トルコ人美女とイスタンブールで食べ歩き

ガマルジョバ(ジョージア語:こんにちは)、てつです!

リアルタイムは、第62ヶ国目ジョージア☆

トルコからバスで大移動して来ましたよ。

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

皆さんのクリックで、ランキング上位に上がり、より皆さんの目に留まるブログになっていきます!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓


にほんブログ村

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.10.13-14

パムッカレ→イスタンブール

居心地が良すぎたパムッカレの宿『Sunrise Aya Hotel(サンライズ アヤ ホテル)』

詳しくは→こちら

夜行バスでイスタンブールに移動なので、

それまでの間ゆっくりさせてもらいました。

移動情報

パムッカレ(デニズリから)→イスタンブール

バス会社:パムッカレ社

値段:115トルコリラ(2185円)

所要時間:22時30発→翌7時30着

その他:3列シート。一人一台のモニター画面あり。

Wi-Fiありだったみたい。でも、寝ていたので使わず。

パムッカレからデニズリまではセルヴィスで移動

セルヴィス代:4トルコリラ(76円)

長時間の移動だったけど、3列シートの広々バスだったのでそこそこ快適に移動ができた。

イスタンブールのオトガル(バスターミナル)からホテルなどがある市内までは少し離れていて地下鉄で移動。

イスタンブールカード(スイカみたいなやつ)を作ると電車代がお得になるので、専用の機械で作ってみることに。

カードが6リラ(デポジット)+チャージ代(コイン使用不可)

日本語も対応していて簡単に作れました。

1枚で複数人使えるとのことだったので2人で1つ

この時、お札が機械にうまく入らなくて困っていたら「俺のカードで乗りなよ」みたいな感じでトルコ人のお兄さんがジェスチャーをしてくれたり(後々もカードを使う予定だしお兄さんにわるいのでお断りし)

駅員さんも優しく教えてくれたり、朝からトルコ人の優しさに触れて心が温まります。

ホステルに着いて荷物を置いたら(ホステル情報は下記)

早速観光にお出かけです!

と、その前に…

今日の観光は全くのノープランです。

と、

言うのも

さかのぼること2年半前

私たちがカナダ・バンクーバーに語学留学していた時のお話

語学学校に入学した初日にレベル分けのテストがあり

当時HANAの語学力は中の上といったところ

それに引き換えTETUは下の下

このテストが問題から何からすべて英語なので何を書いてあるのか?サッパリ??

聞かれている事がわからず、知っている中1程度の単語で回答

レベルが決まり授業が始まっても

英語オンリーなので全くついていけず(´;Д;`)

あ〜〜〜〜チンプンカンプン♫

そんなレベルの私も学校生活を2週間くらい耐えればなんとかなるもの!?で、

クラスの子達とも少なからずコミュニケーションが取れるようになり

色々な国の人達と交流を持つことができたわけです。

そんな中出会ったのがクラスメートのトルコ人Aslihan(日本人には難しい発音でアスリーとアスランの間みたいな発音。未だにうまく言えません。。。)

(手前左側の子です。クラスのみんな元気かな?)

1対1でディスカッションの授業とかあるんだけど、

単語のボキャブラリーが極端に少ないTETU

Aslihanのレベルは本来ならもっと上って思うくらいペラペラ

もう恐怖でしかない授業だったけど、

このカナダ生活後に世界一周をする事を発言していた事もあり

旅行好きなAslihanとはつたない英語で何とかコミュニケーションが取れていた!?はず。

卒業する時も「トルコに来るときは連絡してね」と言ってくれていたので、

今回数日前にメールを送って連絡していたのです。

前置きが長くなっちゃったけど、

今回はトルコ人のAslihanに全てお任せの観光プランとなっています。

待ち合わせ場所に着くも、

警察によって道路が封鎖されていてよく分からない状況??

Aslihanは車で途中まできたけど、待ち合わせ場所までは来れないとの事。

(後々聞いた話ではサイクリングの為に大規模な道路封鎖をしていたみたい)

私たちはSIMカードを購入してないからWi-Fi掴めないと連絡取れないけど

とりあえず次の駅まで行く事に

到着しても人混みでやっぱり分からない。。。

彷徨っていると、何とな〜く見覚えがある後ろ姿を発見し

声を掛けてみたら…

本人でした!!!(違う人じゃなくてよかったー)

いや〜久しぶりすぎる〜〜〜(=゚ω゚)ノ

眩しいくらいのトルコ美人さんです!!

早速クルマで移動

乗り込もうとすると「駐車違反取られちゃった〜」と、

目の前に警察の車が、、、

トルコの言葉で何か会話していたけど大丈夫だったんだろうか???

何事もなく車を走らせるAslihan

すべておまかせなのでどこに行くかわかりません。

イスタンブールのおすすめグルメ

まず着いたのは「Midyeci Ahmet」という

イスタンブールに住んでいるAslihanおすすめのお店

結構混んでいて人気店みたい

ムール貝のファストフード店のようです

1人前20リラ(380円)

食べ方を教えてもらうと、まず殻を開ける

するとお米が入っていて、レモンを絞って食べるようです

これがとっても美味しい

濃いめの味付けなんだけどお米にムール貝のダシが良い感じに吸われていて

何個でも食べれちゃう(お代わりしちゃいました)

トルコの海沿いで食べられるムール貝のドルマ(リゾット詰)

この食べ物は知らなかった!!

おすすめグルメなので是非トルコに行った際は食べてみて!!

お次はトルココーヒーを飲んで欲しいと

こちらのお店へ

でもコーヒーが苦手なTETUはホットチョコレートをオーダー

何でコーヒー頼まないの〜と笑っていました

コーヒー18リラ(342円)

このトルココーヒー

めちゃめちゃ濃いようで

飲み干したカップの底にはコーヒーの沈殿した粉がびっしり

(フィルターをかけていないから)

この沈殿物で占いが出来るらしく

裏返してカップに残ったモノを写真に撮って専用のアプリで占ってくれました

占い結果は、、、

なんと、、、

1月に金運◎

うほ〜〜〜〜!!!

嬉しい一文

英語で書かれていて、細かいニュアンスが分からず

ほかの部分はどうだったんだろう???

次に向かったのはアジア側と呼ばれる場所

長くて立派な橋を渡っていきます

向かった先はショッピングモール

1時間おきの噴水ショー

日曜日ってこともあり家族づれが多かった

おすすめのケバブ屋さん

トルコ南部のケバブらしい

串で焼いたお肉が美味しくて美味しくて

(ここでもお代わりしちゃいました)

3人で100リラ(1900円)

締めにトルコ南部のデザート屋さん

見た目はパイかな?

上にはピスタチオが振られている

35リラ(665円)

中にはミルク風味のチーズが入っていてメチャメチャ美味しい

これもお代わりしたいくらいだけど、

もうお腹がパンパン過ぎてギブアップ

この日の夜は食べ過ぎてお腹が痛かったのは内緒です

帰り道、日曜日ってこともあり大渋滞

この後予定があると言っていたAslihan

途中まででいいよって言ったけど、

ホステルまで送ってくれて

本当に感謝しかないです。

日本に来てくれた際は「おもてなし」をしたいなぁ

さて、どこに連れて行こうか?

おしまい。

テシュクラーシュ(トルコ語:ありがとう)

((2018.10.10 現在 1トルコ・リラ=19円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

ランキング上位を目指しています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>


にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

☆FROM てつ☆

【宿情報】

『イスタンブール ハーモニー ホステル』

値段:ドミトリー55トルコリラ(1045円)

シャワー、トイレ付

Wi-Fi:あり。

ホットシャワー:あり。

その他:町の中心まですぐ!ローカルの食堂も近い

朝食付き

オススメ度:★★★☆☆ 星3つ!

※イスタンブールに行く際の注意

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    イスタンブールでバンクーバーでのクラスメイトのAslihanさんと再会したのねぇ~♪
    無事待ち合わせできて、イスタンブール観光♪
    ムール貝のドルマやトルコ南部のケバブにデザート、どれもメッチャ美味そう!
    トルコって食べ物が美味しくって最高ですね♪

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます!
      イスタンブール在住なだけあって、本当に美味しいグルメを教えていただき、もっともっと大きな胃袋&別腹が欲しかったです。゚(゚´ω`゚)゚。
      あぁ〜思い出すだけでヨダレがぁぁぁあああ!!!
      From はな