世界中のどこかでダイビングライセンス取るならタオ島一択!

サワディー クラッ(こんにちは)
お久しぶりなテツです
現在はタイ中部のフアヒンに滞在中です。

ダイバーズライセンスを取ろうと思い立って、早9年。沖縄で取ろうか、日本では比較的安い伊豆で取ろうか、高い買い物だし、オープンとアドバンスをセットで取ろうとすると5、6日はかかるから、先延ばしに先延ばしになってたけど、今回の旅はお金は無いが時間はあると言うことで、世界でも五本の指?に入る安さのタイランドにあるタオ島でライセンスを取りましたっていうお話し。

Hanaは2年前に世界で一番安く取れるであろうエジプトのダハブで取得しているので、今回はファンダイブすればいいのにエアコンの効いた部屋でお留守番。

なぜ私が今回の旅でエジプトも行くであろうに、タオ島を選んだかというと、、、ジンベエ親分に逢えると言う情報を入手していたからで、

入手もとはカナダワーホリしていたときに同じシェアハウスに住んでいたシンタローが数ヶ月前にタオ島でライセンスを取り、ジンベエに会えそうで会えなかった話を聞いた訳です。

そして、なんと今年は10年に1回の当たり年でジンベエが頻繁に目撃されているとの情報も直前に入手!

こりゃあ何としても行くしかない!バンコクから一番安くライセンス取って帰ってくる方法を調べ連絡するも、ゴールデンウイーク近くで予約いっぱい、しかもゴールデンウイーク料金で+1000バーツ(3000円)を取られる(某ダイビングショップ)とのこと。

それじゃ意味なーい。シンタローから聞いていたビッグブルーに連絡したら即O.K.、

しかも、何もしないHanaの分も宿の予約出来た!(ライセンス取る人はビッグブルーのバンコクオフィスで予約すれば片道の交通費が補助されるのでオススメです!)

そして、バンコクlast night(タオ島に移動する前日)の日にちょうどよくムーカタ(タイ風焼き肉)パーティーが開かれ、

そこにビッグブルーのTシャツを着た人がなぜかいて、自分の名前も知っている??
なんとスタッフさんが偶然遊びに来ていたようで、いろいろと魅力を語っていました。
そこで一緒に飲んでいた旅人、ハリボー先輩はタオ島に行ってライセンスを取ろうと思ってるけど、まだどこのダイビングショップで取るか決めてないとのこと、

え、

明日出発は決まってるのに、

やっぱり旅は自由だなー。
そして、後にバディとなるのでした。

そんなこんなで出発当日。

当日の夕方にやっぱり私もダイビングしたいと、これまた前日に一緒に飲んでいた子、マリコちゃんが体験ダイブで参戦決定!

直前すぎー

て思ったけど、

旅は道ずれ!

人数は多い方が楽しいのだーってことで総勢5人(1人は他のダイビングショップでファンダイブ)でタオ島に乗り込むのでした。

写真はタオ島タオ島初日の夜に行ったピザが美味しいイタリアン
バンコクからタオ島までバスとフェリーで半日がかりでやっと着きました。ショップのお迎えの車に乗り込んでビッグブルーまで。

日中は太陽ギンギンで暑い。風が吹くからバンコクよりはまだましか、マリコちゃんは早速体験ダイブ。

自分達は早速オープンウォーターの講習でビデオ鑑賞。真面目なのでビデオは観ること無く、黙々と宿題を解いてました。

ハナはエアコンが効いたお部屋でマッタリ。
宿に帰り、体験ダイブから帰ってきたマリコちゃんの話しを聞くと、ジンベエが会いにきてくれたーとのこと!やっぱりいるんだなー。あと4日あるし観れるだろうと簡単に考えてました。

二日目、午前中座学、午後講習。本当はプールで講習のはずが、プールの清掃日といことでいきなり海での講習。マスククリアとか中性浮力とか上手く出来たみたいで、次の日にやる予定だった講習を前倒しでやることに!

三日目、午前中ペーパーテストをクリアし、午後に3本ダイブ。これでオープンウォーター取得できました。バディはオープンまでの取得予定だったけど、前倒しになってアドバンスまで取れる日程になったから急遽セットで取得することに!

四日目、ボートトリップ、ジンベエが現れるポイントまでちょっと遠出。アドバンスの講習が始まり。30mまでディープダイブ、ダイバーウォッチの使い方などをやる。魚群と泳ぐなど、体験したこともない水族館で泳いでる気分でした。

DCIM100GOPROG0116075.

DCIM100GOPROG0146129.

DCIM100GOPROG0066006.

そして、ジンベエは今日、、、

現れませんでした。毎日観れるワケでもなく、何百本と潜っても会えない人がいる現実を叩きつけられた感じ。

別ポイントでコンパスの使い方、四角に行って元の場所に帰ってくるんだよーって、

出発するも視界不良で迷子
気を取り直して、ちょっと視界が良いとこでやったら簡単でした

五日目、ラストダイブ。遠出するワケじゃないからもう会えないと思ってボートに乗ること5分、船長からジンベエの目撃情報が入ったとのこと!ボートは進路を90度変え目撃ポイントへ!こんな臨機応変に対応するなんて素敵ですね。

今日はほぼファンダイブみたいな感じ!魚の集団がすごーい!いろんな魚がいてテンションあがります。

そしてそしてついに、、、

ジンベエ親分が会いにきてくれたー!

DCIM100GOPROG0156171.

結構浅いとこを泳いでるー

amazingとしか言いようがない

1時間くらい休憩して2本目。

またまた

DCIM100GOPROG0076024.

今度は深いところに

DCIM100GOPROG0035882.

ジンベイザメは世界中で大人気!30人近くが寄ってたかって集まってきました。

上がろうとしたら

DCIM100GOPROG0025863.

DCIM100GOPROG0025865.

こんな経験したら、タオ島をおすすめしない理由が見つかりません。

ダハブで潜った人もタオ島の方が魚がいっぱいいると言っていたし、料金もさほど変わらないよと、言っていたので

ライセンス取るならタオ島一択で間違いない!

そして、ライセンス取る時に大事なのなバディ

今回は急遽、ハリボー先輩という自称九州男児と組むことが出来て、スケジュールを前倒し出来たり、息もピッタリ?

で、

楽しく5日間過ごせました。

長い時間一緒にやるのでバディは大事ですよー

基本、1人で行ったら誰と組むかはわかりませんがね(^_^;)

かかった費用

バンコクからタオ島まで バス+フェリー 200バーツ600円(もっと安くて時間がかかる会社は無料)
オープンウォーターコース 9000バーツ27000円
セットだと アドバンス 7020バーツ 21060円
ボートトリップ(遠くまで潜りに行く朝昼飯付き)700バーツ2100円
宿泊 ドミトリー1日150バーツ(受講者のみ一般300バーツ)
5泊 750バーツ 2250円
タオ島からバンコクまで フェリー+バス 1100バーツ3300円

 バンコクからなら56310円
とりあえずこれだけかかりました。
参考になれば幸いです。

今日はここまで、

パイ レー ナ クラッ(またね)

☆ FROM てつ ☆

(2017.5.12現在 1B=3円計算)

↓↓↓こちらから宿の予約をしていただくと私たちの旅が少しだけ潤います。

よろしくお願いします。↓↓↓


Booking.com

スポンサーリンク

シェアをするにはこちら

更新情報の通知を受け取るにはこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    はじめまして、テツ様
    有意義にブログを読ませていただきました。オープンウォーターに興味があり、テツさんと同じコースを行きたいと思います。どこのショップにお申し込みされたのでしょうか?英語コースでも結構です。是非、情報をいただければ幸いです。6月に予定しております。突然の所ですが、よろしくご教示くださいますようお願い申し上げます。

    • てつ より:

      森様

      コメントいただきありがとうございます。
      自分が使用したダイビング会社は、日本人がやっているビッグブルーというダイビング会社ですhttp://bigbluediving.jp/
      バンコクにオフィスがあり、そこで予約すれば片道の交通費を補助と謳っています。
      タオ島にはもうひとつ日本人ダイバーから教えてもらえる会社があるので、値段なども比べてみると良いかもしれません。
      参考にしていただければ幸いです。