【移動】バスに置いて行かれたの?!トルコ・カッパドキアから丸一日掛けてジョージア・トビリシへ。

バリ・オール(アルメニア語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第63ヶ国目アルメニア☆

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

皆さんのクリックで、ランキング上位に上がり、より皆さんの目に留まるブログになっていきます!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓


にほんブログ村

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.10.20-21

私たちにとって大好きな街となったトルコ・カッパドキアを出発して、ジョージア(グルジア)・トビリシに向かう日。

カッパドキアで滞在していた『マローン・ストーン・ハウス(Maron Stone House)』は、会えばすぐにシッポ振って喜んでくれた3匹のシェパードのワンコたちがものすごく可愛かった( *´艸`)

、、、って、全然、シッポ振ってない(;゚Д゚)

むしろ、ソッポ向いてるし( ;∀;)

遊んでもらってたのは私の方だったか。。。

何はともあれ、、、

寂しいよぉぉぉおおおおーーーー。゚(゚´Д`゚)゚。

後ろ髪引かれながら、移動していきます。

カッパドキアからジョージアまで、ダイレクトで行くことはできません!

まずは、①カッパドキア(ギョレメ)からトルコ・トラブゾン(Trabzon)を目指すことにしました!

移動情報

カッパドキア(ギョレメ)→トラブゾン

バス会社:NEVSEHIR社

値段:130リラ(2470円)

所要時間:約12時間。

19:15ギョレメのオトガル(バスターミナル)発

ネヴシェヒルのオトガルで乗り換え

翌7時トラブゾンのSanayiにオトガル着

その他:3列シート。トイレ休憩2回、ドリンクサービス2回。

トラブゾンのオトガル(バスターミナル)に着いたのが、約12時間後の朝7時。

この時はまだジョージアのどこまで行こうか決めてなくて、②とりあえずジョージアの国境を越えた次の町バトゥミ(Batumi)まで。

朝8時発のバスチケットを購入して、出発までに腹ごしらえ!

バスターミナルには何軒かレストランやカフェがあって、私たちは迷わずロカンタ(食堂)に行くことにしました☆

何食べても美味しかったトルコ料理とは今日でお別れ!( ノД`)シクシク…

たくさんの美味しそうなお惣菜に目移りしたけど、これからもまだまだ続くバス移動。。。

トイレの心配から少なめに、チキンスープ8リラ(152円)とひき肉と野菜の煮込み料理17リラ(323円)をいただきました!

タッパーに入ってるパンは食べ放題!

有難い( *´艸`)

予定通り8時ちょうどに出発したバスは、トルコとジョージアの国境を目指します。

移動情報

トラブゾン(Trabzon)→バトゥミ(Batumi)

値段:35リラ(665円)

トルコ側のイミグレーション(入国審査場)の前でバスを降ろされ、すべての荷物を持って向かいます。

トルコ側のイミグレーションは激混みだったけど、順番が回ってきたらすんなり(*´ω`)

歩いて、ジョージア側のイミグレーションに向かいます!

ジョージアのイミグレーションは、なんだかワカメみたいな建物!

トルコ同様、ジョージア側のイミグレーションも楽々なんだろな~なんて安易に考えていたけど、パスポートを50代ベテランそうな男性職員に渡すと、、、

入国審査官「ジャポーニャ(日本人)だね。ビザは持ってる?」

Hana「ジャポーニャはビザ必要ありません!」

私がそう言っても、なんだか納得してない様子。。。

ほかの審査官に向けて、「ジャポーニャ、○×▼※◼︎、、、?」と。

たぶん、日本人は本当にビザ不要なのか聞いてるみたい(◎_◎;)

ほかの審査官から、ビザ不要だと教えてもらったのにも関わらず、なんだか不満そうな表情。。。

パスポートをペラペラめくり、全然入国スタンプを押してくれそうな雰囲気がない。。。

別のレーンに並んでたTetsuは、あっという間に入国審査を終えていた(゚д゚)!

う〜ん、何がそんなに不満なんだ?!

入国審査官「あなたのパスポートの査証欄(スタンプを押すページ)がもうないよ!」

Hana「え?!いやいや、まだ何もスタンプ押されてないページがたくさんあるし、増補(有料で査証欄を増やすこと)だってしてるから!!」

↑増補したページ。

若干イライラし始めた私が何を言っても聞き入れてもらえず、今度は電話をかけ始めた。

入国審査官「ジャポーニャ、○×▼※◼︎、、、?」

(2回目)

電話の相手にも問題ないことを言われたみたい。

(そりゃそうだ!)

渋々入国スタンプを押してくれ、目を合わさず、言葉も発さず、カウンターの上に投げるようにパスポートを置いた。

、、、やな感じ(。-∀-)

素っ気ない態度なんて今まで山ほど見て来たから、いつもなら気にならないだろうけど、トルコ人の優しさにたっぷり触れた後だったから余計嫌な気分になってしまった(>_<)

でも、とりあえず第62ヶ国目ジョージア入国\(^o^)/\(^o^)/

さ・て・と!

トラブゾンから乗ってきたバトゥミ行きのバスを待ちますかっ!

一時間経過。。。

あ、あれ、、、?

バス来るの遅くない?!

そういえば、バスの中でずっと寝てたから、バスのナンバーと乗務員のおじさんの顔しか覚えてないや(◎_◎;)

たくさんの人が同じ場所で待ってるけど、誰が一緒のバスに乗ってきたお客さんなんだろう、、、?( ;∀;)

しかも、バスを下りた時に、乗務員にジョージア側のイミグレーションを過ぎた後で待ち合わせなのかも確認してない( ;∀;)

ど、どうしよう。。。

とりあえず、まだ来る気配がないから、余ってたトルコリラをジョージアの通貨に両替したり、長々待っている人に同じバスか聞きまわったりしながら過ごしました。

※乗ってきたバスの写真は撮っていたので、その写真を見せながら聞きまわりました。

そして、

2時間半経過。。。

ズーーーーーーーーーーーーーン。。。

アジア人は私たちしかいなかったし始発から乗ってたから、覚えててくれてたと思っていたけど、ここまで待っても来ないならもう行ってしまったのかも。。。

時間は、15時前。

ジョージア・トビリシまで行くならば、まだあと6時間以上要するからそろそろ出発しなければ!!

そんな時、ちょうどよく市バスを見つけ、乗り込むことにした。

市バスは、日本のSuicaみたいにカードで支払うシステムだったけど、現金払いで乗せてくれました。

1ジョージア・ラリ(46円)

ジョージアに来て、一気に東南アジアのような雰囲気の市場がありました。

懐かしいなぁ。。。

カッパドキアから移動し始めて、早20時間以上。。。

疲れて頭の回転が悪くなってきたけど、③バトゥミのバスターミナルから首都トビリシまでのマルシュルートカ(ミニバス)がすぐに見つかったので行くことにしました。

バスターミナルで買った、手のひらより大きなチーズが入ったパイ。1ラリ(46円)

チーズの塩気がちょっと強かったかなー。

移動情報

バトゥミ(Batumi Bus Terminal)→トビリシ(Didube Bus Terminal)

値段:20ラリ(920円)

所要時間:7時間。16時発→23時着。

予定では所要時間5時間と言われていたが、乗客の乗り降りが激しく時間がかかった。

トビリシに着いたのは、23時。。。

行き当たりばったりでトビリシまで来たので、宿の下調べゼロ(◎_◎;)

なんとかなる精神でここまで来たけど、さて、どうしようか。。。

(今から宿を一軒、一軒見て回るのは、きつい。。。もしかして、今夜は野宿、、、?そんなの嫌だ!!)

歩きながら、そんなことが何度も頭の中を駆け巡ったけど、これをTetsuさんに言ったら本当のことになりそうで恐い。。。

とりあえず、地下鉄の駅に向かうと、運よくフリーWi-Fiが飛んでいて、宿を調べることが出来ました\(^o^)/\(^o^)/ヤッター

日本人に有名な『コンフォートプラス・ホステル』に行くことにしました。

※宿情報は下記。

野宿じゃない!!

よかったぁぁぁーーーーーーー( ;∀;)

宿に着いたのは、移動し始めて28時間以上経った深夜0時前。

心身ともにヘトヘトです。。。

真夜中に到着したのにも関わらず、スタッフのマナナさんが紅茶を入れて下さいました( ;∀;)

疲れ切った身体に染み渡ります( ;∀;)

この日ぐっすり眠れたのは、言うまでもありません。。。

ではっ♪

((2018.10.10 現在 1トルコ・リラ=19円計算しています))

((2018.10.21 現在 1ジョージア・ラリ=46円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

ランキング上位を目指しています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>


にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

☆FROM はな☆

【宿情報】

『コンフォートプラスホステル(Comfort Plus Hostel)』

値段:ツインルーム25ラリ(1150円)

Wi-Fi:あり。問題なし。

ホットシャワー:あり。問題なし。

その他:日本人が多く集まる宿。情報ノートあり。

清潔。綺麗。

キッチンあり。洗濯機利用無料。

街の中心から離れ、静か。

オススメ度:★★★★☆ 星4つ

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    大変な移動、お疲れ様でしたm(_ _)m
    そして大スターを置いて行くなんて、バス代返せぇ~っ!!(▼_▼メ)
    なんとかジョージアのトビリシに到着し、やっとお宿も取れて、良かったぁ~♪

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます!
      果たして、私たちを置いていったのか?はたまた、私たちが置いていってしまったのか、、、?
      何事も確認が大切ですね( ̄^ ̄)
      野宿の二文字が何度も頭をよぎったけど、無事にいい宿に着けてよかったです♪
      Fromはな
      From