世界に2つだけしかない7つ星ホテル~ブルネイ編~

サワディーカー(タイ語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、タイ・バンコク☆

この旅3度目のバンコク!安定感が違います(・´з`・)

おいしいタイ料理をたくさん食べまくるぞーと意気込んでたはずなのに、移動疲れからか昨晩はマーライオンになってしまったHANA(´・ω・`)

決して飲酒してません。

早く体調万全に戻して、おいしいタイ料理食べたいです(;´Д`)

■□■□■□■□■□■□■□

2017.6.3

さて、ブルネイ最終日のお話☆

夕方にブルネイからカンボジア・シェムリアップのフライト予定の私たち。

「それまでどうしよっか~」

なんて言いながら、ネットで情報を探してたら、、、

「ブルネイに世界に2つしかない7つ星ホテルがあるってよ!」

この広い世界にたった2つしかない、しかも5つ星までしかないと思ってたのに、7つ星ホテルがこのブルネイにあるなんて!!!!

その名も「THE EMPIRE HOTEL&COUNTY CLUB」

さすが、世界一幸福な国☆ブルネイ

こりゃ行くっきゃない!!!!!

宿を早々にチェックアウトし、すべての荷物を持ってバスターミナルへ。

バスの路線図を見ると、57.58番ピンクバスで行けるみたい。

フライトの時間もあるから、とりあえず1時間だけバスを待ってみる。。。

。。。

。。。

。。。

一向に来ず(笑)

近くのバスの運転手さんに聞くと、一応バスが運行してるみたいだけど、あと10分で来るとか言われても全く来る気配がない。
あまりにバスが来ないから、日頃の疲れからか私はその場でウトウト(p_-)

tetsuに叩き起こされると、知らぬ間にタクシーの運ちゃんと交渉しててくれて、バスターミナル→ホテル→空港までで15ブルネイドル(約1200円)。

ホテル内を見学してるときに、大きなバックパックを持ったままじゃ大変だし不審だと思ってたけど、タクシーなら車内に置いておけるから安心!

ホテルに到着☆彡

大理石の門構えがどーーーーーーん!!

重厚感がハンパない\(^o^)/

中に入ると、ベルボーイに止められ、「チェックインですか?」と。

「汚い格好のあなたたちが7つ星ホテルにどんな御用ですか?」と私には聞こえました( ;∀;)

↑被害妄想。

カフェを利用しにきただけと伝えると、今はラマダン時期だからテイクアウトしかできないと。ホテル内もラマダン時期なのね(´・ω・`)

まぁカフェ利用なのもホテル内に入る口実だし、どっちでもいいや(笑)

ホテルに入ると、まず大きなシャンデリアがどーん!

どこもかしこも金ピカだし、大理石ばかり。

鏡の中に顔を入れて写真撮るの大変だった(笑)

上の金ピカのお二人さんは、社長か王様のご夫妻かな??

シンデレラが行く舞踏会会場にありそうな廊下(●´ω`●)

天井が高すぎる!!!!

エスカレーターを降りて、下から上を見上げた写真。

吹き抜け感がハンパない!!!

外に出ると大きなプール!

誰も泳いでなーい( ̄▽ ̄)

ホテルのマップ。

プールにゴルフ場にと大きな大きな敷地。

トイレもめっちゃきれい!!

普段汚いトイレを使うことが多いから、必然的にきれいなトイレを見つけると、行きたくなくても用を足したくなります(笑)

備え付けのおしぼりで顔を拭きまくって、気分は仕事帰りの居酒屋のおじさま(・´з`・)

いつもお仕事お疲れさまですm(_ _)m

オフシーズンだし、ラマダン中だからか、宿泊者はほとんどいないようだった。

でも、試しにagodaで空室検索したときには満室だったんだけどな。

別の日で検索したら、1泊約2万円!!!!

バックパッカーじゃなければ、全然泊まれるお値段~(・´з`・)

ちなみに、もう一つの七つ星ホテルは、ドバイにある「Burj Al Arab Jumeirah(ブルジュ アル アラブ ジュメイラ)」らしいです。

お値段の方は、1泊約14万!!!!

さすがの7つ星ホテルのお値段っす(^▽^;)

最後に、7つ星の看板と共に☆

太陽がまぶしすぎて目が開かない~(;´Д`)

↑いつも目開いてないですけど、なにか?

無事に空港まで送ってもらい、お金を払おうとしたら、まさかの0.05ブルネイドル(約4円)が不足(;゚Д゚)

それ以外は大きなお金しか持ってなくて、お決まりのおつりは持ってないと言う(>_<)

ちょびっと足りないけどごめんなさいをして、タクシーの運ちゃんとさよなら(・∀・)/”

余った大きなお金は、私たちの質素なお昼ご飯になりました(・´з`・)

次は、ドバイの7つ星ホテルに潜入したいぜっ♡

ではっ♪

☆From はな☆

(1ブルネイドル=80円計算。)

ブログ村に参加しています!

1日1回応援クリックお願いします


にほんブログ村

コップクンカー(タイ語:ありがとう)

宿の予約はこちらからお願いします。
 



Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク