【コソボ】人に癒されたプリズリン。と、首都プリシュティナ。

ボンジョルノ(イタリア語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、イタリア☆

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

↓↓ 1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m> ↓↓


にほんブログ村

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

2018.9.24-25

【バルカン半島レンタカー旅6〜7日目】

コソボ、プリズレン(Prizren)

アルバニア、シュコドラで日本人旅人Shokiさんが開業したお寿司屋さんで美味しいお寿司をいただき、何から何までお世話になった翌日、次なる国コソボを目指します!

(その時のブログはこちら)

アルバニア、シュコドラからコソボまでは地図を見ると近いと思っていたけど、実際はひたすら曲がりくねった山道。。。

絶景続きなんだけど、あまりにカーブ続きで、滅多に酔わないTetsuまで車酔いしたほど(;´Д`)

私は気分が悪くなる度に、寝れたからまだよかったけど、Tetsuさんは酔っても運転し続けて相当大変だったと思う。。。

そんな山道をひたすら4時間走り続けて、やっとたどり着いたイミグレーション(出入国管理局)。

いつものように並んでチェックを待ってたけど、コソボに入国するためには、【車の保険を購入しなければならない】とのこと!

保険を購入できる場所は、イミグレの手前にあり、すでにイミグレを通過しようとしている私たちの車は保険購入場所に戻る訳にも行かず、イミグレを過ぎたところに車を停め、また保険購入場所に引き返すことにした( ;∀;)

保険申請するための用紙にはたくさんの記入項目があって、「めんどくさいなぁ(◎_◎;)」なんて思っていたら、スタッフがすべて書いてくれていた\(^o^)/

滞在日数15日間まで15ユーロ(1950円)

スタッフ「どこから来たんだ?」

「日本です!」

スタッフ「日本かぁ!俺は日本を誇りに思ってるんだ!今日からコソボは天気が悪くなるぞ!気をつけて楽しんでってくれよ!」

確かに、空は曇っていたが、それだけではなかった。

プリズレンに到着すると、気温は17℃

正直、寒いです。。。

つい2日前、クロアチアに滞在中のころ暑くて暑くて仕方なかったのが、もはや懐かしい~(@_@)

そこからさらに移動し、アルバニア、マケドニアの国境近くのプリズレンという街に着いた!

街の中心地にある有料駐車場を見つけ、停めることに。

「オーライ、オーラ〜イ、、、もうちょっと右、オーライ、オーラ〜イ、、、ハイ!ストップで〜す!(^o^)/」

満面の笑みでタバコをふかしながら、日本の昔の駐車場みたいに車庫案内してくれた駐車場のおじさん。

「これからどこ行くんだ?城壁に行きたいならな、いいか、ここの公園を突っ切って左に曲がって、その次に右を曲がって、、、」

と、最初の曲がり道まで連れてってくれて丁寧に案内してくれた。

めちゃくちゃ親切すぎでしょ!(//∇//)

こういう出会いがあると一気にこの街が好きになってしまいます!

おじさんの言った通りに進んでいくと、『プリズレン要塞』に到着。

時間は夕方18時すぎ。

だんだん空が暗くなり、街の灯りがともりだした。

見渡す限りオレンジ色の屋根で統一されていて、クロアチア、ドブロブニクやモンテネグロ、コトルみたいに可愛い街並みです(*´ω`)

街とを行き来する登山道が真っ暗になるのを恐れてそそくさ退散!!

コソボもアルバニア同様、イスラム教徒が多く、街中にはモスクがあり、ヒジャブを被った女性が歩いているのを見かけました。

コソボは、2008年に独立が認められ、南スーダンの次、世界で二番目に新しい国!!

2015年8月、国連加盟国の日本を含む世界111ヶ国は国として認めているけど、残り85ヶ国は承認拒否してるという。。。

街中の川沿いにある市役所に、コソボを国と承認してくれた国々へ感謝の気持ちが書かれた壁がある。

っていう情報だけ知っていたけど、夜で辺りは暗いし調べが不十分でなかなか見つからなーーーい!!( ;∀;)

市役所のまわりをグルグルすること、数周目、、、

川沿いに面した場所にありました\(^o^)/\(^o^)/

日本も承認国の一つ。

中央左側に

【ARIGATO GOZAIMASU JAPAN】

書いてありました!

、、、韓国はハングル文字だから、日本も日本語で書いてくれたらもっと嬉しかったな(*´▽`*)

これからも、少しずつ承認国が増えていくことを願って。。。

現地通貨は、ヨーロッパ諸国同様ユーロが使われているコソボ。

レストランでは、ピザやサンドイッチが1ユーロ(130円)ちょっとで食べれるみたい!!

最近、1ヶ国1日のペースで回っている私たちは、ちょっとの買い物のためだけに現地通貨に両替するのがもったいないから、クレジットカードかユーロを使える場所でしか買い物ができない。。。

安くて美味しそうなローカルレストランは現金しか使えないところが多いから、ユーロが使える国はものすごく有難い!!

近くにあったすごくいい匂いを出してるレストランに寄ってみることにした。

ここは、コソボ名物ケバブのお店。

メニューを見てもなにが何だか分からないし、店員さんも英語があまり話せないようでQebapa5本とPleskaviseというものを注文!

これが、「Qebapa」

見た目は皮なしソーセージだけど、触感的にはハンバーグで熱々ジューシー!!

そして、「Pleskavise」

お皿からも写真からも飛び出ちゃった、手のひらサイズのハンバーグ!!

こっちは、唐辛子がふんだんに使われててピリ辛だけど、付け合わせのサラダとパンがよく合う(*´ω`)

私たちが知っているピタパンにお肉と野菜が入ったケバブとはちょっと違うけど、美味しい!!

大きなパン、シャキシャキなサラダまでついてて、それぞれ、「Qebapa」1.5ユーロ(195円)と「Pleskavise」3ユーロ(390円)!!

激安!!!!( ;∀;)

その上、めちゃくちゃ美味しいときたっ!!

コソボ、最高です!!

駐車場に戻ると、

「観光は楽しめたか?今日はどこに泊まるんだ?この辺りのホテルに泊まっていけよー!」

と駐車場のおじさんが帰りも満面の笑みで話しかけてくれて、大通りの行き方も丁寧に教えてくれた。

こじんまりした街だったけど、人が優しくて、物価が安くて、食べ物が美味しくて、いい街だったなぁ(´∀`*)

次の街へ向かう最中、スーパーによると、似て非なるドリンクがいっぱい!

日本でもよくあるスーパー独自の商品だと思うけど、ラベルまで似てる!笑

お次の街は、コソボの首都プリシュティナ(Prishtina)

・『Cathedral of Blessed Mother Teresa(マザーテレサ・カテドラル)』

マザーテレサなどが描かれたステンドグラスが綺麗だった!

・『Kosovo National Library(コソボ・ナショナル・ライブラリー)』

とってもとっても斬新なデザインでした(;・∀・)

プリシュティナは、歴史的な街並みが広がるプリズレンとは違って、都会な雰囲気!

野良犬や物乞いも多かったです。

コソボに行く前は、レンタカー会社の方にもコソボに行くのを「よく調べてから行くように」と言われて治安が心配でした。

でも、私たちが行ったこの2都市は、物乞いはいるけど治安が悪い感じはしなく、海外で過ごす危機感を持っていれば、楽しく観光することができました☆

だって、ガソリンスタンドのお兄ちゃんだってこんなにフレンドリー♪

コソボでは、日本みたいにガソリンを注入してくれて窓ガラスまで拭いてくれるサービス付き(*´ω`)

もうちょっと長居したかったけど、また次なる国へ!!

ではっ!

((2018.7.31 現在 1ユーロ=130円計算しています))

ブログ村の世界一周ランキングに参加しています!

下の【世界一周】ボタンを押して画面が切り替わると、私たちのブログにポイントが入る仕組みになっています!

1日1回応援クリックをお願いします<m(__)m>


にほんブログ村

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    コソボのプリズレン要塞から見る街並みは、とっても可愛くてステキですねぇ~♪
    まだまだ新しい国だけど、歴史自体は古いのねぇ~・・・
    物価が安いのとユーロが使えるのは、旅人には嬉しいですねぇ~♪
    安くお腹一杯美味しいご飯が食べられて、良かったですね!
    首都プリシュティナも観光できて、最高ですね♪

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます☆
      要塞から見たプリズレンの街並みは、本当にかわいかったです!
      日中青空の元、見れたらもっと可愛かったんだろうなぁ。
      私たちが観た時は曇り空に加えて、日の入りしていたのでちょっぴり残念でしたが(>_<) 物価の高いところから安い国にいくとそれだけでテンションあがりますね!! 人も優しかったので、もっと長居したかったです! From はな