【アルメニア】エレバンの最高の癒し宿リダの家にお邪魔します!

カリメラ(ギリシャ語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第65ヶ国目キプロス☆

フライトの都合で、トルコの南にある地中海に浮かぶ島、キプロスに来ています!

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

皆さんのクリックで、ランキング上位に上がり、より皆さんの目に留まるブログになっていきます!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓

にほんブログ村

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.10.28-30

未承認国ナゴルノ・カラバフの観光を終えた私たちは、アルメニア・エレバンに帰ります!

移動情報

ナゴルノ=カラバフ・ステパナケルト→アルメニア・エレバン

値段:4500ドラム(1035円)

所要時間:7時間。朝9時発→16時着

その他:8時半に宿を出てバスターミナル内のオフィスでチケット購入。

私たちが乗車した日は、9時発が2台出ていました。

ランチ休憩あり。

16時、エレバンのキリキア(Kilikia)バスターミナルに到着。

道路の向かい側のバス停から68番のマルシュに乗ってエレバン・セントラル・ステーション(エレバン中央駅)で下車しました。

100ドラム(23円)

エレバンでは、日本人旅人に有名な宿に泊まろうと決めてました!

それが、リダの家

最近は綺麗なホステルが続々と増えているみたいだけど、コーカサス地方は一昔前、民泊が主流だったらしい。

民泊とは、人様のお宅にお金を払って泊めさせてもらうこと。

そういう民泊できる宿は、宿名がないため、○○(家主の名前)の家と呼ばれていて、ここリダの家は、リダさんのお宅という意味。

その昔、困ってる日本人バックパッカーを泊めたことから始まったというリダの家。

エレバン・セントラル・ステーションからほど近い場所にあります。

調べていた地図をもとに歩いていると、

「ハロー!どこに行くの?」

「リダの家に向かってるの?」

と次々に地元民に声を掛けられた。

度々、リダの家に向かう旅人がいるから、近隣住民もわかってるみたい!

とっても気さくなアルメニア人にほっこり(*^^*)

そんなとき、偶然、リダのお孫さんだという少年に会えて、お宅まで案内してくれました。

調べてた場所と若干違ってたから案内してくれて助かりました(^^)

入口を入ると、すぐにリダが出てきてくれて、

「ウェルカム!」

と笑顔で声を掛けてくれました(^o^)

私達が案内してもらったのは、ドミトリー3人部屋。

いろんなものが置いてあって、バックパックを広げる場所がない位、ぎゅうぎゅうにベッドが敷き詰められていました。

1泊1500ドラム(345円)と激安だけど、トイレは家族と共有の1ヶ所だけで、シャワーもない。

お世辞にも綺麗な家とは言えません。。。

※徒歩30分くらいのところにシャワー屋さんがあるらしいけど、利用せず。

リダは英語がほとんど話せないし、私たちもアルメニア語はもちろんロシア語も話せないため、会話でのコミュニケーションはほぼ出来ません。

だけど、会えばいつも笑顔で可愛がってくれて、身振り手振りを使ったり、時には翻訳アプリを使って会話したり。

外で偶然リダと会った時、

「どこ行くの?」

「ご飯食べに行くんだよ!」

と、こんな簡単な会話すら言葉でのコミュニケーションは取れないけど、身振り手振りでお互い通じあえて、最後には手の甲にキスしてくれた。

「気をつけて行ってくるんだよ!」

そう言われたような気がしました。

リダの一つ一つの行動に、家族のような【愛】があって、こちらまで優しい気持ちになれます。

この気持ちをなんとか表現したくって、コーヒーを淹れてもらったときに、つたないアルメニア語で「ありがとう」って言ったら、ものすごく喜んでくれて、結局また私の方が嬉しくなってしまいました(*´ω`)

そうだよね。

私も海外の人が一言でも日本語を知っててくれたら嬉しいもんなぁ。

以前はなかったというWi-Fiは、現在はWi-Fiが完備されていて私達の滞在中は宿泊者が少なかったこともあって、爆速!!!!

Wi-Fiがないことがネックだった旅人も心配無用です(^^♪

リダの家に着いた初日、移動疲れもあって体調不良がピークに達していたTetsuさん。

ついこの間、私が風邪引いたときはTetsuさんが看病してくれたから、今度は私が看病しなければ!!

リダの家からすぐ近くに市場があるし、ちょっと歩けばカルフールもある。

(カルフールは思いの外、こぢんまりしててがっかりしたけど)

家の近所では、車の後部座席にたっぷり置かれたリンゴが売られてたり(゜o゜;

トランクにもたくさんのリンゴが入っていて、斬新すぎます!!(笑)

野菜などが低価格で購入でき、家族と共用のキッチンを自由に使えるから、栄養のあるものを作れて、とっても有難かったです。

朝起きれば、リダがコーヒーを入れてくれ、ごはんを食べようものなら、子猫たちが「ちょうだい!」と寄ってくる。

ポカポカ陽気の中、ただただのんびり過ごせる中庭が居心地良かったです(*´ω`*)

体調が回復しつつあるTetsuさんは、中庭でお洗濯中。

洗濯物の干し場も十分にありました。

私の親戚はみんな関東に住んでいて、私には田舎というものがありません。

両家のおばあちゃんは私が幼いときに亡くなってしまったから、【おばあちゃん】との思い出って数えるほどしかないけど、田舎のおばあちゃんの家ってこういう感じなのかなぁ。。。

Tetsuのおばあちゃんとはまだ一度しかお会いしたことないから、帰国したらゆっくり遊びに行きたいなぁ(*´ω`*)

海外で地元のお宅にお邪魔することはなかなかできないからいい経験ができたし、何よりリダおばあちゃんに出会えたことが私達の財産になりました。

これからもずっとお元気で、旅人の心を癒やす優しいリダおばあちゃんでいてね!

ではっ♪

((2018.10.26 現在 100アルメニア・ドラム=23円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!
ランキング上位を目指しています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>

にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

☆FROM はな☆

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    とってもステキなリダおばあちゃんの家に宿泊できて、良かったですね♪
    TETSUさんの体調が悪いのは大変でしたが、流石鉄人!回復も早いねぇ~
    旅人にとっても優しい国は、嬉しいですねぇ~♪

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます!
      人が優しいっていうだけでその国のことが好きになります(^^♪
      しかも、アルメニアは物価も安いですしね(^^)v
      ここ最近二人とも体調を崩して予定通りに旅が進みませんでしたが、その分ゆっくりリダおばあちゃんの家で過ごせてよかったです!
      From はな