、ストーンシンフォニーとは、

ストーン:岩

  +

シンフォニー:交響曲

岩が交響曲を奏でているような、、、?

真下から見ると、こんな感じ↓↓

迫りくる奇石が迫力満点です!!!!

これを見て、鉛筆の1ダースの箱を横から開けて、中で鉛筆同士が密集している姿を思い出しました。

(これ、分かってくれる人いるんだろうか?(笑))

あぁ、懐かしい。。。

さらに歩いていくと、今にも取れちゃいそうな岩柱。

※もちろん取ろうとしているフリです。

これが自然に出来上がったものだなんて信じられません。

自然の力にはいつも驚かされます。。。

私たちが滞在していた時にはなかったけど、周りには岩がゴロゴロ転がっていたので、行かれる際は頭上や周囲の落下物にご注意を!!

また来た道を戻っていると、

「のどか沸いただろう?!水飲んでいかないか?」

このストーンシンフォニーを管理していると思われるおじさんに声をかけられた。

マグカップに湧水を汲んでくれて、美味しい天然水を頂いた。

トレッキングのあとの冷た~いお水が身体に染みます(*´ω`)

「おじさん、ありがとう!」

、、、写真を撮ってお別れしようとしたら、

私たちが日本人だと知ったおじさんが、いきなり攻撃してきた(゚д゚)!

「日本は、柔道に、剣道に、合気道だろう?!」

「こうやって、、、こうだっ!ハッ!ハァァァアアアア!!」

おじさんは武道を習っていたようで、いろんな技を見せてくれた。

海外の人の日本のイメージでよく言われる1番は、トヨタやホンダ、カワサキなど車やバイクで、その次に言われるのが、武道!!

よく「空手やってー」「空手の型、教えてー」と言われます。

残念ながら、二人とも未経験ですが、、、( ;∀;)

Tetsuも私もおじさんにコテンパンにやられて、またバスに乗ってエレバンに帰ります。

今日の晩御飯には、エレバンで安く食べられるというアレを探しに行ってきます!

続きは次回!

ではっ♪

((2018.10.26 100アルメニア・ドラム=2.3円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

ランキング上位を目指しています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>

にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

☆FROM はな☆

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    ゲガルド修道院、中は窓?からの光とロウソクの灯かりだけで、とっても幻想的でステキですねぇ~♪
    次のストーンシンフォニーも凄いですねぇ~っ!
    鉛筆の1ダースの箱を横から開けて、中で鉛筆同士が密集している姿って言い得て妙ですねぇ~!もう鉛筆にしか見えない(笑) HANAさんのセンスバツグンです♪
    さあ、晩御飯には何を食べるのかなぁ~?

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます☆
      そうですね!
      窓から射し込む光とロウソクの灯りだけで照らされてとっても素敵でした〜!
      お褒めのお言葉ありがとうございますm(_ _)m
      一つ一つ(本当はくっついていますが)が角ばってたので鉛筆のようにみえてしまいました(;´д`)
      鉛筆の1ダースなんて、果たして何十、ゲフンゲフン、何年ぶりに思い出したんだろう!?(@@;)
      From はな