ラオス・バンビエンで満腹の旅!

ナマステ~(ヒンディー語:こんにちは)、はなです!

リアルタイムは、第10ヶ国目:インド・ジャイサルメール☆

ベジタリアン料理ばかりで肉を欲してた私たち。

ここジャイサルメールに来て、マトンカレーにチキンカレー、タンドリーチキンと肉料理を食べまくってます( *´艸`)

肉最高!!!!\(^o^)/

●○●○●○●○●○●○●○●○●○

2017.6.27-29

さて、

今回は、ラオス・バンビエンのグルメ情報!!

私は、2年前にラオスに来たことがあって今回は2回目の訪問。

そのときのバンビエンは、レストランの入り口に「ハッピードリンク」「ハッピーピザ」などの看板が立ち並び、欧米人とドラッグばかりだった(;゚Д゚)

あの頃はまだ一人旅を始めたばかりで、そんなドラッグの町が恐くって1泊しかできなかったっけ。。。

でも、2年ぶりに来たハッピーな町は、普通の田舎町に変わってた。

いや、戻ったっていう方が正しいのかな。。。

欧米人は変わらずにいるけど、一番驚いたのが、、、

バンビエンの町に韓国語が立ち並び、コリアンの若い子がたっくさんいたこと!!!

なぜかドラえもんとハングル。

ドラッグの町を一掃して、おしゃれなカフェを増やし韓国人の集客を狙ったのかな。

もちろんコリアンバーベキューもありました\(^o^)/

詳細は、後ほど♡

それでは、

バンビエンでの1日のグルメ中心の観光プランをどうぞ~♪

まずは、朝食

、、、の前にルアンパバーンに引き続き、バンビエンでも托鉢(たくはつ)見学。

(ルアンパバーンの托鉢のブログはこちらっ)

宿で聞いたら、「6時に外で待ってたら見れるよ」と教えてもらったから、お寺の近くで待機。でも、お供えするであろうローカルの人々が見つからない。。。

6時半にお寺を出発した僧侶たちを追いかけ、托鉢現場まで連れてってもらいました!

みんな急いでーーーーーーーー!!!…..(((ヾ( ´∇`)ノ

僧侶が到着したのにも関わらず、ローカルの人たちの準備がまだっていう(笑)

ルアンパバーンの観光客が見やすい托鉢じゃなくって、もっと地元に古くから根付いてる托鉢を見れてほっこり。

朝食を食べに行ったのは、地元で人気のお粥屋さん!

ラオスのローカルフード・サンドイッチも好きだけど、やっぱりお米が恋しい日本人代表の私たち。

私たちが宿泊した日本人宿「チャンタラゲストハウス」を出て右に歩き5分ほど行ったところにお粥屋さんが3件並んでいて、向かって右と左のお店に入ったけど、私たちのおすすめは断然右側のお店☆

私たちが食べに行ったときは、ほぼ満席だったしお持ち帰りする人も続々と訪れていました。

こちらが、お粥

と、煮込みうどんのようなもの。


どっちも優しい味で、疲れた胃を癒やしてくれた( *´艸`)

2つで25,000キップ(約350円)

托鉢の為に早起きしたから、しばし休憩~(mー_ー)m.。o○ zZZZ

お次は、昼食☆

メイン通りのど真ん中にあるこのレストランは、な、なんと

食事を頼むと一番安いランクのシェイクが1杯無料!!

シェイク好きにはたまらないお店。

フードもそこそこおいしい(・∀・)

シェイク無料に惹かれて毎日通いました( *´艸`)

Wi-Fiあり。

この日は、マンゴーシェイクとバナナシェイク。

お腹がいっぱいになったところで、バンビエンでマストな観光地ブルーラグーンへ。

カブをレンタルして(40,000キップ(約680円))、向かいます!

前回来たときは道がわかりにくくて迷子になったけど、今は観光客も多かったし、看板もしっかりあったからスムーズに到着!!

中に入ってみたら、全然ブルーじゃない!!!!

めっちゃ濁ってる!!!

雨季のせいでエメラルドグリーンではなかった(;´Д`)

残念。。。

ブルーラグーンから町へ帰る途中に、牛の行列。

のどか~( *´艸`)

アフタヌーンティーならぬ、アフターヌーンビールは「スマイルビーチ」へ。

ハンモックに揺られ、メコン川でチューブングをしてる人を見ながらの、おビール♡

さて、お待ちかねのディナーは、、、

韓国式焼き肉!!!

旅を始めて2ヶ月(リアルタイムは4ヶ月)、節約のため安宿に泊まり、食費も極力抑えていると、たまにはがっつりお腹いっぱいお肉を食べたい時があるのです♡

ここバンビエンで焼き肉屋さんを見つけた時、

はな「あっ!焼き肉!!!

(高そうだなぁ、、、でも、食べたいなぁ、、、一応交渉してみよう。)

あの、、、今晩の夕食は焼き肉にしていただけないでしょうか、、、?」

(お願いするときは必ず敬語)

我が家は、Tetsuがお金の管理をしていて、私は現地通貨を一銭たりとも持たせてもらえません(T_T)

てつ「そろそろお肉食べたかったし、行こっか!」

やっっったぁぁぁああああ!!!!

HANAさん、勝利を勝ち取った瞬間です(≧∀≦)

お客さんは、韓国人ばっかり。

ここでの焼肉は、お鍋のふちにスープを入れて鍋と焼き肉が一緒にできるタイプ。

※お隣の国・タイでは、この鍋のことを「ムーカタ」と呼ばれてた。

(その時のブログはこちらっ)

お肉が食べたかった私たちは、牛焼肉セットにしたけど、隣の韓国人グループが食べてた豚焼肉セットの方がおいしそうだった。。。

いっただきまーーーーーーーーーすっ!!!!

牛焼肉セット1人前(牛肉、鍋用の野菜盛り合わせ、タレ、薬味、生卵)39,000キップ(約546円)、

もち米5,000キップ(約70円)、キムチチャーハン25,000(約350円)、白米5,000(約70円)

、、、炭水化物だらけ(笑)

キムチチャーハンももち米もおいしかったけど、鍋のスープがおいしすぎて〆の雑炊用に白米を注文し炭水化物しっかりいただきましたm(_ _)m

★宿情報★

「チャンタラゲストハウス」

バンビエンの日本人宿。

日本語を話せるスタッフはいないけど、2年前もここに泊まって大切な友達がたくさんできた宿。

今回は、私たち以外、誰も泊まってなくて残念。。。

部屋でWi-Fi使用可能。

おすすめ度:★★★☆☆

あ~お腹すいた(+o+)

今日もインドカレー食べるかな。。。

ではっ♪

☆ From はな ☆

((2017.6現在 1000キップ=1.4円計算))

ブログ村に参加しています!

1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村

現在、世界一周ブログランキング35位!!

いつも応援ありがとうございます★

ダンニャワード(ヒンディー語:ありがとう)

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. ブンタカ より:

    うぉぉぉぉ~っ! おぢさんは、腹が減ったぞぉ~っ!!(笑)
    ブルーラグーンはちょっと残念でしたが、ハンモックのお二人は、とっても良い笑顔♪
    肉好きの私はすっかりヨダレまみれになってます。

    • tetu-hana より:

      ブンタカさん、いつもコメントありがとうございます☆
      お客さんが全然いなかったこともあり、ハンモックはほんと気持ちよかったです~♪
      どこでも寝れるように、旅中にハンモックほしいです( *´艸`)
      リアルタイムのインドでは、場所によって食べれるところ食べれないところがあるので、このブログ書きながら肉を欲してました(;´Д`)
      from はな