ブルネイ・ダルサラームってどこやねん?

ミンガラーバー(ビルマ語:こんにちは)、てつです!

リアルタイムは、第9ヶ国目ミャンマー☆

ヤンゴンからバガンまでバスで移動してきました!

貧富の差が激しい、むしろ貧が多い印象(てつ視点)だけど、

ミャンマー人はすごく優しくて、笑顔が素敵です!

ただ、Wi-Fiは全土で弱いみたいで、全くもってブログは先に進めない…

あぁ、タイムラグは1ヶ月以上(>_<)

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

2017.6.1 ブルネイ

キナバル山から下山してきて

(キナバル山に登山した話はこちら)

東南アジア最高峰キナバル山は絶景やった(予約編)

東南アジア最高峰キナバル山は絶景やった~登山編

東南アジア最高峰キナバル山は絶景やった~登頂編~

翌日にお隣の国ブルネイ・ダルサラームに行くことに

ってか、ブルネイ・ダルサラームって人の名前かと思ってました

ブルネイという国があること、

全くもって知りませんでした。

勉強不足で申し訳ない

ブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ・ダルサラームこく)、通称ブルネイは、東南アジアイスラム教国で、イギリス連邦加盟国である。ボルネオ島(カリマンタン島)北部に位置し、北側が南シナ海に面するほかは陸地ではマレーシアに取り囲まれている。東側、テンプロン川流域は、海岸付近を除き、ほとんどが未開発の密林で、広大な自然公園となっている。国民の大半は、西側の3つの地区に住んでいる。面積日本三重県とほぼ同じくらい。2015年の一人当たり国民総所得(GNI)は37,320米ドルであり、日本を上回りアジアではシンガポールに次ぐ高所得国となっている。また石油・天然ガスによる収入を元に、政府が社会福祉を充実させており、個人に対する所得税・住民税は課されていない。

ウィキペディアより引用

油田大国でスゴイお金持ちの国らしい!

もしや、ドバイのような!!!

期待に胸をパンパンに膨らませ行くことに

コタキナバルからブルネイに行くには

  • 飛行機
  • バス

主に3通りの行き方があり

①飛行機は当然値段が高いので却下

②バスは乗り換えがなくて楽かな〜って思ったけど、移動時にブルネイの飛び地を通ったりすることから、6回もイミグレーション(入国審査)をするらしく、その度に荷物検査してたら大変だなってことで(ブログネタとしては最高なんだけど)却下。RM100(約2600円)

③船は一番安くてバスよりも早く着くってことで、これしかないやないか〜い。と、なりました。 RM60(約1560円)

朝、あんまり時間がなかったけど、行きつけのお店で肉まんとパンを頬張り、

急いでパッキングを済ませ、、、

時間がマジでヤバかったのでウーバー(アプリでタクシーを呼べる)を使って船着場まで。クアラルンプールでも利用していたこともあり、クーポンで無料距離が短かったこともあり)でした。

乗り場は先日サピ島に行くときにも利用したジェッセルトンポイント

『急いで』って運ちゃんに言ったら、凄いビュンビュン飛ばしてくれて

無事に間に合いました。

船はスピードボートみたいなやつ

指定席だったけど、人はまばらだったから空いてた所を一人で4席使いました。

途中ラブアン島というマレーシアの連邦直轄領の島に入港して、ブルネイ行きの船に乗り換える

ここは税金がかからない島だから、チョコレートとかお酒のお店が港に数件ありました

乗り換えが1時間ちょっとだったからどこにも行くことが出来ず、、、待合室で

出国手続きを済ませて、いざブルネイへ

着いた〜

着いた場所はセラサフェリーターミナル

う〜ん

さびれ…てるんだけど、、、

郊外だから仕方ないか

とりあえず首都のバンダルスリブガワンに行くことに

なんだかアバウトな時刻表だけど、バスが30分後にくるらしく数人の外国人さん達と待つ

マツ、、、

松、、、

え、

1時間30分待っても来ないんですけど〜〜〜〜〜

タクシーの運ちゃん曰く、時間はルーズでたまに来ないらしい

北の街から違うバスが出てるからそこまで乗せて行くよ。

と、5人いたから、3人先に行ってもらい

ウチら2人は戻ってきたタクシーでバス乗り場まで

こじんまりしたムアラという街で下ろされ、

20分間隔でバスがあるからその辺で待っとけ

と、

駐車場で動物達と戯れながら20分くらい

バスが来た

ちゃんと目的地に行くか確認し乗車

ちょっと狭いw

どっかの国で使っていた中古車?ってくらいオンボロ

物価が高いブルネイだけど、ローカルバスは1ドル(約80円)と激安

それとは逆に、ブルネイの宿は最低が30ドル(約2400円)からと高くて、今日から泊まるところは予約してなかったけど、

バックパッカー御用達のPusat Beliaというユースホテルが一人10ドル(約800円)で泊まれるらしく

ここにしようと思ってたら

宿の目の前を通る!

間近で下車出来てラッキー!

めちゃめちゃでかい建物

学生が合宿や行事で使う施設で、一般人が泊まれないこともあるらしい

宿に着いて目にしたのが

駐車場に車の為?の扇風機???

人の気配が感じられず、泊まれるか不安だったけど

フロントにちゃんと人がいて、無事に宿泊出来ました。

ここは男女別棟の作りになっていて、

セキュリティーの面ではいいかも

4人部屋のドミトリー形式だけど、

宿泊者が少ない為、

部屋を一室丸々使えました。

Wi-Fiが無いのと、水シャワーしか出ないのが欠点だけど、、、

部屋の入り口にいた猫

道案内までしてくれました。

まだ、よくわからないぞブルネイ

明日は町歩きしてみよう!

宿の予約はこちらからお願いします。
 



Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク