未承認国家ナゴルノ・カラバフで不思議な滝に癒される

ガマルジョバ(ジョージア語:こんにちは)、てつです!

リアルタイムは、第62ヶ国目ジョージア☆

世界遺産級の宿に宿泊中なう笑

ご飯が美味しくて美味しくて、大好きな国が増えました。

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

皆さんのクリックで、ランキング上位に上がり、より皆さんの目に留まるブログになっていきます!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓


にほんブログ村

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.10.27

未承認国家ナゴルノ・カラバフ共和国

昨日は移動で疲れてしまい(アルメニアからナゴルノまでミニバンみたいなバスで山道を7時間)ぐったりだった私たち

(疲れ果てた移動はこちら

今日はまる1日観光しちゃいます!!

まずは、ナゴルノ・カラバフ共和国で唯一と言っても過言では無い観光スポットに行ってきます。

これを見るためにナゴルノまで来たと行っても過言では無い。

宿から歩いていると

洗濯物が綺麗に干されていました

よく乾きそうだ!

てか、電柱に物干しの線をつけてるけどいいのかな?

どこの家庭もそうだけど!!!

歩くこと15分

見えてきました〜

これぞナゴルノの象徴的シンボルモアイ!?

モアイなの?

モアイだよね?

なんとなく違うようで、

その名も「我らの山」

我らの山』は、ナゴルノ・カラバフ共和国の首都ステパナケルトにあるアルメニア人の記念碑である。ナゴルノ・カラバフ共和国は法的にはアゼルバイジャンの領土であるが、アルメニアの実効支配の下、事実上独立しており、『我らの山』はナゴルノ・カラバフのアルメニア人の象徴となっている。

Wikipediaより引用

未承認国家という複雑な情勢から生み出された物の形なのかなぁ。

不思議な滝に癒される

お次は見どころが少ない首都から隣街のシュシに行ってみます

このシュシという街には「アンブレラフォールズ」という滝があるらしく、

滝好き夫婦として売り出している!?(これから広めていく予定です)

私たちとしては得体の知れない「傘滝」を見ないわけには行かない!!

ってことで、片道1時間半のトレッキングに出発です。

移動情報

ステパナケルトのバスターミナルから301番の青いバス

1時間に1本は走ってるみたい

所要時間30分で200ドラム(46円)

シュシの街に着いたら登山道入口まで少し歩きます

廃墟の間の道を抜けて進んでいくと

開けた場所にたどり着きました

ウヒョーーー、かなりの絶景!

天気が良くて気持ちがいい。

登山道の入口

家畜が逃げないように!?

バリケードがされていました。

跨いでトレッキングスターーート!

このトレッキング、珍しく往路が下りで始まります。

急な下りを見ながら歩くので、帰ってくるのが心配になっちゃう

青いマーキングを頼りに進んで行きます。

わかり易くて良かったー

って歩いてたら急に目印がなくなって、

全然違うとこ歩いてた

地図を見ながら歩いた方が正確です。

だいぶ下ってきたけど、更に谷まで降りて行くみたい

川沿いまで降りてきました

心許ない橋を渡って行きます

めっちゃ黄色い

紅葉も綺麗だし歩きやすい気候でgood!

心許ない橋パート②

はい。

これは渡らなくて良かったみたいです

奥に新しく安心な橋がかかってました

揺れる吊り橋を渡り終えると

やっとたどり着きました不思議な滝

「アンブレラフォールズ」

本当に傘みたいで、どこかから流れ落ちてくる水を

ずーっとはじいていました

小道具の傘をさして

今まで見てきた滝とは全く異なるモノ

いつまで見ていても飽きない不思議滝

内側に入ってみると、水を凌げると思いきや

はね返ってくる水しぶきでずぶ濡れに、、、アーメン。

ふたりで占領していたけど、観光客がグループで来たから退散することに

帰りは地図を見ながらショートカットしてみたら、往路と同じ時間で帰れました。

街に戻って来て、散策してみると

モスクを発見!

廃墟になっていました

アゼルバイジャンの領土だった時に作られた物が、アルメニアの領土になり

アルメニアは世界で初めてキリスト教を国教にした国だから、

モスクは必要無くなって教会を新しく建てる

ってことになるから廃墟が完成してしまったのかな。

天井に穴が空いていて、いつ崩れてもおかしくない

こんなに立派なアパートも廃墟

窓から飛び出した植物

街も全体的に寂れている雰囲気

結婚式をしている所に遭遇

美人大国ってくらいモデル級が多い

未承認国家ナゴルノ・カラバフ

治安は悪くなくて、道を歩いていても話しかけてくる人が多く

スーパーで買い物をしていても親切に教えてくれたり、

何を買うのかずーっと後を付いてきたり笑

外国人が珍しいようでみんな興味津々といった感じでした。

現在休戦中ってことで、これからも入国できるか不明な国だけど、

人も自然もとっても素敵な国でした。

おしまい。

((2018.10.26 現在 100アルメニア・ドラム=23円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

ランキング上位を目指しています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>


にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

☆FROM てつ☆

【宿情報】

『Raffo and Karine GuestHouse』

値段:一人3000ドラム(690円)2人部屋

Wi-Fi:あり。部屋では繋がりにくいことがあり。

ホットシャワー:あり。温度調節が難しい。

その他:1階は3000ドラム、2階は5000ドラム。

トイレとシャワーが1つしかない。

キッチンあり。洗濯物干し場あり。

オススメ度:★★★☆☆ 星3つ

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    「アンブレラフォールズ」とってもステキな不思議な滝ですねぇ~♪
    なんだかもののけ姫やトトロが居そうな雰囲気が良いですねぇ~
    モスクの廃墟ってなかなか見られないから貴重な体験かも?
    自然豊かで、優しい人達の国、出来ることなら平和な状態が永遠に続いて欲しいですね

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます!
      本当に不思議で神秘的な滝でした!
      トレッキングしないと着かない場所にあるのも秘境的な感じで行ってよかった場所でした。
      みんな温かくて、ステキな国だったので、平和になって、いろんな人が簡単に訪れることが出来るようになるといいなと思いました。
      Fromはな