サントリーニ島→トルコ・ボドルム航路移動。さっそくトルコが好きになる。

メルハバ(トルコ語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第61ヶ国目トルコ☆

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

皆さんのクリックで、ランキング上位に上がり、より皆さんの目に留まるブログになっていきます!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓


にほんブログ村

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.10.10-11

憧れの場所サントリーニ島で大満足なウェディングフォトを撮り、次の国、トルコへ向かいます。

(ウェディングフォトを撮った時のブログはこちら)

サントリーニ島からトルコ・ボドルムへは、コス島を経由していかなければ行けず、まずはサントリーニ島からコス島を目指します。

移動情報

サントリーニ島(Santorini)→コス島(Kos)

フェリー会社:Nissos Rodos

値段:エコノミークラス37ユーロ(4810円)

時間:0:50発→6:30着

その他:サントリーニ島フィラからフェリー乗り場までのローカルバスの出発時間が日によって違うみたいです。

フィラのバス停で要確認!

ギリシャ国内のフェリーは今回で3回目の乗船でした!

どのフェリーもバスのような座席から、向かい合わせ席、ソファー席と各種あり、私たちは迷わずソファー席を確保!!

夜行移動中に横になって寝れるなんて、疲れがよく取れてこの上ない幸せです( ;∀;)

日中、日差しが照り付ける中、歩き回ってウェディングフォトを撮っていて、疲れ切っていたからよ~く寝れました(*´▽`*)

コス島に着いたのは、早朝6時半!

7時半前に日の出のコス島。

辺りはまだ真っ暗でした。

今日中に、コス島からボドルム行きのフェリーに乗ることだけは決めていたけど、時間等が分からなかったから、とりあえずフェリー乗り場で休憩。。。

仮設待合室で横になることにしました。

気づけば、猫と一緒に寝ていたTetsuさん(゚д゚)!

Tetsuはネコに好かれやすいんです。

私だって、ネコさんと一緒に寝たいよーーーー( ;∀;)

朝9時半に向かいのフェリー乗り場から、トルコ・ボドルム行きのフェリーがあり、荷物を持って移動!

その道中、海沿いの道がデコボコ。。。

東日本大震災の時、千葉に住んでいた私は、近所の液状化現象で道路がデコボコになっていたのを思い出しました。

後々、調べてみたら、2017年7月にエーゲ海でM6.7の地震が起き、このコス島では死者が出るほどの被害があったそう。。。。

所々板を敷いていて、大きなデコボコはなかったけど、大きい荷物を持っての移動はつまづきそうで恐かったです(>_<)

ボドロム行きのフェリーは、数社から出ていて、時間もさまざまあるようでした!

私たちは、クレジットカード払いしたくて、対応してくれた1社から購入を決めました。

移動情報

ギリシャ・コス島(Kos)→トルコ・ボドルム(Bodrum)

値段:17ユーロ(2210円)

時間:9時半発予定も、乗客の出国手続きで結局10時発。

所要時間:1時間。

Tetsu「俺らが乗るのは、【ステファ丸】だよー!!」

Hana「へっ?!ステファ【丸】って日本の船の名前じゃん!」

Tetsu他にも、【セビ丸】っていう船もあるみたいだよー!」

↓写真中央が、私たちが乗った【STEFAMAL】

、、、うん、

読みようによっちゃあ、【すてふぁまぁる】、、、かな(;^_^A

コス島から、ステファ丸(?)に乗って、あっという間に第61ヶ国目トルコ・ボドルムに入国\(^o^)/\(^o^)/

移動続きだったので、今日はこのボドルムに1泊します。

ボドルムは、リゾート地で、海沿いにはフェリーとシーフードレストランが立ち並んでいました!

その海鮮のおこぼれを狙うカモメ、、、の公衆電話!(笑)

こういうの可愛くて結構私のツボです(*´ω`)

ボドルムは、白い建物が多く、ブーゲンビリアのお花がよく合う街並みです!

【狂暴なワンちゃんを飼ってるから注意してね!】風の看板を見つけ、

そーっと覗いてみたら、、、

ちょっとぶちゃいく(ブサイク)で、くまのTedみたいな可愛いワンちゃんが笑顔で?こっちに走ってきた!!

全然恐くないじゃん!可愛すぎるでしょ!!( *´艸`)

ボドルムは飼い犬だけでなく、野良猫や野良犬も多く、ところどころに餌が置いてあり、街全体で育てているようでした。

立ちながら水を飲むネコちゃん!

こっそり写真撮ろうとしたら、見つかっちゃいました(;´∀`)

さて、街歩きを楽しんだ私たちはご飯を食べに出かけます!

トルコ料理は、フランス料理、中華料理と並び、世界三大料理の一つ!

トルコに来たなら、本場のケバブはマストでしょ!!

ってことで、トルコ初日は、ケバブを食べるためにローカルレストランに入ることにしました。

普通、ケバブのお肉は串を縦に立ててお肉を焼くもんだと思っていたけど、ここのお店は横スタイル!

どう違うんだろう?!

旅行者が来ないからか、英語が全くっていいほど話せない店員さん。

私たちもトルコ語が話せないので、お互い身振り手振りで注文します。

あぁ~こういうの久しぶりだなぁ。。。

ここ最近は北アメリカやヨーロッパを回ってきたから、基本みんな英語を話していたから、身振り手振りで伝えるなんて久しぶりです(*´▽`*)

なかなかうまく伝わらなかったけど、嫌な顔一つせず、笑顔で対応してくれました!

注文したのは、フランスパンに挟まったケバブと『Ayran(アイラン)』というヨーグルトドリンク。

トルコでは、ケバブとこのアイランをセットで食べることが多いみたい!

ケバブの脂っこいお肉とさっぱりしたヨーグルトドリンクがよく合う!!

私たちは、一口飲んで気に入りました( *´艸`)♡

その翌日、バスターミナルに向かっていたら、偶然ここボドルムに住んでいるという日本人女性とその友人と出会いました!

たった短い間だったけど、すごく親切にしていただいた。

他にも街を歩いているだけで、いろんな人から

「Hello!」「どこから来たの?」「トルコへようこそ!」

話しかけられ、トルコ初日から、トルコが好きになりました。

トルコ旅は始まったばかり!!

これから、どんな素敵な出会いが待っているのか楽しみです♪

ではっ!

((2018.7.31 現在 1ユーロ=130円計算しています))

((2018.10.10 現在 1トルコリラ=19円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

ランキング上位を目指しています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>


にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

☆FROM はな☆

【宿情報】

『Hotel Centro Bodrum』

値段:ダブルルーム95トルコリラ(1805円)

シャワー、トイレ、エアコン、テレビ、バルコニー付き

Wi-Fi:あり。問題なし。

ホットシャワー:あり。問題なし。

その他:朝食付き。プール付き。フェリー乗り場、バス乗り場から距離あり。

オススメ度:★★★★☆ 星4つ

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    コス島のフェリー乗り場では、TETSUさんをネコちゃんに寝取られたのねぇ~?
    HANAさんも、頑張ってTETSUさんの上で寝ないと(笑)
    そして乗る船がステファ丸って(笑)もう日本に帰ってきたの?
    トルコ・ボドルムのとぼけたカモメの公衆電話、良い味だしてますねぇ~!
    親日のトルコでの旅はどうなるのかなぁ~?

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうこざいます!
      私は上で寝るより、下で寝たいタイプなんです♡(笑)
      いつのまにか日本にいたなんて、私たちもびっくりしました!(◎_◎;)
      海外も日本も同じような名前の船なんですね〜!
      トルコは人がいいし、物価も安いし、ご飯も美味しいも最高です(о´∀`о)
      Fromはな